1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

性交渉、男性はリスク回避が難しく、女性はリスクゼロまで下げられる

セックスレスは日本の国民病? 明治大学文学部准教授・平山満紀
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120505/wlf12050507000000-n1.htm

性的に嫌な夫を拒めない妻が、意識的無意識的にねじれた表現をしていると推測できる。

これはセックスレスに限った話ではないだろう。

日本人が持つ過剰なまでのリスク回避精神の一つがセックスレスなのだ。

上の例についても、当時の夫婦関係は「離婚は恥ずべきこと」という大きなリスクが存在していたから、如何に離婚せずに夫を拒むかということに意識が傾いていったのであろう。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120505/wlf12050507000000-n2.htm

女性に性的な主体性を認めない社会は少なくない。アフリカの広い範囲では女性器切除によって女性の感覚を破壊し、多くの社会で女性だけに貞操義務を求めたり活動の制限をするなどだ。これらの社会と比べると、女性が拒むことによるセックスレスが起きるのは、女性の苦痛がなくなっただけ良くなった社会だと言える。

セックスは男女がそれぞれ持つリスクとリターンの交換と言う意味が含まれるとても生々しい行為だ。

女性に性的な主体性を認めない社会が多いのは「女性に主体性を認めると生まれてきた子どもの男親が誰なのかが分からなくなるから」という男性が持つ根源的なリスクに行き着く。それを防ぐために男性は女性には貞淑であることをきつく求め、その代わり経済的リスクは男性が全面的に背負い、両者が負うリスクから回避できないように「離婚は恥ずべきこと」という社会規範で縛ってきたと言う流れがあると考えるのが自然であろう。

もっともその一方で男性は浮気をするものという、男性にとって都合のいい、女性にとって都合の悪い解釈を押し付けてきたことも事実であろう。

しかしこれは「女性に主体性を認めると生まれてきた子どもの男親が誰なのかが分からなくなるから」という男性が持つリスクを回避するための策である。よって、女性に貞淑であることを求める以上は男性も浮気をしてはならない、と言うことになる。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120505/wlf12050507000000-n2.htm

女性が欲求してきたり、男性の欲求を拒むこともありうる。女性の性的快感は非常に多彩で複雑だが、男性はわかりにくい女性の快感のしくみにつきあわなければならなくなる。うまくやれなければ男性は女性から非難され、傷ついて自信をなくす可能性もある。

ところが、女性の主体性を認めると言うことになると話が変わってくる。

「女性に主体性を認めると生まれてきた子どもの男親が誰なのかが分からなくなるから」という男性が持つリスクを受け入れるばかりでなく、女性自身や生まれてくる子に対して、より良い肉体とより良い経済力を提供してくれる男性を探し続けるため、男性をとっかえひっかえし続けるということが発生する。「女性は選択する性」「女性の恋愛は上書き保存」というのもこのためであろう。かくして、女性の売り手市場が出来上がることになる。理論上、有限の存在である女性は男性を選り好みをすればするほど、女性自らの価値を無限に吊り上げることができるのだからどれだけ選り好みしても「どこかにもっといい人がいるに違いない」と感じ、いつまでたっても満足できないのはこういうことだからだろう。

一方、有限の経済力しか持ち得ない男性はどうなるか。

「女性に主体性を認めると生まれてきた子どもの男親が誰なのかが分からなくなるから」というリスクを受け入れざるを得ないのに、社会のルール上「浮気は禁止」のままだからリスク回避が出来ない。

もっとも、それでも女性は種族繁栄のための最大の生産行動であり、最大のリスクでもある「出産」をすることに変わりはないのであるが。

男性が女性を獲得する制度の一つに一夫一婦制と言うものがある。

本来、一夫一婦制と言う制度は有限の存在である女性の価値をむやみに吊り上げることなく、男性にできるだけ等しく分配するための制度である。これにより女性の「暴騰」とそれに伴う男性同士の争いを未然に防ぐ役割がある。

ところが、昨今の男性の主張はどうか。少子化対策の議論になると必ず出てくる言葉がある。

「一夫多妻制にしたらどうか」「金持ちの男性がたくさんの女性と結婚して子どもを作って育てればよいのではないか」「貧乏な男の遺伝子より金持ちの遺伝子を残すべき」

という意見である。

これは男性を一人の人間としてではなく、経済力に応じて女性を割り当てるべき、という視点に立つ論であり、ある意味合理的である。

「子どもは社会全体で育てていくべきであり、母親一人にその役割を背負わせてはならない」

という声にも適合しやすい制度だろう。

こういった論議は「リスクを背負ってでも子どもを作って育てよう」という、生産や創造に付きまとうリスクを受け入れようという生産性のある視点から語っているのでまだ救いがあるのだ。

ところが、セックスレスは「リスクを背負う位なら子どもなんていらない」というような生産性のない視点から語っているから救いがない。もちろん、セックスは子作りのためだけではないのは百も承知だ。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120505/wlf12050507000000-n3.htm

他の先進国の多くでは性解放の後、男女は性的主体としてほとんど格闘のようにコミュニケーションを重ねている。自分の性的志向や相手に何を求めるか、語り合い確かめ合う。試行錯誤も多いが、充実した関係を求め続けている。日本では主体性が幸せなセックスを追求することでなく、拒むことにしか使われていないのは残念である。

自分の性的志向や相手に何を求めるか、語り合い確かめ合うことができない。相手の要求を聞き入れ、飲むことはリスクにつながるからだ。それがほんの些細なリスクであって、得られるリスクが多大なものになる可能性があるとしてもだ。

自分の性的志向を語ること。相手に求めたいこと。これを相手にさらすこと自体が男性にとってリスクなのだ。

なぜそうなるか。

女性が主体性を持った以上、女性には主体的にセックスを拒否することが出来るし、受け入れることもできるようになった。セックスと言う行為そのものの主導権を女性が握ったのだから当然である。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120505/wlf12050507000000-n2.htm

うまくやれなければ男性は女性から非難され、傷ついて自信をなくす可能性もある。男性は射精すれば欲望はひとまず解消するが、女性は続けることができるので、男性はその欲望に応えきれなくなるかもしれない。このような状況を招かないために、男性たちは女性の性的な主体性を奪ってきたといえる。

結果、こうなった。やる前から分かっていた話だ。

セックスを受け入れるか拒否するかの主導権を女性が持っているにもかかわらず、女性が持つ欲望に応えられなかったら悪いのは男性だと言う判定を下される。主導権を握ると言うことは、相手の弱さや不備も受け入れることが必要なのだが、出産と言う最大のリスクを伴う「選択する性」たる女性はリスクを徹底的に回避するのは当然のことなのである。

男性からは「だったら女性から誘え」という声が出てくるのも当然の結果なのだが、せっかく握った主導権を女性が手放すはずがない。主導権を手放すリスクを負うぐらいならセックスなんてしなくて良い、と言うことになるのが女性の判断なのだ。

セックスレスを解消したかったら、主導権は男性に戻すしかないのである。出産と言う最大のリスクを伴わない男性のほうがリスクを背負いやすいのだから。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

イマドキ男女の6割が「欲求不満」!? ドキドキを取り戻す「対策法」教えます

ドキドキしたいのにできていない「ドキドキ欲求不満」が約6割――そんな調査結果が東京・台場の屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」から発表されました(調査期間:2013年3月8日~9日)。

約7割がここ3か月でドキドキしていない

10代~50代の男女1000人を対象にした同調査では、「最近3か月で恋愛においてドキドキを感じましたか」の質問に対し、「感じた」という回答は23.5%にとどまり、「感じていない」が69.9%という結果に。

また、「異性に対してドキドキを感じたい」という人は62.6%にのぼっているものの、そのうち59.4%は直近3か月でドキドキを感じておらず、多くの人が"ドキドキ欲求不満"状態であることが分かりました。

ドキドキ志向の強さを各年代別にみてみると、女性では15~19歳の80.0%を筆頭に若年層ほど強く出ています。一方の男性では30代前半が74.4%で最も多く、10代後半(71.0%)から50代後半(60.0%)まで年代による変化はあまり見られませんでした。


待ち合わせでドキドキするのは女性だけ?

そこで気になるのが、ドキドキするシチュエーション。アンケートでは、複数の行動について「好意をよせる相手に対してドキドキを感じる度合」を質問。その結果、「体に触れられる」が「すごくドキドキする行動」のトップ(53.4%)となり、以降「ふたりで出かける」(46.8%)、「手をつなぐ」(46.0%)と続きました。

ちなみに「待ち合わせをする」の項目では、女性では40.0%が「すごくドキドキする」と回答していますが、男性では28.6%にとどまり、男女の感覚の違いが明らかになりました。

「最も恋愛感情でドキドキする時期(月)」では、4月(23.9%)と12月(24.8%)が群を抜いています。また、「ドキドキする空間」では「屋内×薄暗い」が44.2%でトップとなり、「屋内×暗い」は最下位に。思いを寄せる相手と2人きりになったなら、暗すぎるシチュエーションは避けたほうがベターなようです。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「ネイルは男ウケが悪い」説はホント?男性のホンネに仰天

 ネイルは男ウケが悪い――。そんな都市伝説がこの世には横行しています。果たしてその真相とは!? 元ネイリストでライターのわたくしが、軽く憤慨しながら、男性に「女性のネイルを見た第一印象」について聞いてみました。

◆ネイルにまったく気付かない男と、気付く男に2極化

 第一印象について聞くために、いろんな取材でお会いした初対面の男性に、女性がしているネイルの印象について、ゴールドに塗りたくった自分の爪をチラつかせながら聞いたところ、反応は2つに分かれるという結果に。

「言われて初めて気づいた」と、ネイルにまったく無関心な男と、「キレイだと思ったんですよね~」などとお世辞交じりのコメントが飛び出す、女性のささいな変化に“気付くことができる男”。

 女性がネイルをする理由として多いのが「モチベーションを上げたいから」。美しく仕上げた自分のネイルが視界に入るだけで、テンションが上がるものです。さらに男性から「爪、キレイだね」なんて言葉を掛けられれば、女性はその男性にいい印象を持つことは間違いありません。後者の男性は、いわゆるモテ男タイプ。

 そこで、“気付かない男”の話を深めてもしょうがないので(笑)、“気付く男の本音”を集めてみました!

◆「ネイル嫌い」な男性の意見

「僕は女性のネイルやメイクの“作り込んだ感じ”が好きじゃないんです。今の奥さんと結婚したのは、彼女がネイルもメイクも全然しないから。遊びに行くときはしてもいいけど、家に帰ったら即外してほしい」(30代・会社員)

「爪が長かったり、なんかついてたりすると、料理とか日常生活が大変そう。別に咎めはしないけど、自分が大変なんじゃない?って思うよね。そこまでして必要なの?」(30代・会社員)

「時々電車で少しだけ残っているみたいな、中途半端にネイルをしている人がいるじゃないですか。何を目指しているのかがわからない。何をやっても何にもできなそうなイメージ」(20代・アパレル販売員)

 ハナから嫌いならどうしようもないけど、日常生活については、男性陣にモノ申したいところ。

「そんなに長くて大丈夫なんですか?」「ストーンとか取れませんか?」「その爪で自炊できるんですか?」。

 こういう質問、女性からもよくいただきます。爪の長さがあると、手つきが変わるようになるし、日常生活には支障はないです! 

 また、「長いと爪の間にゴミが入って汚い」とか思われているらしいけど、実際きちんと手入れしている人のほうがキレイなんじゃないですか?というのが私の意見。細菌の数とか調べたわけじゃないから、実際はわからないですけどね(笑)。

 中途半端なネイルについては、話を聞く中でほとんどの男性が申しておりました。少しでもネイルがハゲてきたら、即オフしたほうがよさそう。自分としても、あんまり気持ちいいものではないですから。

◆ネイルの形に反応する男

 私も大好きなのが、「オーバル」と呼ばれる爪の形。以前は年配の女性に人気でしたが、数年前から若い女性にも急に人気になりました。爪の先端を細く削ったもので、指が細く、そして長く見えるのが特徴です。形を整えるだけで、爪の印象ってかなり変わるんですよね(ただ、爪の横を削っているため強度がないので、薄い爪の人にはオススメできませんが)。

 この形について、こんなコメントが。

「なんか先端が尖っているから、ちょっと気が強いのかなって思いました」(20代・アパレル販売員)

 マジすか? 手全体がキレイに見えると思っていたのに、そんな意見が出るなんて……! 結構ショックでした(笑)。一応、これからの参考にしたいと思います。

◆年収まで読み取る男がいた!

「僕はネイルで年収がわかると思いますよ。ド派手なネイルだと羽振りが良さそうなイメージだけど、でも実際、シンプルで控えめなネイルの女の子のほうが、いい会社に勤めている可能性が高い。つまり、ネイルでどんな会社に勤めているか、年収の高さとか、傾向がある気がします」(30代・会社員)

 じゃあ、ゴールドのネイルをしていたワタクシは、年収が低いと思われていた……? まあ実際その通りですが(笑)、新しすぎる意見に度肝を抜かれました。やっぱ日本人男性には、社会的にも控えめで繊細なネイルがウケるってことか。

 ド派手という基準は、かなり人によって異なると思いますが、今回聞いた中で男性が「派手だと思う」と答えたのがストーンをゴテゴテにつけ、さらに長さを出したネイル。いわゆるギャルっぽいイメージのもの。

 ネイルの施術の際、小さなラインストーンを2、3粒つけたり、ラメを先端にのせるだけで「派手かも~?」と悩んでいる女性は多いです。

 が、それくらいでは“気付く男性”であっても、「派手」とは思っていないよう。それが、女性からの目を気にしている場合は少し異なりますが、そこまで「派手さ」を気にする必要はないのかも?

 ネイリストをしていたときは、女性の意見ばかり聞いていましたが、今回男性から聞いた意見には、目からウロコな発見ばかり。でも……私の率直な感想は、人の意見なんか気にせず自分のやりたいネイルをやるべし。だって、ネイルは女性の特権じゃないですか。男の勝手な印象に振り回される必要なんかない! そんな結論に至りました。 <TEXT/廣野順子(Office Ti+)>

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

男性がイラつく女性の言い方 「私が頑張ってるのに…」「どういうこと?」

 男女混合の組織が普通になりつつあるが、どうも異性との話がかみ合わない。その理由を生物学的に検証しつつ、すぐに役に立つ会話術を紹介しよう。

 いつも沈着冷静な女性上司を演じよ

 一方、女性から男性に対する上手な話し方はどうなのだろうか? マイクロソフトで管理職を務めた田島弓子さんに聞いてみた。

 「同じことを言っても、女性の言動には『男性よりも感情的』というバイアスがすごくかかるもの。いつも沈着冷静な自分を心がけ、ものの言い方も必要以上に冷静にというのも、女性が人の上に立つうえで損しない方法だと思います」

 管理職になるほどの女性は、仕事に対して人一倍真面目な人が多い。自分が一生懸命取りまとめているものを期日までにやってくれない男性がいると、ついつい「じゃ、いつまでにオッケーもらえるんですか!」「私がこんなに頑張ってるのになんでやってくれないの!」と、追い詰めるようなコミュニケーションになってしまいがちだ。そんな女性を見ていて、田島さんは物陰に呼んでよく注意したという。


「あのね、あなたにとってできは7割かもしれないけど、周りの目から見たらもう100%できてるから、あんまり突き詰めなくても大丈夫だよ」

 そうすると、女性もハッと気がついて「私、そんなにテンパっていました?」と反省する。

 「会社はまだまだ男性社会なので、上に立つ女性は『なめられまい』と鎧をきてしまいがちなんですね。そうすると、話しにくい、扱いにくい上司になってしまう。たとえ水面下で足をバタバタさせていても、表面はちょっと抜けているぐらいのホンワカな感じのほうが、周りも助けてくれるし、声もかけてくるし、情報も入ってくる。これがひとつの目指すべき女性上司像だと思います」

 部下が失敗したときも、「どうして? お客さんになんて言ったの?」と追い詰めるより、笑顔で「今回は君らしくないよね。どうしたの?」と聞く。ユーモアも交えつつ、でも目は笑っていないなど、女性にしかできない「ほんわかコミュニケーション」という武器である。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「男は顔のいい女に弱い」は嘘!実は●●の美しさを見ていた

3月も残すところあとわずか……。いよいよ4月からは本格的な春が始まります。様々な人と新しく出会う、ワクワクな季節がやってきますね!

この季節に気になるのが、初対面の男性からの目線。「ちょっとでもいいから、他の人より目を惹きたい!」こう考えて、これから新しい美容法に挑戦する女性は多いはず。

しかし、女性と男性では、“女性の美しさ”の概念が大きく違います。男性は、女性の顔のつくりだけを見て判断すると考えがちですが、実はそうではありません!

男性は女性の外見の細かいところまで確認して、心の中で○と×を付け、女性の美しさを判断しているのです!

そのチェックポイントは色々ありますが、まずは髪。髪の美しさは、健康で生殖能力も高いことの証だからです。

それでは、美髪を手に入れるには、どうしたらいいのか? できれば、面倒なケアはしたくないですよね。そこで今回は、超簡単に美髪を作るための情報をお届けしたいと思います!



■美髪には“タンパク質”の存在が不可欠!

私たちの身体はタンパク質で約20%構成されています。タンパク質は、筋肉・内臓・皮膚・毛髪・爪などの要素を構成しているほか、酵素・ホルモン・免疫システムや神経伝達物質の材料としても不可欠なもの。

しかし、この物質はアミノ酸が鎖状につながっている高分子化合物。そのため、非常にゆがみやすいという特徴を持っています。

よって、約95%がタンパク質でできている髪は、“タンパク質のゆがみ”による影響が最も出やすくなっています。

例えば、シャンプー剤の刺激やドライヤー、ヘアアイロンなどで熱を加えられるだけで、あっという間にゆがむのです。また、キューティクルが剥がれても、ゆがみやすくなるため、ツヤのないパサパサ髪になってしまいます。

一度ゆがんだタンパク質は元に戻せないので、美髪になるには、そもそもゆがまないようにすることが大事なのです!



■タンパク質に着目した美容法ってどんなもの?

しかし、タンパク質がゆがんでしまうとわかっていても、髪を染めたり、パーマをかけたりしたいですよね。オシャレを楽しみながら髪をケアする方法が知りたいですよね。

まずは、毎日の食事と睡眠。

髪の材料となるタンパク質は食事でしっかり摂ることが重要です。また食事から摂ったタンパク質はアミノ酸に分解され、体内に吸収されます。

吸収されたアミノ酸からしっかりタンパク質を合成するためには、良い睡眠が必要不可欠です。夜10時から深夜2時までが美容にとってのゴールデンタイムと言われているので、この時間に睡眠をとるのがオススメ。

次に大切なのは、ヘアケア商品の中にトレハロースが入っているかどうか。高い保湿力を持ったトレハロースは、ダメージで歪んでしまった髪タンパク質の結合に働きかけ改善するといわれています。

毎日使用するものなので、髪の中のタンパク質を修復するパワーが強いものをセレクトしてみてくださいね!

髪の修復力が強い商品は、例えばLUXの『BIO FUSION』などがあります。

これは、タンパク質のゆがみを防ぎ、乾燥していても水を与えると青々とした葉を蘇らせる性質がある“ローズ・オブ・ジェリコ”のトレハロースがたっぷり入っているため、傷んだ髪にピッタリですよ。

最後に大事なのが、髪のキューティクルを保護すること。ツヤやハリを左右するこの物質がはがれると、髪の外にタンパク質が出やすくなってしまいます。そのため、カラーやパーマのあとには必ずCMC配合トリートメントでこれらを保護しましょう!



第一印象で男性に「美しい女性だな」と思われたい、そこのあなた! これからは髪のタンパク質も意識して、ヘアケアしてみてくださいね!

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。