1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

能年玲奈、『あまちゃん』後、初ドラマで宮本武蔵に~『世にも奇妙な物語』

朝ドラ『あまちゃん』で国民的人気女優となった能年玲奈が、フジテレビ系オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語‘14春の特別編』(4月5日、後9:00~11:10)の一編「空想少女」に出演することが明らかになった。『あまちゃん』後、初のテレビドラマで能年は、空想の中で戦国武将や宮本武蔵などに扮し、甲冑(かっちゅう)を身にまとい、なぎなたを手に殺陣も披露。能年は「アクションにすごく興味があったので、これはもう頑張らなきゃ! と思いました」と全力で挑んだ。

<別カット>甲冑姿で凛々しい表情を浮かべる能年玲奈

 「空想少女」は、『5分で読める! ひと駅ストーリー 乗車編』(宝島社文庫)に収録された、おかもと(仮)氏の「空想少女は悶絶中」が原作。能年は、通学中のバスの中で歴史小説を読み、その世界に浸りつつ空想を繰り広げる女子高生、朝比奈薫を演じる。理想のタイプは石田三成といういわゆる“歴女”で、途中からバスに乗車してくるイケメン高校生・美沢春斗(入江甚儀)を三成に置き換え、憧れのまなざしを向けているが、彼と口をきいたこともなければ、名前すら実は知らないという控えめな性格の女子高生。その反動のように彼女の空想はどこまでも広がっていくのだった。

 「こういう風にやりたい、こんな風に動きたいということをたくさん想像しながら、このキャラクターをどう膨らませていけばいいか、楽しみながら考えました」と、主人公の薫さながらに想像力を働かせながら役作りをしたという能年。「女の子同士の戦いのお話です。私は女の子の世界観で突っ走るものが大好きなので、楽しみながら演じさせていただきました。ぜひ、ご覧ください」と会心の出来であることを伺わせた。

 タレントのタモリがストーリーテラーを務め、毎年、春と秋に放送されている同シリーズ。今回は、「空想少女」のほかに、生前に共同墓を購入したことをきっかけにできた“墓友”に人生を狂わされてしまう「墓友」(出演:渡辺えり、真野響子)。高校の体育教師が呼び出された停電した病棟で息子の担当医からある事実を告げられる「復讐病棟」(出演:藤木直人、赤井英和)。就職浪人の男が引っ越してきたアパートにはホログラムによる自分専用のコンシェルジュが設定できるシステムが備わっていた「ニートな彼とキュートな彼女」(出演:玉森裕太、木村文乃)。事故に巻き込まれ亡くなった映像ディレクターが見た走馬灯の出来の悪さから、自ら走馬灯を編集することになる「ラスト・シネマ」(出演:榮倉奈々)の全5編が放送される。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「聴覚を失った現代のベートーベン」佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか?

事実を知れば知るほど、実に「巧妙なウソ」だったことが分かる。

言うまでもなく、天才作曲家とされた佐村河内守氏のことだ。
テレビ関係者もまんまとダマされていた。

元テレビドキュメンタリーの制作者で現在はテレビ批評をやっている私のところに週刊誌や新聞記者などから次々に電話がかかってくる。

「それにしてもなぜテレビドキュメンタリーで長期取材した時にウソが見抜けなかったのでしょうか?」
「テレビドキュメンタリーで取材する時に事実の確認はしないのでしょうか?」
そんな質問を記者たちから投げかけられる。

しかし、結論から先に言えば、仮に私自身が佐村河内守氏のドキュメンタリーを企画し、取材したとして、そのウソを見抜けたのか、と問われたなら、それをウソだと見抜くことは難しかっただろう。おそらく、私もまんまとダマされただろうと想像する。

それくらい新聞・雑誌記者やテレビ制作者、視聴者・読者たちの「心理」をついた巧妙なストーリーだったのだ。

だから、今回のことではもちろんテレビ関係者などが反省しなければならない点があるとしても、番組制作にかかわった人たちを必要以上に責めても百害あって一利なしだと考える。

佐村河内氏を取り上げたマスコミ報道で、一番話題を呼んだものが、昨年3月31日に放送されたNHKスペシャル「魂の旋律~音を失った作曲家」だった。
被爆2世で聴覚を失った作曲家・佐村河内氏が東日本大震災で両親を失った宮城県の少女と対話して、心を通わせる、というドキュメンタリーで、「心の奥に深い悲しみを持った人間同士」の魂の交流が感動を誘った。

そもそもマスコミも日本国民も「ちょっと感動できる”いい話”」が大好きだ。

「全盲のピアニスト」など、ハンディキャップを乗り越えて活躍する「天才」は、見渡せば片手で足りないほど存在する。

音楽性そのものが評価されている、などと言いながらも、どこかでその「ハンディキャンプ」そのものも、その音楽家の「売り」のひとつになってしまっているのも確かだ。少なくともコンサートに出かけ、CDを購入する側からすれば、その音楽家がもし「健常者」だったら、同じように熱狂するのかと問われた時、「障害を持っていること」がある種のバイアスをもたらして高く評価してしまう面がないと言い切れる人はよほどの音楽通なのだろう。

それぐらい、「障害を持ち、それを乗り越えた」という「天才」が、同じように「痛みを持った人たちを励ます」というストーリーはこの世にあふれ、それを欲する人々がいる。

佐村河内氏は、こうした日本人や日本のマスコミの「いい話好き」のメンタリティを利用して、多くの人に「ウケるストーリー」を作り上げ、その主人公を演じていたのである。

そこでマスコミの側に目を転じれば、こうした「いい話」の企画があれば、これを大きく取り上げたい、と考えるのはマスコミの習い性として躊躇はない。まさか、その本人が虚構だ、などとは夢にも思わないだろう。少なくとも今回の事件が発覚する前は、関係者の脳裏にこうした感動物語の主人公が実はウソだらけなどとは想像しない。

実際に取材する時も、相手をそういう「ハンディキャップを抱えた天才」だと言う目で見てしまうから、多少疑問な点があったとしても「天才とはこういうものか」などと自分を納得させることだろう。

おそらくNHKスペシャルの取材スタッフも「この人、本当に耳が聞こえないのか? そうは思えないほど、ちゃんと我々の言うことを理解している」と驚いたに違いない。だが、それはこの「作曲家」への「疑念」というよりも、「驚嘆」だったはずだ。「これほど普通に振る舞えるのは努力のたまもの。すごい努力の人に違いない」と。

NHKスペシャルで言えば、話を持ちんだディレクターが、「フリーディレクター」だったことも背景にある。
「フリーディレクター」というのは、いろいろな番組に企画を持ち込み、1本いくらで番組を制作して稼ぐ仕事だ。

想像するに、このフリーディレクター氏の立場では、「自分は佐村河内氏と深い信頼関係がある。自分が取材するならば佐村河内氏はOKする」と言って、NHK側に売り込んだはずだ。それで企画を通し、NHKスペシャルだけでなく、撮影した映像を「あさイチ」などでも展開して、独自映像として活用した。NHKスペシャルの放送後には、NHK出版から取材をまとめた本まで出している。

このフリーディレクターには、佐村河内氏のネタは「自分だけができる独自ネタ」で、「メシの種」。まさに「生命線」だったのに違いない。

だから、彼自身がもし取材のプロセスで「疑念」を持ったとしても、自分の「メシの種」である佐村河内氏を貶めるようなことはできるはずがない。
当然、佐村河内氏への見方も甘くなる。

佐村河内氏の「天才ぶり」や「神秘的能力」「被災者への思い」を示すような肯定的な描き方をしようとするインセンティヴが働いてしまう。
疑問に思うのは、このフリーディレクターは佐村河内氏を数年間も取材しているようだが、そのウソを本当に知らなかったのかどうかだ。

ひょっとしてフリーディレクター自身も「共犯者」だった可能性はないのか。

もし、そうだとすれば、テレビドキュメンタリーへの痛手は大きい。

この問題は、現在、NHKで事実関係を調査中のようだが、いずれ発表せざるえないだろう。

今回の事件が発覚したことで、テレビや新聞の「いい話」の裏に主人公による「作為」や「詐欺」が入りこめるということが明らかになった。テレビのドキュメンタリーを制作する人間にとっては、「相手が本当のことを言っているのか」「ウソをついているのではないか」などと、醒めた目で再確認しなければならなくなった。

この数年、テレビ報道の世界で起きている不祥事の中には、「本人がウソをつく」というタイプのものがある。
たとえばiPS細胞の臨床応用を世界で初めて実施したとした森口尚史氏のウソ(日本テレビが報道)、岐阜県庁の裏金問題を証言した元会社役員のウソ(日本テレビが報道)、飲料水ビジネスで原発事故以降に利用者が増えていると証言した客のウソ(実は客は飲料水販売会社の役員の妻だった。日本テレビが報道)。出会い系サイトを利用した詐欺事件の被害者を弁護士に紹介されてインタビューを放送したら、弁護士事務所の関係者だった(日本テレビが報道)。

これらはみな、取材者が自分の足を使わずに取材し、ネットに頼ったり、会社・弁護士などに「紹介してもらう」という取材方法を取っているという最近の現場取材の劣化がもたらしたものだと、私は批判してきた。
上記の例は取材としては誰が見ても明らかに幼稚なレベルで、ちょっと本人確認をするとか、会社側に安易に紹介を頼まないという取材姿勢や、取材経験が豊富で「人間を見抜く力」がある程度あれば、防げたはずのものだ。

それに比べると、今回の佐村河内氏のケースは、本当に巧妙で見抜くのは難しい。

障害者手帳も持っているというが、仮に障害者であることも医師や行政官の前でウソをついて判定者も見抜けなかったのなら、障害の専門家
ではないマスコミ関係者が見抜くのは容易ではない。

ドキュメンタリーの場合、証言者が本当かウソか、記憶が確かか、裏はあるかなどを検証しながら、映像素材を確認する証言型のドキュメンタリーも存在する。

しかし、今回のNHKスペシャルのような人間を描くドキュメンタリーでは、その人物が実は偽者などとは露ほどにも思わない。
予め、佐村河内守という「素材」が世間で言われている通りの前提の人物だとして、さらにその人間性の秘密なり天才の秘密なりを描こうとする。

その人物の本質的な魅力をテレビというメディアでいかに表現できるか。そこに制作者は心を砕く。

そのためには、取材する相手に共感し、相手の人間的な一番深いところをどうやって引き出してやるかに頭を悩ますのが人間を描くドキュメンタリーの仕事だともいえる。

そこにも「疑念」を持ち込まねばならなくなるとしたら、佐村河内氏による「ウソ」がテレビ制作の現場に与える影響は少なくないだろう。
ただ、巧妙で悪質なのはあくまで佐村河内氏本人だ。

(もし、取材したフリーディレクター自身が「共犯者」でないのであれば)ダマされてテレビドキュメンタリーの放送に関わった番組制作者までが萎縮して、テレビドキュメンタリーの現場が意欲的な作品づくりを躊躇するようになる事態は避けなければならない。

むしろ、NHKは今回の事態を逆手にとって「なぜ私たちはダマされたのか」をテーマにしたNHKスペシャルをぜひ制作してほしい。
これが検証番組、訂正番組になりうるし、そもそもこの種の「いい話」に弱いマスコミ全体、あるいは日本人全体に警鐘を鳴らす番組になるだろう。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

若者がテレビを見ないのはコミュニケーションの問題?

最近よく耳にするのが「テレビは見ない」という言葉です。ラジオでも、博多華丸・大吉の博多大吉さんや、とんねるずの石橋貴明さんが、今の若者がテレビを見ない状況について、語っていました。

大吉さんは、多くのテレビ番組は30代の人にわかるように作られていて、20代にはわからないものも多いようだとコメントし、石橋さんは、テレビを見ないと言われているが、「家政婦のミタ」のように視聴率40%を超えるものがある。だから、あきらめてはいけないとのこと。

また、千原ジュニアさんはテレビ番組の中で、以前気になった女性がいたものの、その女性と食事をした際に、あまりにも「テレビを見ていない」ことを強調する姿に疑問を感じて、それ以来会っていないというエピソードを披露していました。

ツイッターを検索してみても、「テレビは見ない」というツイートがかなり見られます。では、なぜ「テレビは見ない」という人が多いのでしょう。

* テレビはそれ自体がコミュニケーションツールとして機能しない

一つには、テレビが、TwitterやLINEのようにそれ自体にコミュニケーションのツールにはならないということがあるでしょう。テレビにも「dボタン」という双方向ツールがあるじゃないか!という意見もあるかもしれませんが、そのコミュニケーションはテレビ番組とのコミュニケーションに過ぎず、「dボタン」によって誰かと個人的なつながりを得ることはなかなか難しいでしょう。

もちろん、数十年前の日本であれば、昨日見た番組の話をすることで話題を共有してコミュニケーションにつなげることはできましたが、今は何かの番組の話題でコミュニケーションの手助けをするというケースは、以前よりも減っていると思われます。

* テレビは体験として認識しにくい

年々、体験の価値があがり始めていると言われ、CDを買うよりライブに行くほうが満足度が高くなっている世の中です。だから、CDは体験のためのチケットとなりつつあります。テレビを見るということは、CDを聞くのと同じで、体験としては弱い。Facebookにテレビを見たことを書く人があまり見られないのも、それが写メを撮ってアップするような自分の体験ではないからではないでしょうか。

* コミュニケーション弱者であるような気分になってしまう

やはりこれもコミュニケーションの話になりますが、リアルタイムでテレビ番組を見るという状況は、基本的に家にいて「ぼっち」であるという状況をイメージさせるでしょう。もちろん、友達が来て、家で一緒にということも考えられますが、「テレビは見ない」と言っている若者がわざわざ集まってテレビを見るという状況は少なそうです。

こうした、テレビを見ているということは、孤立していていて、コミュ力のなさを露呈させてしまうという気持ちが関係して、「テレビは見ない」と言う人が増えているのではないでしょうか。

* テレビのネタより自分たちのネタのほうが大事

テレビから流れてくるネタは、誰が結婚しようと誰がランキングで一位をとろうと誰がドラマで主演をしようと所詮他人のネタです。昨今は、地元志向が高まっていたり、「うちら」という自分が主体のコミュニティが重要視される中、「知らない」誰かがどうしたということでは、心は動かされません。テレビのネタが自分のネタだと思えるような出来事、例えば「じぇじぇじぇ」や「倍返しだ!」が流行語になったとき、つまり、流行語を使って自分のコミュニケーションに役立ったときだけは、自分のネタになりえた瞬間ではないでしょうか。また、誰かのファンであり、ファンのコミュニティに自分が属しているときも、自分のネタとしてテレビを消費できるでしょう。

* テレビを見る事は能動的な行動にみなされない

インターネットが出てきてから、人々は、自分の好きなものを取捨選択して見るということが多くなりました。しかし、テレビは、この番組を選択して見るというイメージよりも、だらだらと流れているものをこちらが受けているとみなされることの方が多いでしょう。もちろん、多大なテレビ番組の中から、これを見るという選択をする場合もあるのですが、時間的に一日中流れてくる情報を、自らの意思をもってとりにいっているという感覚は起きにくいでしょう。断捨離がブームになりましたが、今は雑多な情報をできるだけ多く受け取るというよりも、こちらが意思を持って取捨選択しているという感覚が欲しい人のほうが多いのではないでしょうか。

いろいろテレビが見られない状況を類推してみましたが、私は実のところ四六時中テレビを見ている人間です。テレビを見てはTwitterばかりしているため、いつも家にいるかわいそうな人として見なされたことも何度もあります。現在、「テレビを見ている」ということは、「テレビは見ない」という人より、イメージとして、圧倒的になんかカッコ良い感じがしないのは事実です。そこには、コミュニケーション弱者の匂いがするからでしょう。

でも、テレビはTwitterなどのツールとつながれば、コミュニケーションのネタになることも多々あります。「家政婦のミタ」がTwitterやネットの書き込みによって視聴率を獲得したり、「あまちゃん」や「半沢直樹」など、見ていることでコミュニケーションにの助けになるものが出てきたのは、テレビの将来にとっても何かのヒントになったのではないでしょうか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

石原さとみは“小悪魔な人妻”、水原希子は“セフレ”……松潤を翻弄する女性キャストたち

 来年1月よりスタートする嵐・松本潤主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「失恋ショコラティエ」のキャストが25日、発表された。松本演じる主人公・爽太が思いを寄せるヒロイン役には女優・石原さとみが決定。そのほか、水川あさみ、水原希子、有村架純らの出演が明らかになった。

 同ドラマは、累計120万部を発行する水城せとなによる同名コミック(小学館フラワーコミックスα)が原作。製菓学校に通う小動爽太(こゆるぎそうた)が、高校時代に一目惚れした先輩の女性を振り向かせたい一心で、フランスで修行に励み、一流のショコラティエになって帰国するも、彼女はすでに結婚しており、すれ違ってしまうという片思いの恋愛を描いたラブストーリー。

 石原が演じるサエコは、学生時代は「各学年の一番のイケメンと次々付き合ってきた女」として知られ、常にイケメンと付き合ってきた、爽太いわく「手の届かない幻のチョウのような」人という魔性系女子。天真らんまんに、しかし思わせぶりに振る舞い、天然なのか計算なのかわからない女子力の塊のような女子で、劇中では人妻となりながらもイノセントで空気の読めない言動で爽太を惑わせ続ける……という役どころだ。

 そのほか、爽太の父が経営するケーキ屋の従業員で、爽太が一流のショコラティエとして帰国したのち、一緒にチョコレート専門店「ショコラヴィ」を始めることになる井上薫子(いのうえかおるこ)役には水川あさみ。また、爽太と同じように一人の男性に猛烈に片思い中で、爽太と意気投合したことから肉体関係を持ち、いわゆる“セフレ”となるモデル・加藤えれな役にはモデルの水原希子。また、爽太がフランスでショコラティエ修業をしていたときに親友となったフランス人(ドラマではフランス人と日本人のハーフ)オリヴィエ・トレルイエ役には溝端淳平。そんなオリヴィエに片思いされる爽太の妹、小動まつり(こゆるぎまつり)には有村架純がそれぞれ決まっている。

 「失恋ショコラティエ」は2014年1月スタート。毎週月曜午後9時~9時54分放送。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「誰それ……」井上真央NHK大河『花燃ゆ』“超マイナー主人公”に、大河ファンから不満噴出か

 2015年のNHK大河ドラマが、井上真央主演『花燃ゆ』であることが発表された。

 井上が演じるのは、幕末の長州藩士・吉田松陰の妹・文(ふみ)。尊皇攘夷運動をけん引した久坂玄瑞に嫁ぎ、のちに毛利家の奥女中となる人物だ。

 明治維新の志士たちを間近で見つめた文を通し、激動の時代を描くというが、マイナーすぎる主人公に、大河ファンから不満が噴出しているようだ。

「3日に行われた会見では、井上さんも『どういう人物かパッと思い浮かぶ偉人ではないので、不安もあります』と本音を漏らしていた。大河ファンは、ただ時代劇が好きなわけでなく、実際の歴史が現代に再現されるところにロマンを感じている。最近は、歴史小説を原作にしていないオリジナル脚本も多いですが、せめて主人公は有名な人物であってほしいと思う視聴者は多いようです。また、文は資料もかなり少ない。文が劇中、どれだけ歴史に影響を及ぼすかは分かりませんが、『花燃ゆ』はファンタジー色が強くなる可能性もあります」(テレビ誌ライター)

 また、一部大河ファンからは、主人公に対し「また女優か……」という声も。63年に開始されたNHK大河ドラマだが、07年まで主人公はほぼ男性俳優が務めてきた。それにより、かつては「朝ドラは女優、大河は男性俳優」というイメージが広く定着していた。

 しかし、08年に宮崎あおい主演『篤姫』が平均視聴率29.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出してからは、だいたい一年おきに女優が主役を務めるようになった。

「NHKは、『篤姫』の成功を忘れられないでいる。昨年の松山ケンイチ主演『平清盛』が、視聴率1ケタを記録し大コケ。視聴者の“大河離れ”が加速したため、NHKは視聴者を取り戻すのに躍起になっている。『平清盛』は、時代状況のリアルさを追究するあまり、兵庫県知事から『画面が汚い』とクレームが入り、局内で問題になったことも。美人女優を主人公に起用すれば、そんな批判も起きないでしょうからね」(同)

 近ごろは、“朝ドラ”ばかりが注目されているNHKだが、『花燃ゆ』は、『篤姫』に続くヒット作となるだろうか?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動