1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ネットカフェ1.5畳個室に住み続ける40才女性の生活実態とは

 東京・新宿にあるネットカフェチェーン「CYBER@CAFE新宿歌舞伎町店」。すべて1.5畳の個室型となっており、フリードリンクやシャワーも完備されているため寝泊まりする利用者は少なくない。全64部屋あるうちのひと部屋に“住んでいる”のは、ユキコさん(仮名・40才)。スレンダーで、しっかりとメイクした姿はとても40才には見えない。

 ユキコさんは山口県出身で、高校卒業後、19才で産んだひとり息子がいる。息子の父とは結婚しなかった。認知もしてもらっていない。

「お互いに若かったし、子供は自分で育てるからいいと彼に言い、シングルマザーになりました。実家には親もいたし妹や友人も子供をかわいがってくれたので、あの頃は幸せでしたね」(ユキコさん、以下「」内同)

 子供が2才になった時、故郷には仕事がなかったため、大阪に息子を連れて働きに出た。最初は居酒屋などの飲食店で働いていたが、知人の紹介で風俗店に勤務するようになる。当時の収入は、月に100万円以上にもなっていた。娘に収入があると知った両親は次第にお金を無心するようになったという。

 そして、3年前に母親が亡くなると、家族の絆は途切れ、父親や妹との連絡も途絶えた。息子とは連絡をとり続けているものの離ればなれの生活で過食症と拒食症を繰り返し、不眠症になった。うつ状態で働けなくなり、住んでいた寮から荷物も持たずに飛び出した。

 夏場は路上で夜を明かし、風俗嬢時代の常連客とホテルで過ごしたこともある。個室DVDの店やビジネスホテルに滞在したこともあったが、1日6000円以上もかかるため、安価なネットカフェに移った。

「今いるところはたまたま見つけて入った。かつてのお客さんのなかには心配してお小遣いをくれる人がいる。風俗に戻れと勧めてくる人もいましたが、年も年だしいつまでも風俗をやっていられない。でもほかに何もできることはない。どうやって生きていけばいいかずっと悩んでいました」

 ユキコさんの“城”は絨毯が敷かれた1.5畳のスペースにパソコンとソファがあるだけ。鍵はかからない。30日以上滞在する場合、前金で一括で支払うと1日1997円になるが、通常料金の2472円を払って毎日更新している。シャワーや洗濯機は1回309円で使用できるほか、屋外に洗濯物を干すスペースがあり郵便物の受け取りも有料でしてくれる。

「今手元にある服は夏物4着と冬物4着だけ。寮を出てから買いました。シャワーはあるけれどあまり使っていません。結構寒いんです。いまだに会ってくれるデリヘル時代のお客さんにスパのお風呂に連れて行ってもらったりします。食事はネットカフェにある206円のカップ焼きそばや、外に出たついでにドン・キホーテで焼き芋を買って食べることもあります。あまり食事をしないほうなので、丸1日何も食べないこともあります」

 以前はふかふかの布団にくるまって寝るのが大好きだったが、ここでは店から借りられるブランケットとクッションを敷いて寝る。

「床に横になって寝るのですが、部屋が狭いので寝返りはうてないし最初は体が痛かった。でももう慣れました」

 隣室の人から壁をどんどん叩かれて怯え、他人のいびきが大きくて眠れないこともあったという。

「部屋にいる時は息を殺してじっとしているんです。隣の人がぶつぶつ聞こえるように文句を言ってくることがあって怖くて泣きました」

 風俗店で働いていた時に病院で処方された睡眠導入剤や精神安定剤はなくなり、保険証は盗まれたため病院に行くこともできない。体調は悪化していった。

「これではいけない、もう生活保護を受けたいと1週間前に区役所に相談に行きました。これまでは息子のために働きたいと思って頑張ろうとしていたけれど、これからはちゃんと健康を取り戻し生活を立て直して、両親や子供のためではない自分の新しい人生をやり直したいんです」

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

元航空会社職員が伝授!「早起きを続ける」何てことない3つのコツ

”朝活”という言葉が定着してきた昨今。いつもより早起きをして、運動をしたり、仕事をする方が増えてきましたよね。
しかし、「早起きがつらい」などの理由から続けることができず、断念してしまったという声もよく耳にします。朝は美容、健康のためのゴールデンタイムというのは、みなさんご存知のとおり。それを、寝て過ごすなんてもったいない!
そこで今回は、「早起きをしたいけれど続かない」という方必見の、元航空会社職員で朝を得意とする筆者がやっていた、”早起きを続けるためのコツ”を紹介したいと思います。

■1:誤差は”2時間以内”に
就寝、起床時間を習慣化させることで、それが体内時計となって組み込まれ、2週間もすれば定着します。しかし、仕事やプライベートで予定があると、毎日同じ時間に就寝、起床するというのは難しいですよね。
でも、大丈夫。就寝、起床時間の誤差を、2時間以内にとどめれば、体内時計が大きく狂うことはありません。週末の寝だめや、極端な夜更かしは控えましょう。

■2:布団の中でスマホを見ない
起床後すぐに、布団の中でスマホをチェックし始める方は多いですよね。しかし、これではなかなか布団から出られなくなったり、二度寝したりする危険があります。
目が覚めたらまず、布団から出ることを習慣にしましょう。スマホを寝室から離れた場所に置いておくのもいいですね。

■3:夜食を食べない
寝る直前に胃の中に食べ物があると、胃腸は消化活動を行わなければいけなくなります。すると、体が活性化して熟睡できなくなり、「朝になっても疲れが取れていない」という、どんよりとした状態で目覚めることにつながります。
そんな状態を回避するためにも、夜食を控えたり夕食を減らしたりして、空腹を感じる状態で眠ることを心がけましょう。そうすると、体が軽くスッキリとした朝を迎えることができますよ。朝食を食べる習慣も身につくので、一石二鳥ですよね。
仕事の前に、お気に入りのカフェでお茶をするなど、楽しみな予定を入れるのもオススメなので、試してみては?

以上、早起きを習慣にするためのコツをお伝えしました。朝型の方は、夜型の方と比べて、貯金や年収、幸福度が高いという調査結果も出ています。朝型にシフトしたいという方は、参考にしてみてくださいね。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |