1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

広島投手陣支える異色のスタッフ スコアラーから転身した畝コーチ

 23年ぶりの優勝を目指す広島は、23日のヤクルト戦(神宮)に勝って首位を堅持。リーグ断トツのチーム防御率2・87を誇る投手陣の陰には、新任の変わり種コーチの存在がある。

 畝龍実(うね・たつみ)投手兼分析コーチ(49)。氏名も珍しいが、肩書も珍しい。

 現役時代は変則的な横手左腕だったが、プロ4年間で通算7試合&0勝0敗。引退翌年の1993年から昨季まで21年間スコアラー一筋。特に88年ドラフト同期の野村監督からの信頼は厚く、昨季まではベンチで指揮官の隣が指定席だった。

 データ分析などスコアラー本来の職務のほか、「動作解析のエキスパート」といわれ、投手・野手を問わず、好調時と不振時のフォーム映像を見比べながら選手にアドバイスを送る特殊技能を評価されていた。今季からコーチの肩書を与えられ引退後初めてユニホームに袖を通している。職場はベンチの監督の隣からブルペンへと移った。

 「去年までは、選手にアドバイスするにも本職のコーチに遠慮があって言いたいことの半分も言えなかった。今年は思う存分やれている。コーチの肩書をもらったおかげで、試合だけでなく選手の練習も見られる。『この投手は試合では自信を持てなくて使っていないが、実はこんな球種も持っていたのか』といった発見がある」と手応えを感じている。

 知る人ぞ知る、昭和の香りを残すイケメンでもあり、周囲には「西城秀樹そっくり」との声も。

 そんな畝コーチのイチオシは、6年目の今季急成長を遂げ、中継ぎで活躍中の中田廉。今季8試合に登板して13回1/3を投げ無失点を続けている。

 「去年まではストレートが“おじぎ”していたが、今季は逆にスピンがかかり、打者から見てホップしてくるような伸びがある」と畝コーチ。目立たないが、“ウネ効果”はじわじわと広がっているようだ。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

桑田・清原のPLと名勝負を繰り広げた池田高校、新たな旋風を起こせるか

27年ぶりの甲子園で、劇的な逆転サヨナラ
♪池高 池高 おお われらが池高

 久々に流れた校歌に、ちょっと感傷的になった。おそらく4万4000人の観衆の何割かは、同じ思いを共有したはずだ。なにしろ、センバツには27年ぶりに出場した池田。甲子園で勝つのは、24年ぶりだった。岡田康志監督はいう。
 「大声援に後押しされ、終盤に力以上のものが出ました」

 センバツ高校野球2日目、第2試合。池田は、同じく27年ぶり出場の海南と対戦した。終盤まで3点リードされる苦しい展開。往年の山びこ打線は沈黙し、7回までわずか1安打だ。ところが、8回に目が覚めた。4本の長短打で1点差とすると、9回には代打で途中出場していた林涼平のヒットで逆転サヨナラ勝ち。先頭打者がヒットで出たあと、併殺と思われた打球が相手エラーで無死一、二塁とチャンスが広がり、さらに送りバントが内野安打となった無死満塁からの劇的な決着だった。

 甲子園の魔物を味方につけてのサヨナラだから、校歌がより感傷的に聞こえた。敗れた海南の森本直寿監督は、こううめいたものだ。
 「リードしていてもそう感じさせない、目に見えない力があったように思います」

荒木大輔の早実、KK(桑田真澄・清原和博)のPLとの伝説の名勝負
 高校野球は80年代前半、さながら戦国時代のように群雄が割拠した。
 79年に箕島が春夏連覇すると、80年には荒木大輔の早稲田実が頂点まであと一歩と迫る。そして82年には、金属バットにパワーを乗せた池田の山びこ打線が、その荒木の全国制覇の野望を粉砕。そのストーリーは、史上初めての夏春夏3連覇を目ざした池田に、PL学園の1年坊主・KK(桑田真澄・清原和博)が圧勝するのだが、このあたりの年ごとの盟主の推移は、信長・秀吉・家康と連なる大河ドラマのようだ。

 で、池田である。畠山準(元横浜など)をエースに優勝した82年夏に続き、83年のセンバツも制した。史上4校目の、夏春連覇だった。このときのエースが、水野雄仁(元巨人)だ。前年夏の早実戦では、荒木を打ち砕く大アーチ含む4安打6打点と野手として活躍し、83年春はエースとして3試合完封を含む5試合オール完投。自責点ゼロ、防御率0.00という圧巻ぶりだった。のち本人に聞いたことがあるのだが、「あのセンバツの抽選では、相手どうこうより、朝の早い第1試合を引かないようにとだけ願っていた。それほど調子がよく、どこが相手でも勝てると思っていましたから」

 事実、東の横綱といわれた帝京が初戦の相手でも、11対0と赤児の手をひねるようなもの。その後も水野の力投と山びこ打線の爆発で、頂点にたどり着いた。



愛すべき名将、蔦文也監督のもとで
 急峻な四国山地と阿讃山脈に囲まれた山間部にある山あいの町・池田町(現徳島県三好市)。池田のグラウンドのレフト後方には四国三郎・吉野川と山脈があり、その山にこだまする爽快な打球音からついたのが、山びこ打線という代名詞だ。初球からでもがんがん打ちに行き、九番打者でもホームランを放つ豪快なバッティング……。そしてその人気は、蔦文也監督の愛すべきキャラクターで、さらに増幅した。

 社会人・全徳島時代は都市対抗に3度出場し、プロ野球・東急フライヤーズにも在籍した蔦が、池田の監督になったのは1952年のことだ。71年夏、甲子園に初出場し、74年のセンバツでは部員わずか11人というさわやかイレブンで準優勝。「山あいの子らに大海を見せてやりたかったんじゃ」という詩情、「ワシから酒をとったら野球しか残らん、野球をとったら酒しか残らん」と公言するキャラクター、そして七福神の寿老人のような独特な風貌も相まって、池田は史上まれな人気チームとなった。79年の夏も、春夏連覇する箕島に敗れたが、準優勝。いまチームを率いる岡田は、そのときの選手である。

 かつて、さわやかイレブンのときのエース・山本智久さんに話を聞いたことがある。やはりイレブンのメンバー・石川武吉の営む、徳島市内の焼き鳥屋『武吉』でのことだった。
 「僕らが入ったころは、ブン(蔦)も50歳前のバリバリです。練習が厳しいから、新入部員は10人以上いても、次々にやめていって残るのは4、5人。人数が減れば、さらに一人アタマの密度が濃くなるしね。実は74年、センバツ出場が決まってからも、一人やめているんです。だからイレブンではなく、12人だったかもしれない。それでも2学年で11人なら、多いほうじゃなかったかな」。

 当時の蔦は、のちいわれるような攻めダルマではない。少々芯を外れても、力があれば打球が飛ぶ金属バット導入以前。74年のセンバツ初戦はホームスチールで勝っているように、野球は緻密だった。バントに足をからめ、アウトと交換に塁をひとつずつ進めていく泥臭い野球である。だが、細かい野球では自らの母校・徳島商になかなかかなわないと痛感。打って打って打ちまくる、打撃重視のチームに徐々に変貌していった。なにしろ練習は、キャッチボールもろくにしないでいきなりフリー打撃である。当時では革新的だった筋トレに積極的に取り組み、打力を磨いた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

金田正一氏 現役時代の球速は時速180キロだったと振り返る

400勝投手の金田正一氏は、文字通りプロ野球の歴史の生き字引でもある。現役時代の球威についてや、往年の名選手たちと麻雀卓を囲んだ思い出について、金田氏に聞いた。

──現役時代の監督(本誌記者は金田氏のことをこう呼ぶ)の球はどれぐらい速かったんですか?

金田正一(以下、金田):180キロは出ていたんじゃないか。

──もう一度お願いします。

金田:やっぱりお前はワシをバカにしとるだろう。国鉄時代、ある地方球場での阪神戦でこんなことがあったんだ。ワシが投げる度に阪神の打者が首を傾げるのよ。それで金田正泰さんの打席でタイムがかかり、何やら主審に話しかけるとベンチから監督まで出てきた。するとマウンドに集まった審判が、メジャーを持ち出してバッテリー間の距離を測り始めたのよ。

──試合中にですか?

金田:ワシの球があんまり速いからマウンドからホームベースまでの距離が足りないという疑いがかかったんだ。短いはずがない。阪神の投手も同じ場所から投げとるんじゃからな。それぐらいワシの球は速かったんだ。

──その真逆の超スローカーブも、「2階から落ちてくる」といわれるほどだったそうですね。

金田:ワシのカーブは山なりの球がホームベース上でストンと落ちる。捕手はミットを空に向けて構えていたよ。そこにストンとカーブが収まるんだ。しかも速度にして60キロ前後。180キロのストレートと同じフォームから投げるわけじゃから、当たるわけがない。大抵の打者はバットを合わせるのが精一杯だ。

──誰も打てそうにない。

金田:ただ、阪神の吉田義男だけには打たれたな。ワシのストレートは速すぎてホームベースで浮いてしまうから、吉田みたいにチビだと全部ボールになってしまう。それに吉田はバットを短く持って前かがみに立つから、ストライクゾーンなどありゃせん。仕方ないからカーブを投げると、それを待ってやがって、コツンと当ててヒットにされてしまうからな。参ったよ。

──吉田氏の名前が出ましたが、試合以外で選手同士の交友はあるんですか?

金田:麻雀はよくやったな。オールスターゲームの遠征では、夜になると南海の野村(克也)や杉浦(忠)らを集めて卓を囲んだもんだ。ワシは5歳から麻雀をやっていたからな。大スターのワシが声を掛けて、断わった選手はまずおらんかった。

──王氏や長嶋氏とも麻雀を?

金田:長嶋とはよく囲んだぞ。ただな、これは今でも謎なんだが、長嶋は役牌どころか麻雀のルールそのものを知らんかったんじゃないかと思う。もちろんそつなく牌を並べたり、ツモ牌や捨て牌もする。しかも楽しそうに打っていた。だが、ワシは長嶋が上がったのを見たことがない。負けてもニコニコしているから文句はないが、ワシの野球人生の七不思議のひとつじゃ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

赤ヘル人気、拡大中 ダメな子ほど…!? カープ女子激増

 プロ野球セ・リーグで20年以上も優勝から遠ざかっている広島東洋カープの人気が、じわじわと全国に広がっている。今季は3位で16年ぶりにAクラス入りし、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは2位の阪神を下したものの、ファイナルステージでは巨人に3連敗で敗退。しかし、母性本能をくすぐる少し“ダメ”な部分が愛される理由といい、熱烈な若い女性ファンが「カープ女子」と呼ばれるまでに急増している。

 「応援したくなる。しがいがあるんです。ダメな子ほどかわいいって感じ」

 こう話すのは福島出身で、東京都内在住の大学2年生、星千尋さん(20)。以前は東北に根を張る東北楽天ゴールデンイーグルスのファンだったが、2年前に広島戦を知人の勧めで観戦し「赤ヘル軍団」のとりこになった。

 カープは今季こそCSに駒を進めたものの、万年Bクラスが定位置だ。平成15年に阪神に移籍した金本知憲さん(45)=昨年引退=ら、中心選手の流出が長年続くが、「その分、勝ったときの喜びが大きい。ファンの絆が強く、知らない人もすぐに球場で仲良しになる」と魅力を語る。

 広島県のアンテナショップ「TAU」(東京都中央区)では約250点の広島グッズを発売し、今季は在庫がなくなるほどの売れ行き。店長の村上祥平さん(27)によると、昨年7月の開業時は男性客が7~8割を占めたが、今年は約半数が女性客。村上さんは野村祐輔投手(24)や堂林(どうばやし)翔太内野手(22)の名前を挙げ「イケメン選手が増えたからでは」と分析している。

 22年には関東圏の広島ファン向けのフリーペーパー「Capital」が創刊。地元広島以外にもファンの輪が広がっている。

 今季は阪神ファンが牛耳る甲子園球場でも、カープの赤いユニホームが客席の半分を占めた。野村謙二郎監督は「ファンがいつもと同じ環境でやらせてくれた」と感謝し、来季の30年ぶりの日本一奪還を目指している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「虎女」を増やすには?…“肉食”ウリで「カープ女子」に続け

【シマチカ姉さんが行く

 「阪神にも虎女旋風、起こしたれ!」-。久々に阪神の川藤幸三OB会長が吠(ほ)えました。

 先日行われた甲子園歴史館の運営会議。年に約5回の企画を展開し、一度行けば、評判もいい記念館ではあるのですが、1年目の2010年こそ17万人の入館者を記録しましたが、2年目以降は毎年8万5千人と横ばい状態。このため、今年は「最低でも10万人」と議題に上ったのです。

 そこで、川藤OB会長が訴えたのが女性ファンの拡大でした。

 「今は女性が興味をひきやすいアイデアを考えんとあかん。男は女性に引っ張られたら付いていくもの。子供を引っ張るのも母親やろ」

 甲子園歴史館の担当者によれば「女性は全体の2割ぐらいでしょうか」とのこと。昨年は野球を愛する女性がおおいに増えた年だっただけに、約2割というのはちょっと寂しいかもしれません。

 今更ですが、女性の野球ファンで昨年最もメディアで取り上げられたのは「カープ女子」です。首都圏で、独特のスクワット応援による一体感に魅了される女性が急増。強かった時代の広島を知らない若い女性たちの心をつかんだ一つには、カープを題材にした漫画「球場ラヴァーズ」(石田敦子著、少年画報社刊)の存在も大きかったようです。

 野球にあまり興味のないヒロインたちの恋愛や人間模様が、チームの姿と重なり合って描かれ、熱いファンになっていく物語。野球の基本中の基本も知ることができ、野球を知らなくても抵抗なく入っていけます。

 阪神担当の私から見て、けなげに映るのも大きなポイント。資金力のなさから、育て上げた生え抜き選手が裕福な球団に次々取られていく-。若い選手たちは少ない給料で必死に頑張る。ファンもそんな選手たちをつい応援したくなる。広島を担当していた記者も「私が応援してあげなきゃ、と母性本能をくすぐられるっていうファンが実に多かった」とうなずいていたほど。今季不振だった堂林翔太内野手についても「人気が先行したばかりに苦しんでるなんてかわいそう。でも、私はどんな状況でも応援し続けるわ」という具合だったとか。

 ならば、常勝軍団になった阪神がいま一度、どん底に落ちれば、これまで野球に見向きもしなかった女性ファンを引きつけられるかも…。おっと、だめだめ、こんな自虐的なことを考えては。カープが「けなげさ」で訴えるのなら、阪神は猛虎というからには、やはり「強く猛々しく」。今どきの若い男性にはすっかり珍しくなった“肉食系”のたくましさ?で、ぜひとも若い女性をひきつけてほしいものです。いかがでしょう、川藤OB会長-。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。