1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

ごみ袋品切れ、苦情殺到 先月有料化した東京・立川市

11月から家庭ごみの有料化に踏み切った東京都立川市で、指定袋の在庫が底をつきかけている。品切れになる取扱店が相次ぎ、市への問い合わせや苦情は1日100件以上に。製造業者に追加発注したものの、追いつかないのが実情だ。対応に追われる市は「見通しが甘かった」と話している。

 指定ごみ袋は、可燃ごみと不燃ごみの2種類あり、容量別に5、10、20、40リットルの4サイズある。市内や近郊のスーパーやコンビニなど約230店舗で「ごみ処理手数料」の名目で販売し、店が市に手数料を納めている。

 市ごみ減量推進課によると、在庫がなくなっているのは、可燃ごみの5、10、20リットルサイズの袋。有料化が始まる2カ月前の9月から11月まで、無料配布分も含めて計280万枚を用意したが、今月に入って店舗での品切れが相次いでいるという。

 契約業者の工場は他の自治体のごみ袋も生産しており、注文してもすぐに納入できる状態ではないという。一方、12月の追加注文分も含めて計49万枚用意した40リットルの袋の在庫はあるという。

 市は、市内に単身者が多いことから購入が小さいサイズの袋に偏ったり、袋をまとめ買いする人がいたりしたことが不足の主な原因では、とみている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

羽田空港再拡張:千葉市への騒音苦情が大幅増 ルート変更、周辺部から /千葉

 一昨年10月の羽田空港の拡張に伴う着陸機の騒音問題で、千葉市に寄せられた苦情が4、5月だけで106件に達し、昨年同期の41件に比べ大幅に増加している。国土交通省が騒音対策で飛行ルートを変更し、周辺部からの苦情が急増。熊谷俊人市長は「飛行高度の引き上げなどの抜本的な解決に向けた早期対応を国に求め続けたい」としている。
 市環境規制課によると、苦情は4月33件(前年同期25件)、5月73件(同16件)と昨年から大幅に増加。この2カ月間で昨年1年間の224件の約半分に達した。
 地域別では内陸の若葉区が最多の59件で、昨年はトップだった東京湾岸の中央区の41件を上回った。苦情内容には「テレビの音が聞こえない」「夜まで騒音が響いて眠れない」などといったものが多かったという。
 国交省は今年2月、夏場の南風好天時などに飛行ルートが交差するポイントを、「人口密度が比較的低い」などとして中央区内から3キロほど東側の若葉区周辺へずらした。ところが、中央区内の騒音問題を抜本的に解決できないどころか、若葉区民からの新たな苦情を増やしてしまった形になっている。
 また、国交省が検討を進める高度引き上げについては、具体的な上昇高度や実施時期はまだ示されていないという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

従業員が苦情客を「キモい」 本人の抗議でモンテローザ側謝罪

「白木屋」「魚民」「笑笑」などの居酒屋を展開する「モンテローザ」の社員が、ツイッターでクレームを寄せた客について「キモいし、やばい」などと書き込み、話題となっている。
事件は、動画サイト「ニコニコ生放送」や「Ustream」で動画配信を行っているネットユーザーの「石川典行」さんが、2011年8月7日に利用した「魚民」での店の対応などに激怒し、苦情を申し入れたことから始まる。
ツイッターの発言で問題が大きくなる
石川さんは今回のモンテローザとのやり取りもインターネットで中継しており、それらを見ると、石川さんが担当者に直接会っての謝罪を求めていたことが分かる。
すると8月11日、ある女性ユーザーがツイッターで、
「係長になんかやばいクレーマー石川典行の画像とムービとネット見せてもらったけど、こいつキモいし、やばいわ」
「『石川典行』をヤフー携帯で検索してきてもでてきたし、係長のパソコンみてたらクレーム電話で○○○の肉声まではいってたし、、、。いろんなとこでクレームつけてるみたいやからほんと要注意やわm(__)m」
など、石川さんを中傷する内容を書き込んでいたことが見つかる。これまでの過激に思える石川さんの配信動画などを見ての発言のようだ。女性は「笑笑にきてくれればよかったのに」といった書き込みから、「モンテローザの従業員ではないか」と話題になり、その後アカウントが削除されている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「茶のしずく石鹸」で相談650件=アレルギー、呼吸困難も―国民生活センター

 小麦の加水分解成分が含まれていた「茶のしずく石鹸(せっけん)」の使用者に、急性アレルギー症状が相次いだ問題で、国民生活センターは14日、アナフィラキシーショックで呼吸困難になるなど、これまでに約650件の相談が寄せられたと発表した。
 製造販売元の悠香(福岡県大野城市)は既に、同成分を含まない製品に切り替えており、昨年12月7日以前に販売された切り替え前の製品の自主回収を進めている。しかし販売総数が約4650万個と多く、同センターは周知徹底のため改めて注意を呼び掛けた。
 国立病院機構相模原病院臨床研究センターの福冨友馬医師は「アレルギー体質のない健康な人が問題のせっけんを使用したため、新たに小麦アレルギーを発症してしまう」との見解を同センターに寄せた。
 同センターによると、10日現在までの相談は約650件。このうち体に被害を受けたとする訴えは約250件で、被害者の2割は全身性アレルギーを発症。治療期間1カ月以上も被害者の4分の1近くに上ったという。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

NHK「無縁社会」で過剰演出 ネット軽視だ!出演者から苦情相次ぐ

 人間関係が希薄で、孤独死が増える日本。この現状をリポートするNHKのドキュメンタリー企画「無縁社会」の取材手法に批判が相次いでいる。番組にかかわった複数の出演者が、意図的に「無縁」を演出されたとして、過剰演出と不満を募らせているのだ。

 《「ネット縁」に対して前向きに考えて出演を承諾したのに、「無縁だからネットに逃げ込んでいる」ような演出をされてしまった》NHKスペシャル「無縁社会~新たなつながりを求めて~」(11日放送)に出演した女性がこんな内容をあるサイトに寄せた。

 女性はネットを通じた「縁」を前向きに伝えるために出演を承諾。もともと女性には家族も友人もいて、そもそも「無縁」ではなかった。だが、実際の放送で、女性は《父の看護で疲れ友人もおらず、現実逃避のためネット生放送を利用(中略)現実には人と触れ合いの少ない「無縁」な人》(女性が寄せたサイトから)にされ、非公開と伝えていた実年齢も明かされた。

 夕刊フジの取材に対し、この女性は「誤解と間違いを訂正しただけで、サイトに記した以上の発言はありません。後は、10日から昨日にかけて、私のコミュニティにて番組に関しての感想や意見を発言していますし、NHKさんに対するフォローもしています」としている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動