1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

ネットで稼ぐシニア世代 「道楽の延長」「空き時間活用」

シニア人材の活用が課題となる中、インターネットを使い収入を得る人が増えている。道楽で始めたカメラで「年1回海外旅行ができる程度」の小遣いを得る男性と、音楽活動を続けながら空き時間でテープ起こしを始めた女性に話を聞いた。年頭に当たり、シニアライフの設計の参考にしては-。(寺田理恵)

 ◆技術より好奇心

 再就職先の大手建設会社を平成24年3月に退職した元海上保安官の東京都青梅市の和田義男さん(66)は、フリーのデジタル写真家を名乗る。収入の柱は年金。撮影した写真が教科書などに掲載されたほか、DVDにまとめてホームページ(HP)で販売したり、放送番組や出版社に安価な使用料で提供したりしてささやかな収入を得る。

 撮影を始めたのは50歳頃。その後、HPを立ち上げて海外旅行先の感動シーンをアップしていたが、兵庫県姫路市で締め込み姿の男衆が神輿(みこし)をぶつけ合う「灘のけんか祭り」を見て、心を揺さぶられた。

 「神輿の下敷きになって死んでも名誉の戦死扱い。ふんどし一丁で大騒ぎする祭りは日本にしかない」と、各地の知られざる裸祭りを夢中で撮り続けた。HPは個人の利用なら高画質でダウンロード自由な点が人気を呼び、13年間でアクセス数2300万件を突破。特に裸祭りは好評で、約2年前に始めたフェイスブックでは外国人に人気が高く、交流のきっかけとなっている。

 17年から撮り始めた鉄砲洲稲荷神社(東京都中央区)の新春恒例行事「寒中水浴大会」は評判を呼び、行事自体が次第に有名になった。最近は、他の行事の主催団体から招かれて旅費の提供を受けたり、講演を行ったりすることもある。「仲間が増え、社会貢献にもなる」

 撮影のコツは技術より好奇心。ときにはテレビ局のカメラマンと一緒にずぶぬれになったり、氷点下の寒さの中、長時間場所取りをしたりして被写体に接近し、フルオートでシャッターを押し続ける。「働いていたときより大変だが、忙しくて時間がいくらあっても足りない」と充実した毎日だ。

 ◆年齢問わず実力勝負

 横浜市戸塚区の女性(57)はネット上で不特定多数の人材を募って仕事を発注する「クラウドワークス」(東京都渋谷区)のサービスに登録し、昨年11月からテープ起こしの受注を始めた。夫が単身赴任して空いた時間を活用し、月約3万円の収入になった。

 かつては音楽家として関西中心に各地のホールやホテルなどでピアノ伴奏をしていたが、約6年前に横浜に転居後、演奏の仕事が減った。現在は編曲の仕事を年7~10曲のペースで手掛けており、音楽活動を続けながら好きなパソコンを使ってできる働き方を探した。

 登録したのは昨年5月頃で、最初はブログ記事執筆の受注回数をこなし、実績をつくった。受注機会を増やすため、丁寧な仕事を心掛け、発注者が評価する技術や質など5項目でいずれも満点を維持。テープ起こしに絞ったのは「知らない分野の専門用語を調べながら起こすのが楽しい」からだ。「音楽の仕事は年を取れば減る。外で働くのも選択肢が限られるので、年齢非表示で実力本位で勝負できるインターネットは欠かせない」と話す。

 こうした仕事をマッチングさせるサービスは「クラウドソーシング」と呼ばれ、アプリ開発やロゴデザインなど専門性の高い仕事を受注する人もいる。クラウドワークスのPR担当者によると、50歳以上のシニアの登録者が急増。「新しい楽しみができた」など、無理なく働く様子がうかがえるという。4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎え、シニアの時間の使い方は一層、多様化しそうだ。

 ■悠々自適 6割

 シニアライフは悠々自適か、仕事をするか-。ソニー生命が50~79歳男女1000人を対象に昨年9月実施したインターネット調査によると、「悠々自適がいい」に「近い」「どちらかといえば近い」と答えた人が6割を占めた。しかし、「仕事は欠かせない」に「近い」「どちらかといえば近い」と答えた人も約4割おり、仕事を求める人が一定割合いることが分かった。

 現在、職業を持っている人518人に限ると、「仕事は欠かせない」に「近い」「どちらかといえば近い」という人は53%を占め、仕事を続けたいと考える人が過半数となった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

コンテンツにフリーライドする広告

どこのウェブサイトにもある「バナー広告」。たいてい右上の方に鎮座している。あまりに定位置に存在し続けため「広告」とわかっている生活者はクリックしない。広告業界の中ではクリックされないバナー広告に変わって「記事広告」を使った「面白い広告」作りがちょっとしたブームになっている。一方でバナー広告の価値をあげたいグーグルはバナー広告をリッチにする動きがある。

最近は「ユーザに広告の上にマウスを合わせる」ように呼びかけるバナー広告を目にする機会が増えてきた。例えばこんな感じだ。

この広告の上にマウスカーソルを移動させると、サイト全体に覆いかぶさるようにバナー広告が拡大される。


拡大後のバリエーションには色々とあり、Youtube動画が表示されるものや、Flashが起動し簡易ゲームが実行できるようなものも登場してきている。バナー広告は右上でひっそりしているものではなくなりつつある。

■コンテンツにフリーライドする広告

こういった「割り込み方」広告に不満があるわけではないが、バナー広告は右上でひっそりしているものではなくなりつつある。拡大後のバリエーションには色々とあり、Youtube動画が表示されるものや、Flashが起動し簡易ゲームが実行できるようなものも登場してきている。一分程のYoutube動画の出来が良ければ、ユーザはそのサイトのコンテンツからYoutube動画に目を奪われ、サイトを離れてしまうかもしれない。

今のところ「広告の上にユーザがマウスを移動させた」時のみ、広告が拡大されるわけなので、ユーザの意思表示の結果ではある。広告に負けてしまったのならコンテンツ提供側の力不足とも言える。

ただ、一方で、気になるのは今まで脇役でしかなかったバナー広告がリッチになっていくことでコンテンツ提供側の人間にとっては「タダ乗り」されてしまったような気もなくはない(勿論、クリックされることで広告収入が入るわけなので、クリックされることは運営者側にとっても良いことなのだが)。

広告業界の中では「広告を面白くする」流れがある。もし、広告業界のクリエイターが本気になって取り組み「バナー広告」が今よりもっと面白くなったら?例えばバナー広告にカーソルを合わせるとドラクエ1が起動し途中まで遊べたりしたら?平行してAndroidにアプリがダウンロードされ、ブラウザでプレイした続きからAndroidで遊べたりしたら?そんな「広告」が普及してきだすと「サイトの中身」より、みんな広告に夢中になってしまうのではないか?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

夜中もLINE気になって眠れない? 中高生の苦い体験〈AERA〉

 日本で3人に1人が使う無料通話アプリ「LINE」によって、“会話”は格段に速く簡単になった。無料で通話やメールができ、スタンプや絵文字を送ったり、グループを設定すれば一度に最大100人にメールを送信したりできる。一方で、メッセージを読んでも返信しないことが「KS(既読スルー)」と呼ばれるなど、独特のタブーも生んでいる。特に、些細なやり取りが教室の空気を一変させる中高生の間では、即レスしないと外されるなど暗黙のルールができ、LINEがらみのいじめやトラブルが急増している。

 クラスの友だちにLINEの画面を見せられて、中学2年のA君は急に怖くなった。「デブ」「死ね」「キモイ」…自分への悪口が並んでいる。友だちが“証拠”画像として残していたのは、先輩たちも入っているグループ内の会話だった。自分も入っているはずなのに、知らない間に外されていた。

 担任教師が悪口を書いた生徒を注意し、事態はおさまった。でもまた始まると感じている。

「学校で僕の話がどれだけ広がっているのかわからない。気になって仕方がない」

 高校2年生のBさんは、一晩に100件以上入ってくるLINEのメッセージを常にチェックしている。以前から学校を休みがちだったが、最近は朝起きられず遅刻してしまい、勉強する気もなくなってしまった。それでもLINEが手放せないのは、苦い体験をしたからだ。

 LINEを見ないで学校に行った日の昼休み、いつも一緒に弁当を食べている友だちに避けられた。「今度はあいつが外された」という視線が、クラスじゅうから向けられた。きっかけは前日夜のLINE。

「何ですぐ学校休むの」

 そのメッセージに気づかず、無視したと思われた。ちゃんと返信していれば、こんなことにならずに済んだのに──。仲直りできたが、夜中もLINEが気になって眠れなくなった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

商品頼んだのに届かない…あやしい「詐欺サイト」の見分け方は?

 「インターネットで商品を頼んだのに届かない」というトラブルが急増している。海外の事業者が国内事業者を装って販売しているケースも多いとみられ、取り締まりは難しい。関係団体は詐欺サイトにだまされないよう注意を呼び掛けている。(村島有紀)

 ◆丸ごとコピー

 公益社団法人「日本通信販売協会」(JADMA、東京都中央区)によると、今年度上半期(4~9月)、同協会が設置する相談窓口「通販110番」に寄せられた相談件数は4309件(前年度同期比57・1%増)と急増。中でも、ネット販売で代金を振り込ませるなどの「ネット通販詐欺サイト」の相談が1701件(同6・8倍)と急激に増えた。

 詐欺サイトは海外の通販事業者に多いとみられるが、最近は国内の銀行に口座を開設するなどして見分けがつきにくくなった。国内に実在する事業者のホームページを丸ごとコピーし、銀行口座を変更するなどして代金を振り込ませる手口も増えている。

 「通販会社の銀行口座にお金を振り込んだが、商品が届かない」「偽物が届いた」といった相談もあり、同協会の相談室長、八代修一さんは「数年前は一応、商品が届くケースが多かったが、最近は商品も届かないケースが増えた。品物も以前はブランドの衣料品やバッグ、時計などの高級品が多かったが、現在は200円、300円程度の生活雑貨まで商品の幅が広がっている」と指摘。そのうえで「詐欺サイトの開設者はサイトを開くだけで金が振り込まれ、商品を送る手間もないため、詐欺サイトが増えている印象」と話す。

 ◆先払いしない

 あやしいサイトを見分ける方法として、同協会が挙げるのが、特定商取引法とその規則に沿った義務表示が行われているかどうかだ。例えば、会社情報。法律では、事業者の名前、住所、電話番号、責任者名の表示が求められているが、詐欺サイトではない場合がある。あったとしても実際には存在しない住所地だったり、空き家だったりするケースもある。

 消費者庁が公開している「模倣品の販売が確認された海外ウェブサイト」の一つ、「Jennus.com」(http://jennus.com)の場合、住所、電話番号、責任者名の表示はある。しかし、住所をネットのマップで検索すると、別名の表札がかかった民家で、電話はつながらなかった。

 支払い方法がクレジットカードの場合は、商品が届かないときはカード会社を通じて支払いを中止することができる。そのため、詐欺サイトでは、代金先払いで銀行口座に振り込ませることが多い。

 八代さんは「支払い方法にクレジットカードを選択できるように見えても、実際にクリックすると、『ただいま事情により使えません』といった表示が出て、個人口座などに誘導される。詐欺の疑いがある場合は都道府県の警察が設置するサイバー販売相談窓口と金融機関にトラブルを伝えてほしい」とアドバイスする。

 警察などに通報することで被害の拡大を防ぐことができ、金融機関の口座凍結ができれば口座の残金が被害者に返金され、被害を回復できるケースもあるという。

 ◆「通販110番」((電)03・5651・1122)は平日午前10時~正午、午後1時~4時。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

LINE世代は「返信」をしない!? 「KS(既読スルー)」でコミュニケーションが変わる

ユーザー数が2億人をはるかに超えるなど、急成長を見せるLINEへ世間の注目は高いものがあります。

つい先日も、1カ月間に約1000通のLINEメッセージを、教え子の女生徒に送った男性教師が懲戒処分になるなど、LINEにまつわるニュースは後を絶ちません。

これは、メールや携帯、掲示板やフェイスブックなど、その時代その時代で流行しているコミュニケーションツールが、その都度メディアからやり玉に挙がりがちなだけで、LINEそのものに罪があるわけではありません。

ところが、LINEの急激な普及のおかげで、この国のコミュニケーション作法に大きな変化が生まれているのは間違いのないところです。

現代のコミュニケーションを変えた「KS=既読スルー」

LINEには、送ったメッセージを相手が読んだかどうか(厳密には表示したかどうか)が分かる機能があります。

相手がそのメッセージを開いた時点で、自動的に「既読」マークがつきます。「既読」になったのに返信がないことを、「既読スルー」といい「KS」と略されたりもします(「既読through」なのに、なぜ「KS」なのか?「KT」じゃないのか? というツッコミはさておき)。

この既読機能、送った方としては相手が読んだか、読んでないかがはっきり分かります。逆に、分かってしまうので、返事がないと「あれ…?」と、当惑することに。

いっぽう、送られた方としても、いったん開いてしまうと即、相手に「既読」が伝わってしまうのは不都合というもの。「返信しなきゃ」とプレッシャーがかかるし、返信しにくい内容だったり、検討が必要だったりすると、つい放っておいて忘れてしまうことも。なんなら、まだ読んでないことにしたい、気づかなかったことにしたい。だけれども、その融通は利かない…。

「既読をつけずに内容だけ読みたい」という多くの声をよそに、現段階では、既読をつけずに読む設定はありませんし、一度ついた既読を未読に戻す機能もありません(ちなみにフェイスブックメッセージには、一度開封したメッセージを未読に戻す機能がついています)。

思い起こせば20年ほど前、PCメール黎明期には「開封通知」メールがよく届いたものです。開封すると「開封したことが送り手に通知される」というもので、「ちゃんと届いたのかな? 読んだのかな?」という不安を解消すべく利用する人もいましたが、最近ではめっきり見なくなりました。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動