1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

今年は小説売れました 実力派ブレークも人気「二極化」

 村上春樹さん(64)や百田尚樹さん(57)らのベストセラー小説が話題をさらった今年の出版界。情報会社オリコンが発表した年間ランキングでも文芸書の好調ぶりが裏付けられた。ただ書籍市場の縮小傾向に変わりはなく、ロングセラーと売れない本との二極化が一層進む現状もうかがえる。(海老沢類)

 オリコンの年間総合売り上げトップ10には、期間内の推定売上部数が98・5万部に達した村上さんの長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をはじめ、小説4冊が入った。これは調査を始めた平成20年以来最多になる。昨年末から今年11月までの累計売上金額でも文学・ノンフィクション部門は前年比110・1%に上り、好調ぶりは際立つ。

 背景には実力派作家の大ブレークがある。放送作家出身の百田尚樹さんは、出光興産創業者の破天荒な生涯をドキュメントタッチで描く本屋大賞受賞作『海賊とよばれた男』で読者層を一気に広げた。ソフトな印象のある過去の大賞作の中では異質な「男らしい」物語。価格のはる2巻本という逆風をよそに、期間内の推定売上部数は2巻合計で約137・8万部。人気は旧作にもおよび、映画公開を控えた『永遠の0(ゼロ)』は188万部で文庫部門1位に輝いた。

 直木賞作家の池井戸潤さん(50)は人気ドラマ「半沢直樹」の原作に火が付き、シリーズ最新刊『ロスジェネの逆襲』を含めた3作品の年間売り上げは約270万部に達した。手柄は自分のものとし、ミスは部下の責任にする-。銀行員の主人公は、そんな組織の理不尽に立ち向かい、〈倍返し〉を期する。『海賊-』と同様、社会や組織の“常識”に流されず、己の信じた道を邁進(まいしん)する型破りな人物像は、閉塞(へいそく)した時代に爽快感をもって受け止められるのかもしれない。

 総合2位は『医者に殺されない47の心得』(84・7万部)。がん治療の常識を覆す先駆的な意見が紹介され、医療や健康に関心が高い層に受け入れられた。昨年総合2位だった『聞く力』は今年も81・4万部で3位。『伝え方が9割』(同17位)や『雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール』(同20位)のように、ビジネスや自己啓発分野では個別の仕事の技術論ではなく、「基本的なコミュニケーションに焦点を当てた本の人気が定着した」(オリコン広報企画部の根田典子さん)といえそうだ。

 出版ニュース社の清田義昭代表は「ベストセラー小説が多く生まれたのが今年の特徴で、とりわけ百田さんは多様な題材を書き分ける器用さで読者をつかんでいる。健康への不安など実用書の分野に高齢化社会を象徴する本が並んでいるのも興味深い」と話す。

 ■書籍全体の売上額は減少

 一部のベストセラーに目を奪われがちだが、書籍全体の売上額は伸びていない。出版科学研究所によると、今年1~10月の書籍の推定販売金額は約6720億円で前年同期比1・3%のマイナスだ。年間販売額は3年連続で前年実績を下回るとみられ昭和62年以来26年ぶりに8千億円を割り込む可能性もある。

 「飛び抜けて売れる銘柄はあるものの、中くらいのヒットが少ない」と今年を振り返るのは、同研究所の谷清忠さん。発売から1年かけて発行部数を100万部に乗せたシスターの人生指南書『置かれた場所で咲きなさい』などロングセラーは生まれているが、全体を底上げする10万部程度のヒットの広がりがあまり見られないというわけだ。

 消費を引っ張る生産年齢人口(15~64歳)は今後も減少が続く上、スマートフォン(高機能携帯電話)などの普及で余暇とお金の争奪戦は激しさを増す。谷さんは「『損をしたくない』という気持ちから読者はシビアに本を選別している。ヒットしやすい映像化の原作でも、手に取ってもらうにはもう一工夫が必要な時代になっている」と指摘する。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

男女それぞれの視点で描かれる”14日間の恋愛物語”-オンライン小説で新たな試み

20代、30代の女性を中心に高い支持を集めている恋愛小説家 狗飼恭子氏の書き下ろしオンライン小説が2011年4月11日から公開を開始し、6月2日まで毎週月・木曜日に更新され14回に渡って連載される。この小説では、ふたつの異なるウェブサイトで、一組の男女の恋愛をテーマにした視点の違うふたつの物語を同時に展開するという一般的なオンライン小説にはない新たな試みが行われる。

この小説は、恋人にふられたばかりの OL「珠里」と、犬ぎらいの鞄職人見習い「真吾」という接点のない28歳の男女が、ある日ばったり出会うことから始まる。そこからの出来事や心境の変化などを「珠里」と「真吾」のそれぞれの視点で描き、恋に落ちる男女の14日間が展開していくというものだ。異なるストーリーで展開されるふたつの恋愛物語の結末がどのような形で迎えられるのかは明らかにされていない。

この試みは、人気女性向け雑誌「an・an」「Hanako」などを手がけるマガジンハウスと2週間使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス」などを展開するジョンソン・エンド・ジョンソンのコラボレーションにより実現した。「珠里」の物語である SIDE-A『砂漠に雨の降るような』はマガジンハウスのウェブサイト「マガジンワールド」で、「真吾」の物語である SIDE-B『たった十四日の奇跡』は「アキュビュー オアシス」のウェブサイトで、それぞれ同時に公開される。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

男女それぞれの視点から描かれる現代の同棲物語

――お互いに好きで一緒にいるのに、肝心な所ですれ違ってしまう……そんな男女の「あるある」を凝縮させたような、奈世と絃の同棲生活を切り取る連作2篇。恋愛の中でもとりわけ「同棲」に注目されたのは何故でしょうか。

綿矢 同棲とは結婚のための準備運動というイメージがありましたが、実は結婚とは地続きではない、独立したイベントなのではないかと思ったのがきっかけです。同棲の延長が結婚と考えているせいで、同棲期間はどこかあやふやな、異次元空間に突入するのではと思いました。

 奈世は(そして著者である私も)同棲を、結婚するためにある、いわばリハーサルとしてとらえています。だから、いつまでたっても本番に出させてもらえないというような、歯がゆい気持ちがあるわけです。単行本化のために読み返すにあたっても、主人公が引き延ばされた同棲のまっただなかという「異次元空間」にいることを意識しました。行き先が分からずに混乱しているが、希望だけはうしなわずにいる、そんな女の人のふわふわしたところを加筆してもいます。

――1篇目の「しょうがの味は熱い」では、同棲して半年のある一夜、2人が眠りに落ちるまでの思考を写し取ります。

綿矢 同じ寝床に入ってくっついて寝ているのに、別々のことを考えている男女というのは、もどかしくて、どこか恋のにおいがして、きゅんとして好きなシチュエーションです。すれ違いの極致だからかな。違う人間どうし、違う考えを持つどうしだけど、愛の名のもとに「夢をそろえて 何げなく暮らさないか」という、それこそCHAGE and ASKAの「SAY YES」(作詞・飛鳥涼)的な決着を求めて同棲は続くわけですが、それって本当はとても難しいこと。すれ違いを埋めるために男女努力する姿が涙ぐましくて、途方もなくて、つい書きたくなります。

すれ違いの最大の争点「結婚」をめぐって

――続く「自然に、とてもスムーズに」ではぽんと時間が飛び、同棲も3年を過ぎて結婚にしびれを切らす奈世と、まだ早い、まだ無理だと煮え切らない絃が描かれます。2篇ともなんとも身近な、身につまされる状況やエピソードに満ちていてつい笑ってしまいます。同じ食卓についているのに主食はパンとご飯で揃わなかったり、結婚をめぐる夜な夜なの議論よりも彼は明日も働くための睡眠時間を優先したり……。

綿矢 シビアな状況ですが、奈世はどこか夢見がちな面を残しています。その彼女が、ナチュラルに狂ってゆく場面にリアルさを出したくて。役所に婚姻届を先走って取りに行ってしまう場面なども、書いていて楽しかったです。

 対する絃は、わりと冷静なタイプの人なので、彼独特の変さを見つけるのに苦労しました。彼のように、弱音を吐きたくないからすぐに理論で固めようとするタイプの男の人は、なにを考えているのか分からなくて話を聞いていると混乱しますが、頑張って情けないことを言わないようにしている、いじらしい存在でもあると思います。自分でもそんな頑張ってる自分に気づいてないけど、本当は……という。

――「しょうがの味は熱い」の雑誌掲載は2008年と刊行までに時間があり、間には『勝手にふるえてろ』『かわいそうだね?』『ひらいて』が挟まれていますが、執筆当時から現在までの間に、作品や登場人物たちへの見方や距離感が変わられたところはありますか?

綿矢 いまは同棲についてよりも、いま書いている話のテーマについての方が関心はありますし、自分も変わったつもりでしたが、単行本の過程で読み直してみると、登場人物との距離がゼロになる。書いていた当時の状況も思い出して、一瞬自分がまた過去に戻ったような気持ちになりました。

――当時と今で選ぶ題材などにも変化があるのでしょうか。

綿矢 自分と同じ年齢の女の人が気になっていたのがいままでの20代前半なら、後半のいまはいろんな年代の人物に興味が出てきました。たった1年でも、女の人をとりまく状況や考えることは、ゆっくりと、しかし驚くほど変貌します。その微妙な色の移り変わりを細かく、書いていきたいなと思います。変わらないのは、その時の自分にとって興味のある事柄が、とても顕著に物語に現れるところでしょうか。

 しらずしらずのうちに、こういうのが物語だと、自分に言い聞かせてきた暗黙のルールを破るような、枠にとらわれないものを、枠にとらわれない書き方で書いてゆきたい。せっかくこのような仕事をさせてもらってるので、文章の可能性をできる限り見ていきたいです。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

LINEに届く小説「トークノベル」誕生

 ユーザー数が世界4000万人、国内1800万人を突破した「LINE」――スマートフォンで友人と気軽にコミュニケーションできるツールとして人気を博している同アプリで、“小説”が読めるようになった。NHN Japanは6月27日、LINE向け小説コンテンツ「トークノベル」を発表。第1弾として、LINE向けオリジナル小説「リフレイン」の配信を開始した。

 トークノベルは、LINEの「トーク」画面上でストーリーを読み進める小説。「友だち追加」の「公式」にある小説アカウントを「友だち」に設定することで、作品が楽しめる。

 小説アカウントにユーザーが話しかけると、少しずつ小説が送られてくる。ユーザーが送る文字は何でもよいが、ストーリーの中で選択肢が出てくる場合は、指定の文字や番号を送ることでストーリーが変化する。

 テキストはトーク画面上で見やすいよう短く構成。要所要所で画像も送られてくる。また、シーンによって小説が送られてくる間が変わるなど、メッセージアプリならではの演出もほどこされている。

 第1弾のコンテンツとなるリフレインは、恋人の事故死を知らされた主人公が、タイムスリップを通じて「『時間』と『出会いと別れ』を繰り返していくミステリー」だ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

「ハリー・ポッター」の著者が大人向け小説

 世界的なベストセラーとなった児童文学「ハリー・ポッター」の著者で英作家、J・K・ローリングさんが、初の大人向け小説を出版することになった。出版社によると、題名や発売日など詳細は今年後半に明かされる。

 ローリングさんは「今度の本はハリー・ポッターのシリーズとは異なる内容。シリーズの成功が、新しい領域に挑戦する自由を私に与えてくれた」とコメント。本は米国や英国などで発売され、電子書籍も出版されるという。

 「ハリー・ポッター」シリーズは子供だけでなく、あらゆる年齢層の読者の心をつかみベストセラーになった。AP通信によると、2007年に完結した7部作は世界で計4億5000万部が印刷され、映画も大ヒットしている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。