1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

年収1億円から困窮生活へ――芥川賞作家・柳美里が告白「なぜ、私はここまで貧乏なのか」

 芥川賞作家の柳美里氏が、3月に上梓した『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』(双葉社)が話題になっている。昨年10月に柳氏が公表して話題となった雑誌「創」(創出版)の連載エッセイの原稿料未納問題や、困窮のためネット回線が止められ、公共料金や仕事の電車賃、あげく食費にも困るという作家の実情がつぶさに書き綴られているのだ。柳氏ほどの著名な作家がなぜここまで生活に苦しむことになったのか……その理由を自らが語った。

--いつから、なぜ、困窮するようになったのでしょうか。

柳美里(以下、柳) 困窮の理由はふたつあります。ひとつは、2004年ごろから断続的にひどい鬱状態に陥ることがあり、その間はトイレに行くにも起き上がれず、幻覚・幻聴も強く、「書かなければ」と思ってもまったく書けない状態になってしまいました。

 もうひとつの理由は、携帯電話の普及に伴い本が読まれなくなり、だんだんと収入が減っていったことです。20代で出版した『ゴールドラッシュ』(新潮社)は、初版5万部だったと記憶していますが、最近出版するものは初版1万部前後。これは私だけの問題ではなく、一握りの超ベストセラー作家以外の作家は総じて初版部数を絞られています。電車に乗るたびに、絶望的な気分になりますね。昔はたくさんの人が文庫や週刊誌を読んでいたのに、今はスマホ。それも電子書籍が読まれているわけではありませんからね。

--多くの作家が経済的に困っている状態ということですか。

柳 「書くことだけで食べている作家は30人ぐらいではないか」という話を聞いたのですが、かなりリアルな数字だと思います。ただ「貧乏は恥ずかしい」と考えている方が多く、公にしないだけだと思います。

 友人の作家は、1作当たりの販売部数が減ったことの対処として、出版点数を増やすことにしたそうです。私はそんなに量産できません。今回の『貧乏の神様』の前に出版したのは、1年前の『JR上野駅公園口』(河出書房新社)です。ある程度知名度のある作家の中には、大学や専門学校やカルチャースクールで教えたり、講演会やトークショーを頻繁に開いたりして、原稿料や印税以外の副収入に頼っている人もいます。私は講演会はほとんどしません。聞くところによると、講演会のギャランティもバブル期に比べて半分以下に減っているそうです。講演会収入で生計を立てていた作家も苦しくなっているようですね。


--柳さんの最も多かったときと少なかったときの年収を教えてください。

柳 多かったときは1億円以上、少ないときは400~500万円です。少ないときでも日本の平均収入くらいはありますが、1億円あったときに購入した神奈川県鎌倉市の家のローンと維持費が生活を圧迫し、水道や電気などの公共料金すら支払えない事態となりました。その家は現在売りに出していて、4月に引っ越した福島県南相馬市の借家は月額6万円の家賃なので、今後は食うに困るという状況には陥らないと思います。

--収入が多かったときに貯金はしていなかったのでしょうか。2000年に亡くなった元恋人の東由多加氏が闘病されていた際は、アメリカの病院での毎週500万円もの高額ながん治療費を柳さんが工面されていたそうですが。

柳 貯金はしていませんでした。東さんががんになる前は、浪費、乱費をしていましたね。ブランド品や貴金属など後に残るモノを買うわけではないんです。例えば、タクシーに乗るんですが、目的地に向かうために乗るのではなく、ただ2時間走り回る。そうやってお金を無目的に無意味に使うということに意地になっていました。20代から抗鬱剤を服用し、出血性胃炎や十二指腸潰瘍などで入退院を繰り返していたので、長く生きられるとも、長く生きたいとも思っていなかったんです。

●お金のために書くわけではない

--収入が減って、講演会や講師など“書く”以外の仕事をしようとは思わなかったのですか。

柳 もともと人前に出て話すことが苦手だから書く仕事を選んだんです。ほかの方法でお金を得ることは考えられません。ただ、一時期、小説家を辞めてドッグトレーナーになろうと学校に通っていたことはあります。犬を相手にするドッグトレーナーなら、人間とは話さないで済みそうだと思って。

--「小説家を辞めて」? 副業ではなく?

柳 はい。でも、実際相手にするのは、犬よりも、その飼い主でした。かなり理不尽なオーダーもあると知って、私には向いていないとあきらめました(笑)。

--「芥川賞受賞」という名誉があれば、テレビ番組やCMなどの声もかかりそうですが、そういった仕事もダメですか。

柳 テレビ番組の出演依頼は何度かありましたね。引き受けると返事をしても、番組のスポンサー側から「待った」がかかるんです。そのたびに、私は依頼してきた担当者を「あぁ、やっぱり。仕方ないですよ。気にしないでください」と慰めています。ネットで「柳美里」と検索すると、ロクなものが出てこないんで。昔は人の噂も七十五日と言いましたが、ネットにいったん出回った風評や噂話は、ある人が聞き飽きたとしても、ある人が初耳である限り拡散され続けます。でも、「柳美里」のイメージが最悪だということは嘆くことではなく、逆によかったと思っているんですよ。「私には書くことしかない」と、書くことに追い詰めてくれますからね。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

第150回「芥川賞・直木賞」候補11作決まる いとうせいこう氏が2回目の選出

 日本文学振興会は20日、第150回芥川賞・直木賞(平成25年度下半期)の候補作を発表した。受賞作を決める選考会は来年1月16日に、今回も東京・築地「新喜楽」で行われる。

【写真】万城目学氏ら候補者写真一覧

 芥川龍之介賞候補には、前回(第149回)『想像ラジオ』で初ノミネートしたタレント・いとうせいこう氏が『鼻に挟み撃ち』で連続選出されたほか、専業主婦の岩城けい氏の『さよなら、オレンジ』、3度目の選出となる山下澄人氏の『コルバトントリ』など全5作が選ばれた。

 直木三十五賞候補には、5度目のノミネートとなった姫野カオルコ氏の『昭和の犬』をはじめ、初選出となった柚木麻子氏の『伊藤くんAtoE』、“ニート忍者”を描いた万城目学氏の『とっぴんぱらりの風太郎』など、幅広いジャンルから全6作が候補に挙がった。

 芥川賞・直木賞は昭和10年に制定。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短篇および長編の大衆文学作品を対象に優秀作を選定する。

 第149回(平成25年度上半期・7月18日発表)は、芥川賞が藤野可織氏の『爪と目』、直木賞を桜木紫乃氏の『ホテルローヤル』 が受賞している。

候補作品は以下のとおり。

■第150回芥川龍之介賞 候補作品
いとうせいこう『鼻に挟み撃ち』すばる12月号
岩城けい『さようなら、オレンジ』太宰治賞2013
小山田浩子『穴』新潮9月号
松波太郎『LIFE』群像7月号
山下澄人『コルバトントリ』文學界10月号

■第150回直木三十五賞 候補作品
朝井まかて『恋歌』講談社
伊東潤『王になろうとした男』文藝春秋
千早茜『あとかた』新潮社
姫野カオルコ『昭和の犬』幻冬舎
万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』文藝春秋
柚木麻子『伊藤くんAtoE』幻冬舎

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

文学賞、今年こそ村上氏? =医学・物理学賞候補にも日本人3人―ノーベル賞

 今年のノーベル各賞の受賞者が7日から発表される。事前の下馬評では、昨年に引き続き村上春樹氏が文学賞の有力候補に挙がっているほか、医学生理学と物理学賞候補として計3人の日本人が浮上。注目の平和賞は、女性が教育を受ける権利を訴えイスラム武装勢力タリバンに銃撃されたパキスタンの16歳の少女、マララ・ユスフザイさんが有力視されている。
 文学賞では、英大手ブックメーカー(公認賭け屋)ラドブロークスが最近公表した受賞者予想オッズ(掛け率)で村上氏がトップとなり、ネット上で「本命」と話題になっている。2番手は、「生ける屍(しかばね)」などの作品がある米作家でプリンストン大教授のジョイス・キャロル・オーツ氏。
 一方、米文献データベース会社トムソン・ロイターは、細胞が内部組織を分解し再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明したとして、東京工業大の大隅良典特任教授と東京大の水島昇教授を医学生理学賞の候補に選んだ。また、鉄などの化合物の電気抵抗がゼロになる「超伝導」の現象を発見した東京工業大の細野秀雄教授を物理学賞候補とした。
 平和賞はマララさんのほか、コンゴで性暴力の被害者救済に取り組む医師デニス・ムクウェゲ氏、クリントン元米大統領、ロシア人権活動家リュドミラ・アレクセーエワ氏らが取り沙汰されている。マララさんは複数のブックメーカーの受賞者予想でも1番人気。昨年は欧州連合(EU)に授与された。
 各賞は7日に医学生理学賞、8日に物理学賞、9日に化学賞、11日に平和賞、14日に経済学賞が発表される。文学賞発表の日程は未定。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

怪盗ルパン、70年ぶり新作 邦訳を9月出版

 フランスの作家モーリス・ルブランの名作『怪盗ルパン』シリーズの未発表作が邦訳され、9月上旬に早川書房から出版されることが25日、わかった。タイトルは『ルパン 最後の恋』で、1941年に最後の作品が刊行されて以来、約70年ぶりの新作となる。

 同作はルブラン晩年の36~37年ごろに執筆されたとみられ、推こうが完全に行われないまま同氏が亡くなったため、長い間その存在が知られてこなかった未発表作品。パリ郊外の貧しい子供たちを助けるために教師をしていたルパンが、本に隠された秘密を巡ってイギリスの諜報機関追われるというストーリー。冒険小説の要素のほか、ラブストーリーとしての魅力にもあふれた作品となっている。

 ルブランの遺族が原稿を保管していたが、遺族の承諾を得て今年5月にフランスで出版され、話題を呼んでいた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<芥川賞・直木賞>鹿島田真希さん、辻村深月さんが受賞の喜び語る

 第147回芥川龍之介賞(以下、芥川賞 )と直木三十五賞(以下、直木賞)の選考会が17日、東京都内で行われ、芥川賞は鹿島田真希(かしまだ・まき)さんの「冥土めぐり」(文芸春号)、直木賞は辻村深月(つじむら・みづき)さんの「鍵のない夢を見る」(文芸春秋)が選ばれた。鹿島田さんと辻村さんは同日そろって会見し、受賞の喜びを語った。

 4度目のノミネートでの受賞となった鹿島田さんは、「他の作品に比べて本当に何度も書き直して時間も労力もかかっていたので、この作品でとりたいなと思っていました」と念願の芥川賞受賞の喜んだ。これまでに、三島由紀夫賞と野間文芸新人賞も受賞しているが、「デビューしてから10年以上、経ってますし、苦節14年というような気持ちがある」と苦笑。「受賞した時はびっくりしました。夫と一緒に受賞の電話を待っていたんですが、聞いた瞬間に夫は泣いてました」と笑顔で語り、夫からは「今まで一緒に緊張してきて、本当につらかったけど良かったね」と祝福されたことを明かした。

 一方の辻村さんは、3度目の正直で直木賞を獲得。「最初に候補になった小説も、昨年候補になった小説も、書いたときは自分の最高傑作だと思っていて、どれだけ頑張っても、もう飛距離は出せないと思って出した作品だったが、そう思った先に新しい世界が見えるという経験をへて、今回の作品だったのでとてもうれしく思っています」と喜びを語り、「今はまだ考えられないようなことを、自分が書けるのかもしれないなと思って、書き続けるように背中を押してもらったのかなと思っています」と笑顔を見せた。

 また、辻村さんは「今回の受賞は読書に連れてきてもらったと思っています」と語り、「これまで、自分のことが書いてあるとか、自分のために書いてもらったと幸福に勘違いさせてもらいながら、今日まで本を読んでこられた。自分の話も、そういうふうに、誰かが自分のための話だというふうに勘違いして読んでくれたら、こんなにうれしいことはない」とほおを緩め、「今回受賞できて、これからも作品を送り続けなさいということだと思うので、自分が本の世界に恩返しをしていけるような、とてもうれしい気持ちでいます」と喜びをかみしめていた。

 鹿島田さんは、1976年、東京都生まれ。白百合女子大卒業。98年の「二匹」で第35回文芸賞を受賞。05年には「六〇〇〇度の愛」で第18回三島由紀夫賞、07年には「ピカルディーの三度」で第29回野間文芸新人賞を受賞。芥川賞では、「ナンバーワン・コンストラクション」で第135回、「女の庭」で第140回、「その暁のぬるさ」で第143回の候補に選ばれていた。

 辻村さんは、1980年山梨県生まれ。千葉大教育学部卒業。04年に「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。09年の「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」が第142回直木賞候補に。10年の「ツナグ」では第32回吉川英治文学新人賞を受賞。11年の「オーダーメイド殺人クラブ」でも第145回直木賞候補に挙がっていた。同じく11年の「本日は大安なり」は、優香さんが主演し1月~3月にNHKで連続ドラマ化されており、「ツナグ」も松坂桃李さん主演で映画化され10月に公開される予定。(

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動