1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

再燃する将棋ブームは子供たちへ - 将棋で育まれる「待てる人間」と「無意識の力」を島朗九段が説く

ここ最近、将棋が盛り上がりを見せている。コンピュータとプロ棋士が真剣勝負を行った「将棋電王戦」をはじめ、今年3月には言わずと知れた大人気ゲーム『ポケットモンスター』と竜王戦がコラボレーションした「ポケモン竜王戦」も開催されるなど、従来の将棋の枠にとらわれないイベントも増えてきた。


島朗九段
1963年生まれ。1980年プロ棋士になり、1988年初代竜王に輝く。現在は日本将棋連盟常務理事を務め、東北地方を中心として、将棋普及に力を入れている。
そんな中、羽海野チカが描く大ヒット将棋漫画『3月のライオン』とコラボした将棋大会「J:COM杯3月のライオン 子ども将棋大会」が、7月20日の仙台会場を皮切りに全国7都市で開催される。8月23日には東京将棋会館にて、各地方都市大会を勝ち抜いた成績上位者による全国大会が行われる予定だ。

ゲームやインターネットなど、子どもたちにとって魅力的な遊びがいくらでもある現代において、なぜ将棋が再び注目されているのだろうか。今回は、「J:COM杯3月のライオン 子ども将棋大会」の審判長を務め、将棋の普及活動にも熱心に取り組む島朗九段に、あらためて将棋の魅力について聞いた。

将棋を通して"負ける体験"を学ばせたい

――最近、将棋を始める子どもや、将棋を始めさせる親が増えていると聞きます。「J:COM杯3月のライオン 子ども将棋大会」も前回から会場を2都市増やすなど、さらに盛り上がりを増してきています。島九段はこうした将棋ブームについてどうお考えでしょうか。

たしかに最近は、親御さんが将棋を知らなくてもお子さんに始めさせるケースが増えているように思います。ということはつまり、将棋に何か教育的なところでのプラスアルファを期待されているんじゃないかと思いますね。例えば礼儀やあいさつ、それから挫折に強くなることです。

――挫折に強くなるというと?

最近はどうしても子どもの数が少なくなったこともあって、傷つきたくない、傷つかせたくないという気持ちが大きくなってきているんですね。でも人生を歩いていく中で競争は避けられないし、正当な競争は人を成長させると私は考えています。将棋は決まったルールの中でベストを尽くして戦うわけですが、そこに負けはつきものです。羽生さんでさえ、10回に3回は負けてしまう。そういった正当な勝負の中で負ける体験ができるのは、教育における将棋の魅力の一つだと思います。


羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊)
大人に近づくにつれて、負けることは増えていく。失恋とか受験とか、トラブルやアクシデントはどうやってもつきまとう。負けたら、現実を認めて、立ち上がるしかない。それは将棋の勝負に近いと思います。将棋はリセットボタンもないし、負けたら「負けました」と告げなくてはならない。そうやって負けて、挫折して、思うようにいかないことを体験してほしいですね。

――なるほど。勝負の世界という点では、スポーツにも似ているかもしれませんね。

そうですね。ただ、サッカーや野球やラグビーと違って、将棋は点数がつきません。だからこそ、なぜ勝てたのか、なぜ負けたのかを考える必要がある。私たちプロ棋士でもそうなのですが、出来のいい日と悪い日というのはあります。原因がはっきりした負けなのか、自分に自信がなくなったことで負けたのか、単なる不注意なのか――それぞれまったく違います。勝ちにしても、実力で勝てることもあれば、運で勝てることだってあります。

――将棋は完全に実力の世界かと思っていました。

アマチュアだと完全に実力の世界になることも多いですが、トッププロですと実力97%、運3%くらいだと思います。最後の最後は運の世界です。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

将棋大好き女優・高梨臨、『電王戦』に涙「羽生さんにも出て欲しい!!」

現在放送中のドラマ『放課後グルーヴ』(TBS系)で主演を務め海外の映画作品などにも多数出演している注目の女優・高梨臨。今作では今までにないユーモア満載の役どころで振り切れた演技を見せている彼女だが、実は将棋好きとしても有名。彼女の将棋に対する熱い想いを聞いた。

■「いつも変な顔してるね?」って言われるくらいで行こうって
――『放課後グルーヴ』で高梨さん演じる桐生は元ヤンキーの高校教師という設定ですが、役作りも苦労した?
【高梨】まず、ヤンキーってなんだろうって(笑)。自分の周りにも「これぞヤンキー!」という人もいなくて、最初は自分で想像できなかったです。色々考えた結果、観る方によってさまざまなヤンキーの定義があると思うんですけど、私なりに考えた、ちょっぴりオーバーなリアクションでやろうと(笑)。

――作品を観ると、高梨さん演じる桐生は、かなりハチャメチャで振り切った役どころですよね?
【高梨】そうですね! ただ、撮影を終えて、いざ第1話のオンエアを観ると「あれ、もうちょっと振り切れるんじゃないか?」って、どんどん思うようになってきて(笑)

――監督は『荒川アンダー ザ ブリッジ』等でおなじみの飯塚健さん。飯塚監督からはどのような演出がなされました?
【高梨】気持ちをベースに考えてくれる方なので、違和感なく役に臨めました。ただ、監督からの要望も徐々にハードルが高くなっていくので、そこは私の負けず嫌いな性格を刺激されましたね(笑)。

――「これは出来るかなぁ?」と問われれば…。
【高梨】「もちろん、出来ますけど!」って(笑)。

――確かに、これまで高梨さんが演じてこられた役どころと比べるとかなり振り切った役ですからね。女優としての幅が広がった感覚があるんでしょうか?
【高梨】そうですね! 今回の作品では最初から振り切ろうって決めていたので、いわゆる“良い顔”は無くていいやって思っていました(笑)。「いつも変な顔してるね」って言われるくらいで行こうって。

――撮影中も「ちょっと“変顔”足りないなぁ」とか思っちゃったり(笑)。
【高梨】はい(笑)。「もっとやらなきゃダメでしょ」って!

■好きな棋士は羽生さん!携帯の待ち受けも羽生さんです(笑)
――高梨さんといえば書道5段、さらに最近は将棋にハマっていて、先ごろ行われたプロ棋士VSコンピューターの『電王戦』にもゲスト出演されていましたよね。そもそも将棋にハマったきっかけは何だったんですか?
【高梨】去年の年末位だったんですけど、それまで全く興味がなかったんですけど、たまたまNHK杯将棋を観てたら、決着がついたのにそのまま対局した2人が戦いを振り返ってて、なんか不思議な世界だなぁって興味を持ちまして。

――あ、じゃあそれまで興味もなかったんだ!
【高梨】はい。ルールも将棋の指し方も全く知らなかったです。でも、そこから興味を惹かれて本とか買って勉強したのがきっかけでしたね。そこから、やればやるほどハマっていきまして(笑)。

――高梨さんをそこまで惹きつけた将棋の魅力とは?
【高梨】とにかく深いんですよね~(しみじみ)。こうすれば勝てるというゴールがないのがいいなと思うんです。何億通りという戦略があって、勉強するほどに指すのが楽しくなってくるんです!!

――言葉に熱がこもってますね(笑)。そんな趣味が高じて、先ごろ行われた『電王戦』にゲスト出演されましたが、いかがでしたか?
【高梨】もう~ドキドキし過ぎて正直あまり覚えていないんですけど、大盤解説のときに大盤の横にいられたことが一生の記念になりました。

――大盤の横にいられたことが一生の記念になる女性も珍しいというか(笑)。ただ、5戦対局が行われて棋士側の1勝3敗1分という結果となり、残念な結果になりましたね。
【高梨】はい(意気消沈)。衝撃的でした……凄く悔しかったし、ちょっと泣いちゃいました。人間がコンピューターに負けるという図式も仕方ない部分もあるなと思いながらもやっぱり悔しくて。

――確かに現役バリバリの棋士が敗北する姿は衝撃的でしたが、凄く濃密なストーリーがありましたよね。さらに今後は羽生(善治)さんや渡辺(明)さんが対局するのか?という図式も注目されますし。
【高梨】次は羽生さんや渡辺さんにも出て欲しいですね!……でも、もしそんなことになったら興奮し過ぎてどうにかなっちゃいそうですね(笑)。

――想像しただけで胸いっぱいだと(笑)。因みに一番好きな棋士は?
【高梨】羽生さんです! 羽生さんの大ファンで携帯の待ち受けも羽生さんです(笑)。

――アハハハハ! 即答だ(笑)。
【高梨】もちろん、将棋の指し方もカッコイイんですけど、ちょっと発言が天然っぽいところも凄く可愛くて(笑)。

――アハハハハ! じゃあ、勝負師の顔と素の部分のギャップがたまらないと(笑)。
【高梨】そうなんです。でも、いざ対局になると命を削りながら戦う姿にキュンとくるというか(笑)。

――でも、電王戦の影響からか再び将棋が脚光を浴びていますよね?
【高梨】そうですね! とっつき辛いかもしれないですけど、女性もきっと好きになれると思うんです。いつかは将棋番組をやってみたいです!!

――確かに、ひとつの局の中で様々な展開もあるし、人間ドラマもある……コンテンツとして質が高いから再び人気も高まりそうですよね。
【高梨】そうなんですよ! 絶対若い人にも流行ると思うんです。絶対に近いうちに将棋ブームが起こります!

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

将棋 棋士側ことしも負け越す

将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが5対5の団体戦で対決する電王戦は、12日の最終局でもコンピューターが勝って対戦成績が棋士側の1勝4敗となり、2年連続で負け越す結果となりました。

将棋の「第3回電王戦」は現役のプロ棋士5人がトップクラスのコンピューターソフトと5対5の団体戦で対決するもので、これまでの4戦で1勝3敗と棋士側が負け越しています。
プロ棋士の意地を見せたい12日の最終局では、屋敷伸之九段がコンピューターソフトどうしのトーナメント戦で優勝した「ponanza」と対決しました。
コンピューター側は、ソフトが決めた次の差し手に従って、ロボットアームが将棋盤の上に駒を置いていきます。
午前10時に始まった対局は終盤まで接戦の展開となりましたが、午後9時45分、130手で屋敷九段が投了し、コンピューターが勝ちました。
この結果、対戦成績はプロ棋士側の1勝4敗となり、前回に続いて2年連続で負け越す結果となりました。
対局のあと、屋敷九段は「終盤何手か間違えたので、敗戦はしかたないと思う。やはりどのソフトも強く、なかなか厳しい結果だと思う」と話していました。
一方、将棋ソフトを開発したプログラマーの山本一成さんは「勝てたうえに、将棋の内容もかなり熱戦だったと思うので、開発者としてとてもうれしい」と話していました。

厳しい現実
将棋のプロ棋士がコンピューターソフトに2年連続で負け越したことについて、日本将棋連盟の谷川浩司会長は「ことしはプロ棋士が勝てると思っていたが、この1年でコンピューターもより力をつけていた。厳しい現実を受け入れなければならない。今後については、ファンの皆さんも注目しているので、続けたいとは思っている」と話しています。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

元女流棋士の林葉直子が凄まじい姿に! 「多額の借金まで背負わされた」親の裏切り。

元女流棋士の林葉直子(44)が、ある関西ローカルのバラエティ番組に出演した時の姿が「ガリガリの“老女”のようだ」とネット上で騒ぎになっている。番組では自己破産を経験した彼女が、借金を背負った原因などについて明かしていた。しかし視聴者は林葉の想像を超えた変貌ぶりに目を奪われ、彼女の話が耳に入ってこなかったという。

11月15日深夜放送の『世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!』(関西テレビ)では、“地獄を見た借金芸能人”として林葉直子、ファッションデザイナーのドン小西と夫婦漫才コンビのかつみ・さゆりのかつみが出演していた。男性2人が事業や投資の失敗で十数億円の借金をしたのに比べ、林葉は8000万円の負債での自己破産である。しかし番組MCの吉田敬(ブラックマヨネーズ)は恐る恐る、「地獄を経験した感は、林葉さんが相当強い」と彼女を見ながら話す。

12歳でプロ棋士となり14歳で初タイトルを手に入れ、女流王将となった林葉。その後女流王将戦を10連覇し、プロ通算18タイトルを獲得する。美貌と実力を併せ持つ女流棋士として、長い間注目を集めていた。

彼女は初タイトル獲得後収入を得るようになった14歳から、自分の通帳や印鑑を親に預けお金の管理を任せていた。だが、これが多額の借金を背負う原因になったというのだ。

文才のあった林葉はプロ棋士としての収入だけでなく、小説家としても活躍。小説だけで3000万円の収入があった年もあったと話す。その頃に両親から家を新築したいと言われ、彼女は自分が用意できる4000万円で建ててもらおうと思っていた。しかし実際は1億2000万円で家が新築され、娘の名義でローンが組まれていたという。他にも自家用車を複数所有するなど林葉は親に貯金を全て使われ、多額の借金まで背負わされたそうだ。

将棋連盟を退会後、林葉はヘアヌード写真集を3冊出している。この時も知人の借金を肩代わりしたり、プロデューサーにギャラを持ち逃げされたりして、写真集はヒットしたのに彼女には思ったほどお金が入らなかったらしい。そして2006年頃に自己破産することとなった。

これらの経験から林葉は、“親に財布は絶対に預けない”という教訓を学んだという。彼女は親から常々「お金が無いのに将棋をお前に習わせたのは私たちだ」と言われ続けたそうだ。それを盾に自分の貯金が全て使われてしまったことが、“親に裏切られた”と林葉は相当なショックを受けたのだ。

彼女は自分の借金問題を努めて明るく話そうとしていた。しかし全く昔の面影が無くあまりにも外見が痩せこけた林葉の姿に、スタジオ内が変な空気になっていたのが伝わってきた。番組終了後ネット上では彼女の変貌ぶりに驚き、健康状態を心配する声もあがっている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

将棋電王戦、出場ソフトにバグ修正の“特例”認める 「棋士に失礼」「興ざめ」と非難の声も

 ドワンゴは3月15日、22日に開催する「第3回 将棋電王戦」第2局で佐藤紳哉六段と対戦する将棋ソフト「やねうら王」について、「バグ修正」を行なった新バージョンを使用すると発表した。「やねうら王」開発者の磯崎元洋さんも自身のブログで経緯を説明している。

【動画と拡大画像:PVも炎上状態に】

 今回の電王戦の規定では、プロ棋士側に本番と同じソフトおよびハードで事前に練習対局ができる環境が用意されている。ソフトを入れ替えれば、そのぶん研究時間が短くなり棋士にとっては不利な状況となる。その上、改訂版のやねうら王は以前より棋力が向上してしまった可能性が高いという。そのためこの決定に対し、ネットでは非難の声が上がっている。

 ドワンゴは「予期せぬソフトのフリーズでイベントが中断することは望ましくない」として、佐藤六段、日本将棋連盟と検討した結果、ソフト入れ替えを決めたと説明している。

●公式PVも炎上……

 ドワンゴの発表や磯崎さんのブログによると、当初佐藤六段に貸し出された「やねうら王」は「ある局面でフリーズしてしまう」「角とか飛車をタダで(無条件に)捨てる」などのバグがあり「動作が非常に不安定」だった。そのため開発者側がバグ修正を要望したという。

 ドワンゴは「棋力や指し手に影響を与える思考部には手を加えない」ことを条件に動作を安定させるための修正を承諾し、ソフトの入れ替えを行なった。ところが「修正されたソフトの指し手は以前とは別物であり、かなり強くなっている」と佐藤六段が指摘。開発者に確認したところ、修正した複数のバグの中に棋力に影響するバグがあり、「棋力が向上してしまった可能性が高い」ことが分かった。

 15日に公開された第2局の公式予告PVでもこの件に触れており(6分過ぎから)、佐藤六段はルール違反となるソフト入れ替えについて「開発者は最低の人だと思います」などと強く批判。一方、磯崎さんは「勝ちたいという意図はない」などと釈明する内容となっている。これを見たネットユーザーからは「棋士に失礼だ」「興ざめ」「プロレスなの?」「演出だとしてもひどい」といった反応が寄せられた。

 磯崎さんはPVの内容についてブログで「『ひどい悪意のある編集だなぁ』と思う一方、今回の件で佐藤紳哉六段や関係者の皆様にご迷惑をおかけしていることは事実であり、どう編集されていようと、そこはすべて受け入れる所存」とコメントしており、PVの内容がどこまで“演出”なのかは不明だ。

 一方、今回の電王戦の第5局に登場する将棋ソフト「Ponanza」の開発者・山本一成さんはTwitterで「やねうら王さんは悪意をもってレギュレーション違反をしていると思います。私はやねうら王の失格を望みます」などと書き込んでいる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。