1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

憂楽帳:賢い消費者とは

「5%が8%になるくらい、たいしたことはない」と思っていたが、その日が近づくとそわそわして、結局私も3月末に買いだめをした。

 大型ディスカウント店は、やはり普段よりにぎわっていた。私は缶ビール24本入りの箱をカートに載せた。周りの客も商品をたくさん買い込みながら、どこか楽しそうだ。「得になることをしている」という喜びだろうか。

 私もニヤニヤしていたかもしれない。その時は、消費増税前の駆け込み需要と増税後の反動が日本経済に与える影響など考えてはいない。「今のうちに買う方が賢い」という一心だ。

 あれから2週間。あんなにあったビールは、かなり減ってしまった。まだたくさんあるからと飲むペースが上がっただけで、それほど得をしていないような気もする。そもそも買いだめは賢いことなのか。増税後の買い控えで不景気になるなら、自分で自分の首を絞めるようなものでは。

 あれこれ考えると、いくら飲んでも酔わない。冷蔵庫からもう1本取り出した。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

人って何でこんなに優しくて残酷で綺麗で汚い生き物なんでしょうね。

先日、友人が交通事故で亡くなりました。

そいつは心優しい性格で、クラスでも皆に慕われていました。友達も多くて、成績も良くて、先生からも信頼されていました。
友達からの頼みごとも苦笑しながらも受け入れてくれるし、かといって言われるがまま動くような弱い奴ではなかったです。自分の意見もちゃんと言える、強い人間でした。皆もそんなところに惹かれたんだと思います。俺もその1人でしたから。


そんな皆の人気者が、先日死んだんです。









俺はその瞬間を見てしまったんです。

忘れもしない。
夕方の5時に鳴る帰りましょうの放送が響く中、俺はそいつと一緒に途中まで帰ってました。
分かれ道、また明日と挨拶して背を向けた10秒後に車の激しい衝突音が聴こえて咄嗟に振り向きました。



小さい男の子が、何故か泣きわめいていて、そのすぐ横にはあいつが血を流しながら倒れびくともしませんでした。
轢いた車は慌てて逃げ出し、男の子はお母さんらしき女の人に抱き締められていました。


俺は、その光景に立ち尽くしました。
誰も友人に駆け寄らない。
友人があの男の子を庇って事故に遭ったのは目に見えて分かりました。なのに、俺を含めその場にいた人全員、友人に駆け寄ることが出来ませんでした。
ついさっきまで笑い合っていた友人が、今では微動だにしないのです。俺は暫く状況を理解出来ませんでした。
ただ覚えていたのは、夕暮れの淡々とした放送と近付いてくる救急車の音がやけにうるさく響いていたことだけです。









友人は即死でした。
車の運転手は逃げ、男の子の母親も気が動転したように立ち去り、俺はただ状況整理がつかないまま、立っていました。

翌日のクラスでは皆が涙し、悲しんでいました。俺はただただ申し訳なくなり皆の前で頭を下げました。でも皆、俺を責めることはしませんでした。
「お前は悪くない」と、クラスメイト全員が口を揃えて言うのです。
このクラスが大好きでした。皆優しくて、仲が良くて。
でも今の俺にとっては辛いだけでした。








友人に親友はいませんでした。
それはあいつにとって、皆全員が大事だったから1番を決められなかったからです。逆を言えば、皆があいつの親友だったんです。
なので、葬式の時の別れの言葉を誰がするかクラスの皆で話し合いました。
結果、最後にあいつと一緒にいた俺がクラスの代表として挨拶することになりました。









皆の啜り泣く声が聞こえる中、俺は花に囲まれた友人と向かい合いました。額の中の友人は、つい先日までの笑顔そのままでした。
今までのお礼と、謝罪。ただそれだけを繰り返しました。言葉を詰まらせながら。







先日、そんなことがあったんです。


車の運転手は見付からず、あの親子もどこの人かは分からずじまい。
この出来事で、人って優しくて残酷で綺麗で汚い生き物だと知りました。


俺自身、自分は汚い人間だと知りました。
だって、友人を前にして何も出来なかったんですから。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「倍返し」も商標出願されていた TBS倍返し饅頭への影響は?

 今年の流行語大賞の有力候補「じぇじぇじぇ」が、岩手・久慈市の菓子店により商標出願されていることを当サイトが報じたばかりだが、人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で流行した「倍返し」も商標出願されていることがわかった。

 流行語がまったく関係ない“第三者”により商標出願されているケースが相次いでいる。

「じぇじぇじぇ」は岩手・久慈市の菓子店『沢菊』が5月に出願しているが、「倍返し」の商標を出願したのはサンヨー食品。即席麺『サッポロ一番』で有名な大手食品メーカーだ。

 対象商品は「菓子」「パン」「調理済みの冷凍そば」など、実に25個に渡る。“倍返しパン”“倍返しそば”でも売り出すつもりなのだろうか?

 同社が出願したのは9月2日。『半沢直樹』が初めて視聴率30%を超えたことが明らかになったまさにその日だ。
  
 日本における商標権は先に出願した者が権利を有する先願主義だが、こうした流行語を出願することに、ファーイースト国際特許事務所の弁理士・平野泰弘氏は「もともとあった言葉でも、ドラマで広まった流行語を第三者が取得して利益を得ようとするのは問題。広く一般の理解を得られない」などと疑問を呈している。

「倍返し」の名称をつけた菓子では、TBSが8月から販売している『倍返し饅頭』がある。一時は完売するほどの人気を呼んだが、サンヨー食品の商標権が「菓子」で認められた場合も使い続けることができるのだろうか?

「倍返し饅頭が、サンヨー食品の出願日より以前に、相当程度有名になっていればサンヨー食品の商標権が認められた場合でもTBSが使い続けることは可能です。これを先使用権と言います。とはいえ、万が一、商標権をサンヨー食品が持つということになると、TBSに使用料が発生するケースも考えられます」(平野氏)

 サンヨー食品に話を聞いた。

 同社の広報担当者は、商標出願の狙いについて「将来的なこともあり、意図を公表することはできません」。

「『半沢直樹』のヒットを受けて申請したのか?」との質問にも「お答えいたしかねます」と、多くを語らなかった。

 TBS総務局広報部では「『倍返し』は原作に登場する言葉であり、弊社はお答えする立場にございません」とコメントした。 

 ちなみに、同じく流行語の「今でしょ」は、林修氏が教える東進ハイスクールを運営するナガセのほか、文具メーカーが商標を出願している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

愛人から「別れるなら不倫関係をばらす」と言われ悩む49歳金融マン

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美さんは、夫婦や家族の問題に詳しい評論家。コンサルタントとして、問題解決への相談にものっている。今回、49歳の男性から明かされた悩みは不倫女性に関するものだった。

*  *  *
「どうしても彼女が別れてくれません。別れるなら妻と子どもに不倫関係をばらしてやると脅されました」

 49歳の外資系金融マンは青ざめ、力なく肩を落とす。  なぜこんなことになったのか? 彼女と彼が偶然、野球観戦で出会ったときは笑顔の美しさに惹かれたという。

 ケンカもほとんどなかった。メジャーリーガーのダルビッシュ有が素敵という彼女と松井秀喜を推す彼の間には、それ以外の違いを見つけられないほど話が合い、笑顔の日々が続いた。  はじめ素直に見えた彼女は、次第に、なにかと比較しはじめる。彼の妻は夫である彼とミラノ旅行したことがあるのに私はまだ行っていない。奥様には腕時計を買ったのに私にはまだ。奥様が持っているケリーバッグを私は持っていない。すべて違うと責め立てられて困った彼は、彼女のリクエスト通りにすべて行った。

 それでも彼女は満足しない。ついに、彼が離婚して彼女と再婚してようやく妻と同等だと言いはじめる。

「僕に離婚しろと迫ります。あんなに物分かりの悪い女性だとは思わなくて」「お子様のことはなにかおっしゃっていますか」「子どもが憎いと。僕が子どもを捨てないなら彼女も子どもを産んではじめて同等だから妊娠させろと迫られ、困りました」

 それはまずい。しかし、40歳近い独身女性と2年以上もつきあえば、彼女が妊娠を望むのも当然のことだ。男性と違って女性の出産年齢にはかぎりがあるため、子どもを産みたいと思う彼女にとっては最後のチャンスとばかりに迫ってくるのも当然。

 不倫している相手との結婚を望むのも独身女性の常である。ましてや彼は外資系金融マンであり高収入だ。

「年収は下がってます。一時期は8千万越えでしたが、今は2500万円ほど」

 外資系企業が日本人に支払う年俸は下がっている。全盛期には欧米人と同等か近い金額を提示していた投資会社も、リーマンショック以前から、日本人は欧米人の半分以下にしても仕事の質を落とさないからと理不尽な年俸の下げられ方をしてきた。が、そんなことを言い訳にしたところで彼女が引き下がるわけもない。

 長く続けた不倫の別れ話は火に油を注ぐ結果となりかねないため、直接話すのはやめて弁護士に依頼し慰謝料を払って別れるしかない。不倫をはじめるのは簡単だが、終えるのは難しい。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

名門女子大復活の理由就職力「今の経済状況に合致」

 最近、女子大人気に復活の兆しが見え始め、今年も昨年より志願者を増やした女子大が目立つ。女子大復活の秘密とは。代々木ゼミナール入試情報センター統括本部長の坂口幸世氏はこう話す。

「世の中の就職状況が厳しいなか、女子大には、職業に結びつきやすい学部学科が多い。医療や看護、栄養、保育、教育、被服といった学部学科の内容が、今の経済状況に合致しているのです」

 なかなか就職氷河期を抜け出せず、多くの学生が苦しむなかで、「就職力」が女子大人気を牽引(けんいん)しているというのだ。卒業生1千人以上の大学で、大学院進学者を除いた卒業生全体に対する昨年の就職率が女子大でトップだったのは昭和女子大だ。86.7%で、共学大と合わせても全国20位と健闘している(大学通信調べ)。

 高い就職率について、同大キャリア支援センター長の武藤空男氏は、「教員と職員が協力して就職支援を行っており、『女性とキャリア形成』などのキャリア科目、キャリア支援センターのプログラムが1年次から4年次まで体系的に組まれています」と説明する。

 同大キャリアサポートシステムのプログラムの目玉は、「社会人メンター制度」だ。学生が社会人と直接会って、卒業後のキャリアプランやライフスタイルについて相談する機会を提供、学生たちは女性の生き方について考え、就職のアドバイスを受けるという。他にも、企業の採用担当者を招いた「模擬面接会」や就職対策の特別講座、業界研究セミナー、学内合同企業説明会など多彩な対策をしている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。