1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

翔べ!ガンダム 「クールジャパン」の将来占う試金石に

 アニメやファッションなど日本発の文化産業を海外に売り込む「クールジャパン」。発信力の高い民間コンテンツに期待がかかるが、バンダイナムコホールディングス(HD)は、日本を代表する人気アニメ「機動戦士ガンダム」で海外市場の本格攻略に着手した。国内では、コンスタントに売り上げを生み出すガンダムだが、海外でも大きく羽ばたけるか。

 東京・台場の商業施設「ダイバーシティ東京」。この施設内にガンダムの世界を体感できるアミューズメント施設「ガンダムフロント東京」が19日、オープンする。目玉は、16メートルの巨大なドーム型スクリーンで過去のシリーズの名場面などが楽しめる「DOME-G(ドーム・ジー)」。ダイバーシティ前の広場には2009年に潮風公園に設置され、多くのファンを集めた高さ18メートルのガンダム立像が再び登場する。

 ガンダムフロントにはガンダムの上半身やアニメの一場面を再現した戦闘機をいずれも実物大で展示。シリーズに登場した150人以上の等身大キャラクターと並んで写真が撮れる「デジタルフォトスポット」もあり、「ファンにはたまらないスペース」(同社関係者)に仕上げた。

 この台場という立地は、国内観光客はもとより、アジアを中心とする海外観光客へも大きなアピールとなる。ガンダムのアニメ制作を担当するグループ企業のサンライズの宮河恭夫専務は「映像も商品も1カ所に集めて展開できる施設。いずれは海外で同様の施設建設も視野に入れたい」と意気込む。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

アップル・ディズニー、成功の裏側には「萌え」が隠れている?

 毎回、独特の萌え可愛いイラストが描かれる、自衛隊徳島地方協力本部が制作する自衛官募集のポスター。今年もデザインが解禁されており、根強いファンが反応しています。いわゆるカタイ仕事とされる「自衛隊」と、やわらかい印象のある「萌え」。このコレボレーションは、一昔前では想像もできなかった組み合わせです。

 さて、ガンダム、ポケモン、ハルヒ、AKB48......。これらに共通するものは何でしょう。

 「私たちの社会は、信じられないほどの短い間に"萌え"に侵食されています」

 こう話すのは、書籍『萌えビジネスに学ぶ「顧客を熱中させる」技術』の著者・藤原実氏。上記のどれもが、いまでは、「オタクっぽい」と敬遠できないほど、ビジネスの世界で成功をおさめています。そして、これらに共通しているのが「萌え」。

 「萌え」の正体は一体なんでしょう。藤原氏は、「ユーザーが商品・サービスそのものに参加できるような仕組みの構築」といいます。つまり、ある商品のなかに、ユーザーそのものが組み込まれてしまう要素を作れているかどうか、ということなのです。

 萌えビジネスは、商品・サービスを「買う・消費する」ではなく、「参加する、楽しむ」を重視。ユーザーを巻き込み、自身がコンテンツとなっていく仕組み、そして、その状況を誰かに伝えたくなる気持ちにさせる力を、藤原氏は「ものがたり力」と言っています。

 例えば、AKB48では、総選挙をはじめ、「ユーザーが参加する仕組み」が構築されています。個別メンバーを応援する制度、握手会でメンバーごとにファンに列を作らせる方式も、「ユーザーの参加」を促す方法の一つです。

 アイドルグループのファンは、本来ならCDやDVDを購入したり、コンサートに参加して楽しみます。しかし、AKBの場合は、「彼女たちを育てる」という実感を得ることができます。とりわけ、自分の一推しのメンバーが活躍することは、大きな達成感が伴う事象です。

 「自分たちが彼女を育てているという優越感と、一緒に生きている実感を得ることができるのです」(藤原氏)

 こういった手法は、アップルやディズニー、グーグルも血眼になって追求しています。アップルは顧客に「どういう体験ができるか」という視点を伝えようとしていますし、ディズニーランドは、グッズやお土産ではなく、「ディズニーランドにいた」という体験そのものに価値を感じさせるのです。

 このものが売れない時代に、熱狂的なファンに支えられている数少ない業界。それらに共通するのが"萌え"なのです。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ホットパンツの美少女が登場! 人気の“萌え米”第2弾が発売

人気イラストレター・ぎん太さんが描く美少女がプリントされた“萌え米”。「日本全国の、あまり知られていないけどとても美味しい、厳選したお米を紹介する企画」として、産地や銘柄にちなんだキャラがパッケージイラストとして描かれている。評判の良かった第1弾に続き、今度は“セクシーなホットパンツ姿”のキャラクターが描かれた第2弾が発売されるので注目だ。

萌え米「おいしさ再発見!たべよう にっぽんのお米」は、3か月間でひとつの銘柄の米を楽しむというシリーズ企画。現在は岡山県産「きぬむすめ」が展開されており、第2弾の受注締切の直前だ(※受注締切は4月26日までで、5月10日に発送&配送)。パッケージでは、第1弾でも好評だったこの銘柄のイメージキャラクター・美作絹ちゃんが、初夏を思わせるセクシーなキャミソールとホットパンツ姿で登場。読書を楽しむ可愛い美作絹ちゃんをぜひ、堪能して。

前回販売されたきぬむすめ第1弾について、販売元である向山商店とチュアブルソフトの広報担当者は「大変好評で、ユーザーからは『香りが良い』『美味しい』と反響がありました。パッケージの写真を撮って、喜びの声と共にtwitterで紹介してくれる方もいるんですよ」とコメント。イラストレター・ぎん太さんの固定ファンからも人気だという。

また、「米袋だけでなく、手元にイラストを置いておきたい!」という要望にも応え、萌え米には、ぎん太のメッセージつきA5カードが付いてくる。公式ホームページでは、米袋裏面記載のIDとパスワードを入力すると、その月のシチュエーションボイス“イチャイチャボイス(CV深田愛衣)”もダウンロードできるというので、是非、美少女プリントと共に声も楽しんでは?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

萌え系増殖中? 警察・防犯キャラ

春の全国交通安全運動の季節がやってくる。3月20日には、東京湾岸警察署主催で警視庁のキャラクター「ピーポくん」と、三井ダイレクト損害保険株式会社が新しく作ったムジコロジー研究所のキャラクター「むじころう」と「むじこりん」がイベントを行ったほか、4月にも各地でイベントが予定されている。ピーポくんは警視庁のキャラクターだが、各都道府県警独自のマスコットキャラクターも数多く存在する。

北海道の「ほくとくん」(北海道に住むさまざまな動物をモチーフにしたもの)、山形県の「カモンくん」(カモシカ)、茨城県の「ひばりくん」、静岡県の「エスピーくん」(サッカーボール)、愛媛県の「まもるくん」(みかん)、大阪府の「フーくん・ケイちゃん」、岡山県の「ももくん」、島根件徳島県の「うずしおくん」、沖縄県の「シーサー君」…今や全都道府県警察にキャラクターが在籍。ほとんどが地域名物や動物をモチーフにしているが、最近は“萌え”も登場してきている。

神奈川県横浜市・瀬谷警察署のマスコットキャラクターは「瀬谷野あじさい」と「瀬谷野けやき」という双子のコンビ。あじさいとけやきがモチーフかと思いきや、主体はヒップがセクシーな眼鏡少女と、警察の制服ズボンをパツパツに着たやんちゃ風な少年で、一時期ネットで大きな話題となった。

警察の“萌え”キャラはほかにもおり、青森県の「アンナちゃん」は週刊少年ジャンプで『シャーマンキング』を連載していた青森県出身の武井宏之氏が作画。恐山出身のキャラクターとのことで、やや目付きが鋭い女性だ。

また、キャラクター化していないが、千葉県松戸市は、防犯パトロールポスターと交通安全ポスターのイラストに“萌え”少女を採用。これは萌えイラストを得意とする七六氏によるもので、氏によると昨年6月、防犯パトロールポスターを手がけた際には「若い人向けの防犯呼びかけを目的としていることから『魔法少女がいい』とのことで、警察な魔法少女を描くことになった」(原文ママ)のだという。名前は松宮アヤ、普段は普通の女の子だが、実は、夜な夜な魔法少女「マジックポリス・ケーラ」に変身して松戸をパトロールし、人の心に巣食う悪を打ち払ったりしているという設定だ。

続く同年9月には同じ七六氏により「神戸アミ」が登場。こちらはちょっと大人の雰囲気を醸し出す女性警察官が、「STOP!二輪事故」と呼びかけている。どちらも人気で、ネットでは「こういうお姉さんはもっと増えてほしいです」「これはちょっと欲しいな」という声も。今年1月10日の松戸警察署110番の日イベントには、「松宮アヤ」をモチーフにしたテーマソングが制作され、ミニライブも開催。活動の幅を広げている。今後さらに各地で“萌えキャラ”警察キャラクターが増えていくかもしれない。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【ネタバレもありの徹底解明コラム】F4の家系は名門!? 花沢家、西門家、美作家のルーツを調査


 『花より男子』の謎を徹底解明するこのコーナー。以前は道明寺家のルーツを調査したが、今回はF4のほかの3人のルーツを調べてみたい。イケメン3人には、どんな祖先がいるのだろうか?


 まず、もっとも推察しやすいのが、茶道の家元である西門家。『花より男子』28巻(集英社刊 定価:410円[税込み])に収録されている番外編「いちごものがたり」で、西門家は1,000年も続く名家であること、兄の祥一郎は家を飛び出したまま戻らず、総二郎が16代目の跡取りとなったことなどが明かされている。16代も続く名家だけあって西門家は立派な日本家屋であるが、『マンガ建築考―もしマンガ・アニメの建物を本当に建てたら―』(技術評論社刊 定価:1580円[税別])によれば西門邸の門は寄せ棟本瓦葺き薬医門という非常に珍しい、贅(ぜい)を尽くした門とのこと。

 ここで気になるのが薬医門の存在だ。矢の攻撃を食い止めるための「矢食い」から薬医門と呼ばれるようになったといわれているほか、文字通り、医師の門として使われたからこの名が付いたという説も。もしかして、西門家はもともと医師の家柄で、後に茶人として大成したのではないだろうか。西門家を飛び出した祥一郎は医師になっているが、これも先祖の職業と関係しているのかもしれない。

 次に、総合商社を経営する美作家。この名字から推察されるのは、現在の岡山県北部にあった美作国との関連だ。美作家は美作国出身の有力武士だったのではないだろうか。明治時代になり武士制度がなくなった後、岩崎家や安田家などのように刀をそろばんに持ち替え、商売を成功させたのかもしれない。

 一方、花沢家はあまり歴史ある家柄ではなさそうだ。16代続く西門家、有力武士の家系と推察される美作家とは異なり、花沢物産という会社で財を成した新興のお金持ちのよう。立派に見える自宅も築15年とのことで、花沢類の父親または祖父の代での成功を感じさせる。花沢という名字は千葉県に多いため、千葉出身の祖父や父が東京で一旗あげたということになるのだろうか。

 由緒ある家柄の道明寺家、西門家、美作家の中、たった1人、歴史を持たない花沢家。自信と余裕あふれる3人と違い、花沢類が壊れそうな不安定な雰囲気を漂わせているのはこうした家庭の事情のせいもあるのかもしれない。F4の歴史的な背景を頭に思い描きながら作品を読み直すと、また新たな楽しさが見つかるかも。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。