1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

なでしこ宇津木「365日ばっちりメイクはたしなみです」

「もちろん優勝したかったですけど、すべてを出し切った結果なので、今はすっきりした気持ちですね」(宇津木瑠美・26)

 連覇こそ逃したが、カナダW杯で準優勝に輝いたなでしこジャパン。その立役者でもあるMF宇津木選手を、帰国後のオフに独占取材。まずは、瑠美選手に約1カ月にも及んだカナダW杯の秘話をうかがった。

「選手はオフのときも集まって話をしたり、ゲームしたりして盛り上がってました。でも私は基本、一人行動が好きで部屋に籠るタイプ。ホテルは2人部屋で、GK海堀(あゆみ)と一緒だったのですが、一人になりたいときは、『出かけるんじゃなかったっけ?』と、プレッシャーをかけてました(笑)」

 気分転換に街に出ることもあったというが、服装はチームお揃いのジャージが義務。残念ながら買い物などを楽しめる雰囲気ではなかったそう。

「可愛いお店で、キャミソールやハイヒールを見つけても、格好がジャージだから似合ってるかわからない(笑)。唯一、リラックスできる時間はお風呂。電気を消して、静寂の時間と香りを楽しむ。でも、湯船の栓がうまく閉まらず、お湯を出しっ放しにしないといけないから全然静かじゃないんです」

 W杯ではきりっとしたまつげにばっちりメイクを施すなど、ルックスにも注目が集まったが、すでにフランスで5年間プレーしている彼女にすれば、サッカー選手でも女性を意識するのは、自然なことだった。

「日本と違って、フランスでは女性サッカー選手も試合が終わればドレスを着て、ハイヒールを履いてパーティに行きます。それこそ本当にセクシーな格好をして(笑)。女性の場合は、オシャレすることで気分転換できたり、ポジティブになったりと、パフォーマンスにもいい影響を与えることがあると思うんです。だから私の場合、しっかりメイクするのも試合に限ったことじゃなくて、練習でもふだんでも当然のこと。だって人前に出るのに、寝起きで眉毛ないとかありえないから!」

 来年はリオ五輪、4年後は現在プレーするフランスでW杯が予定され、年齢を考えても、今後なでしこを背負っていく選手として期待される。ただ、本人は先のことは考えていないと言う。

「何年も先の予定がわかるような人生はつまらない。一日一日で気持ちは変わるものですし、明日サッカーをやってないかもしれないし、自分の気持ちに嘘はつきたくない。あまり先のことを考えるよりも、目の前のことを懸命にやるだけですね」

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ヤングなでしこにとっての大一番! 女王ドイツに勝機はあるか?

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は4日、東京・国立競技場で行われるU-20女子ワールドカップ(W杯)の準決勝で、前回チャンピオンのドイツと対戦する。準々決勝でライバル韓国に3-1で勝利し、初のベスト4進出を果たしたヤングなでしこ。まさに未体験ゾーンとなるセミファイナルで、女王ドイツと対戦することは、これまで彼女たちが積み重ねてきたことへの、事実上の集大成の場であると言えよう。

 チームを率いる吉田弘監督は「今までは、体の大きなドイツや米国の選手たちに、どうしても守備的になって合わせてきた部分があった。そこを日本の良さを生かして、どれくらいやれるか」と語って上で「自分たちがやってきたことをやり通したい」と前日会見で明言している。ここまでくれば小細工は無用。勝負にこだわるのではなく、自分たちが目指してきたサッカーの「答え合わせ」を、このドイツ戦に求めようとしている。

 相手にとって不足はない。というよりも、ベスト4に進出したチームの中で、最も完成度の高いチームが、このドイツである。グループリーグは米国、中国、ガーナを相手に3戦全勝。しかも16チーム中唯一の失点ゼロである。準々決勝でもノルウェーを4-0で粉砕。大会得点ランキング2位の5ゴールを挙げている11番のロッツェン、フル代表の経験を持つ14番のマロジャンら、スケールの大きな選手を前線にそろえている。

 それでも、ボランチの猶本光はきっぱりと言う。「攻められる時間は多いだろうけど、それだけではしんどい。できるだけポゼッションを高めていけば、ゴールを狙える可能性も高まると思う」。また最年少ながらセンターバックとしてフル出場している土光真代も「日本はフィジカルでは勝てないけれど、2~3人で奪うとか、運動量を生かすことができれば勝てると思う」と語っている。

 日本がドイツ相手に勝機を見いだすとすれば、フィジカル面での不利を補ってあまりある技術、物おじすることなく大舞台を楽しもうとする遊び心、そしてホスト国ゆえのスタンドからの大声援であろう。当日、スタジアム観戦が可能な方は、ぜひともスタンドからの精いっぱいの声援をお願いしたい。ファイナル進出を懸けた日本対ドイツ、キックオフは19時30分である。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

カズになる!沢 引退一転「やれるまでやりたい」

 ◇なでしこ帰国(2012年8月9日)

 ロンドン五輪で銀メダルを獲得したなでしこジャパンが11日、成田着の航空機で帰国した。W杯優勝時を超える約600人のサポーターに出迎えられて堂々の凱旋。日本女子サッカー史上初のメダル獲得という快挙に貢献したMF沢穂希(33=INAC神戸)は、J2横浜FCのFW三浦知良(45)の助言もあって、現役続行と今後も代表入りを目指すことを宣言した。女子サッカー界のクイーンが“女カズ”を目指して再出発する。

 成田空港の到着ロビーで待っていたのは約600人の大歓声。「おめでとう!」。飛び交う祝福の声に、激闘と長旅の疲れは一気に吹き飛んだ。

 自身4度目の五輪を花道に代表を引退するはずだった。だが、銀メダルという結果に終わったこと、まだ戦えるという手応えをつかんだことで、沢はサッカーへの愛情を再確認した。「サッカーが楽しくて仕方ない。やれるところまでやりたいというのが正直な気持ち。代表も呼んでもらえるチャンスがあるなら、やれるところまでやる」

 クイーンに“現役続行のススメ”を説いたのはキング・カズだった。五輪開幕前、雑誌の企画で対談した時に「やれるまでやってほしいと言われた」という。カズはもっとも尊敬する大先輩。「カズさんとの対談で刺激をもらった。持続するプロ意識も学んだ」。45歳になっても向上心を忘れないキングの姿を自らと重ね合わせた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

特別な敗戦で示した成長の証=米国女子代表 2−1 日本女子代表

■ 両者が待ち望んだ再戦
 決戦前夜、澤穂希は万感の思いで語った。
「決勝は米国に来てほしいと思っていました。(五輪の決勝という)大舞台で米国と試合ができることに、縁を感じています」

 15歳で日本女子代表にデビューして以来、彼女は常に世界王者・米国の背中を追い続けてきた。一度でも「手が届かないだろう」とあきらめていたら、こんな日はやってこなかった。

 米国代表のエース、ワンバックも言葉をかみ締めた。
「チームが決勝に進んだことを誇りに思う。(先行された準決勝カナダ戦で)わたしは一度として勝利を疑わなかった。決勝での日本との再戦は、ワールドカップ(W杯)で敗れてから、ずっとそれを望んでいた」

 よき友、よきライバルである両者が待ち望んだ再戦である。2012年8月9日、ロンドン五輪の決勝戦、米国女子代表対なでしこジャパンの試合が行われた。ウェンブリー・スタジアムに詰めかけた観客は8万203人。女子サッカーの試合としては、1999年W杯決勝(ロサンゼルス)の9万185人に次ぐ、史上2番目の大観衆だ。選手が入場するとともに、歓声が耳をつんざいた。サッカーの聖地が、世界でたった2カ国だけのファイナリストを迎え入れた。
■ ボックスの復帰が米国を勝利に導く
 なでしこジャパンは、南アフリカ戦を除き今大会5試合目となるベストメンバーで決戦に挑んだ。GK福元美穂。DF近賀ゆかり、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩。MF阪口夢穂、宮間あや、川澄奈穂美、澤穂希。FW大野忍、大儀見優季。対する米国は、大会初戦のフランス戦で太ももの裏を負傷したMFボックスが、5試合ぶりに戦列に復帰。ボックスとロイドがMF中央を担った。

 結果的に、このボックスの復帰こそが、米国を勝利に導いた。つまり、米国はチェニーとロイドがボランチコンビを組んだ場合、「ロイドには、チェニーを自由にプレーさせる役割を与える」(スンダーゲ監督)として、プレーに制限を加えざるを得なかったのだが、決勝ではより守備的なタイプのボックスが攻守のバランスを取る役目に徹したため、ロイドの本来の強みである「縦に強い攻撃力」がよみがえったのだ。

 前半8分、米国は右サイドで得たスローインから横に展開し、左サイドのヒースが深いエリアに進入する。ヒースからモーガンを経由して逆サイドに上げられたセンタリングに飛び込んだのが、ロイドだ。後にモニターで確認してみると、ボールの行き先で待ち構えていたのはワンバックだった。なでしこの守備陣も、ワンバックに決めさせまいとシュートコースを消しにいった。そこで、モニター画面の外から、ロイドが急にフレームインしてきている。スピードに乗って長い距離を走ってきたロイドの積極性が、早い時間帯での先制点に結びついた。
■ 攻撃重視の布陣もあと一歩及ばず
 以前のなでしこならば、ここから米国の猛攻にさらされ続けるパターンだが、この日は違った。冷静にボールを動かし、相手のすきを探っては積極的にパスを入れる。米国は、ボランチの横(右サイドハーフ、ラピノーの背後)が穴だった。そこに起点を作り、深いエリアに俊足の川澄を突っ込ませると、なでしこに得点チャンスが芽生えた。なでしこは左から崩す攻撃で、17分に大儀見、33分に宮間、38分には大野のシュートなどで決定機を迎えたが、いずれもわずかに精度を欠いた。

 前半のチャンスに決めきれなかったなでしこに対し、命拾いした米国は後半9分に追加点を挙げた。ワンバックの頭からモーガン、ラピノーと小気味よくパスをつなぐと、ロイドのドリブルシュートがゴールに突き刺さった。

 対するなでしこは相手DFの癖をつかみ、攻略の糸口につなげた。今年3度対戦した親善試合でも見られたのだが、米国はセンターバックの1人が前につり出された時、最終ラインに残った3人が距離感を修正できない悪癖を抱えている。その弱点を突くように、大儀見または大野が交互に下がってボールを受け、背後のスペースを味方に使わせていた。その戦術がやっと実ったのが、後半18分だ。大野からのパスを受けた澤がシュート。こぼれ球をもう一度拾った澤からのパスを、フリーで待ち構えた大儀見が決めた。大儀見は決勝トーナメント3試合でいずれも得点を記録。相手が強ければ強いほど、彼女の冷静な判断力が光った。

 後半38分には相手のパスを途中出場の岩渕真奈が奪い、絶好の同点機を迎えたが、シュートはGKソロに阻まれた。1点を追いかけたまま終盤にさしかかると、なでしこは大儀見、岩渕、さらに途中出場の丸山桂里奈を3トップ(1トップ2シャドー)に、川澄をサイドバックに置くという攻撃重視の布陣を敷いたものの、あと一歩及ばなかった。結局、試合は2−1で終了し、米国が3大会連続の金メダリストに輝いた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

宮間、号泣…みんなが感謝!チームまとめた“最高のキャプテン”

 「ロンドン五輪・サッカー女子・決勝、日本1-2米国」(9日、ウェンブリー競技場)

 抑えていた感情が爆発した。号泣だった。動けなかった。濃密な90分間が過ぎ去った聖地・ウェンブリーのピッチ。MF宮間は、あおむけになり、顔をくしゃくしゃにして泣きに泣いた。「勝ちたかったという本音はあります。自分たちのやりたいことはしっかりやれたと思います」。熱戦を振り返る目は、真っ赤に腫れていた。

 主将としての重責を担いながら、世界屈指の技術をしっかり見せた。前半33分には、あわや同点というシュートを放ち、後半18分にはFW大野に絶妙なスルーパスでFW大儀見のゴールの起点になった。精度の高いCK、FKは常に米国ゴールを脅かしていた。

 五輪で日本サッカー界最高位となった銀メダル。なでしこを支えていたのは、紛れもなく宮間だった。英国入り後に、開幕までの日数を記した手作りカレンダーを作り、試合前のロッカールームではメンバーへの感謝を告げるなどムードを盛り上げた。出場の少ないメンバーの部屋に出向き、たあいもない話をした。

 「あんなにチームのことを考えて行動できる主将はいない。年上にも年下にも気遣いをして、ちょっとしたことでも声をかけてくれる」とはFW川澄。サポートメンバーのFW大滝は「ロッカーに入れない私たちも、試合会場で必ず見つけて手を振ってくれる。チームだなって感じますね」と語り、佐々木監督も「本当に良くやってくれた。NEWキャプテンは良い主将でしたね」と目を細めた。

 「ここまで来られたことに、スタッフをはじめ、本当に感謝しています」と語った宮間。だが、周囲から一番の感謝を集めたのもまた、なでしこジャパンの頼れる主将だった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動