1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【MLB】ヤンキースの来季二塁手候補に日本人選手が浮上!? 地元メディアも加藤豪将を「成長を示した」と評価

来季の二塁手候補4番手として評価された20歳の加藤
 ヤンキース傘下1Aチャールストンで今季プレーした加藤豪将内野手(20)が、ヤンキースの来季の二塁手候補4番手として取り上げられた。地元紙ジャーナル・ニュースが「球団の状況。二塁手編」というヤンキースのポジション別の特集を行い、「カトウ」の名前が登場している。

 昨季終了後、FAとなったロビンソン・カノ二塁手がマリナーズと大型契約を結び、チームを去って以来、セカンドはヤンキースのウィークポイントとなっている。特集では、来季の二塁手候補の一番手に今季7月のトレード期限でダイヤモンドバックスから加入し、活躍したマーティン・プラド内野手を挙げている。

 もっとも、記事では「現時点で開幕二塁手はプラドの方向だが、確実ではない。あまりに多くのポジションをこなすことができるプラドの能力は、現在のヤンキースのロースターに最高にマッチにする」と説明。キャッチャー以外の内野ポジション全てに加え、外野もこなせるプラドは、薬物規定違反による1年間の出場停止処分から明けるアレックス・ロドリゲス三塁手や、右肘骨棘障害の手術を受けるカルロス・ベルトラン外野手のコンディション次第で、穴埋めに回る可能性も高いと見られている。

 2番手は今年9月のロースター枠拡大に伴い、マイナーから昇格したホセ・ピレラ内野手。今季、ヤンキース傘下の3Aスクラントンで打率3割5厘、出塁率3割5分1厘、長打率4割4分1厘と活躍し、3Aオールスターにも選出された有望株。プラドが盲腸の手術で戦線離脱後、レッドソックスとのシーズン最後の3連戦で先発している。

 ピレラは守備力に関する評価はさほどでないというが、捕手と投手以外のポジションを全てこなせるプラドのような多様性を持つ。特集では「すでに彼は40人のロースターに入っている。そのことは、ヤンキースが彼と契約延長しようとする方針を示唆している。スプリングキャンプで彼のプレーを見ることになるだろう。控えの万能型選手になりえるし、もしメジャーでも打撃面の成功を続けられるなら、プレー時間を常に手にすることも可能だろう」と高く評価している。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【MLB】現地メディアでもその去就問題が出始めたイチロー 「メジャー史に名を残す偉人」に待ち受ける未来は

メジャー3000安打まであと160本としたイチロー
 ヤンキースのイチロー外野手が22日(日本時間23日)のオリオールズ戦で8番ライトで先発し、3打数1安打1得点2盗塁、4試合連続安打で打率を.286とした。前日21日のブルージェイズ戦では今季24回目のマルチ安打をマーク。2連勝を飾るチームに貢献している。

 そのイチローに関し、地元メディアは来季は他チームでプレーする可能性が高まっているとの見方を示している。地元紙ジャーナル・ニュース電子版が報じている。

 記事は「イチロー スズキはまたマルチヒットを記録した」とヤンキース打撃陣の中でイチローが高打率を残している点を指摘しつつ、「彼が来季以降もプレーを続けたとしても、おそらくピンストライプのユニフォームではないだろう」と伝えている。一方で、移籍の可能性が高いとする理由については触れていない。

 イチローは今季343打数で98安打。6試合を残して、21年連続でのシーズン100安打まであと2本に迫っている。 レギュラーという立場にはない中で、着実に安打を重ねており、メジャー通算安打も2840本。3000本の金字塔まで残り160本だ。そんなイチローは守備も走塁も高いレベルを維持しており、41歳で迎える来季もヤンキースに必要な人材となり得る。ただ、チーム方針や本人の意向により、より多くの出場機会が望める新天地に移る可能性は否定できない。

 今季開幕時は5番目の外野手と位置づけていたジョー・ジラルディ監督は、その厳しい立場を事前にイチローに伝えていたようだ。

今季は自らのパフォーマンスで苦境を切り開く
「開幕時には我々の外野手の人数が多かった。私はどういう状況になるかも、何試合(彼が)スタメンで出れるかも確信がなかった。彼にはスプリングキャンプで、“スタメンで出ることもあると思うが、何試合とは確約できない”と伝えた。彼は自分の仕事をよくやってくれている」

 自らのパフォーマンスで苦境を切り開いたイチローをこう称えている。

 一方、記事では壮大なファンファーレとともに今季限りで引退するデレク・ジーター遊撃手との対比についても触れている。

「ジーターはあまりに多くの注目を浴びている。それに相応しいが、イチローもメジャー史に名を残す偉人である。野球殿堂入りも、1回目の投票で選出されるだろう。彼は野球界で最も人気のある選手と同じチームに居合わせてしまった」

 ジーターに匹敵する実績と名声を誇るイチローだが、今季は大々的な引退ツアーの陰に隠れてしまったと分析されている。

 レギュラーシーズンも残りわずかとなった。ヤンキース、そしてイチロー本人が今後の未来をどう描くのか。今季終了後に日本が誇る安打製造機の去就に注目が集まることは間違いない。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

マー君担当医、PRP医療に自信 米メディアは疑問符も…

 右肘内側側副靱帯(じんたい)の部分断裂と診断されたヤンキースの田中将大投手(25)がトミー・ジョン手術(移植による靭帯再建手術)ではなく、PRP療法(血小板注射)による治療を選択したことに疑問符を投げかける意見が米メディアから相次いでいる。しかし、チーム・ドクターのクリストファー・アーマド医師はPRP療法に自信をみせているという。

 13日(日本時間14日)のスターレジャー紙によると、同医師は「PRPは痛みを早く取り除き、回復までの時間をより正確に予測できる。野球選手の肉離れでも普通6週間かかるが、PRPだと3週間で治ったことがある」と自信を覗かせている。

 キャッシュマン・ゼネラルマネジャーは、田中が14日(同15日)からPRP療法を開始することを発表。田中自身から血を抜き取り、これを遠心分離器にかけて白血球、赤血球、血漿、血小板に分離して、血小板を再び注射でひじに戻す。これで回復が早まるという。

 PRP療法の効果は個人差があるといわれていることから、「田中の選択は時間の無駄で終わってしまうのではないか。結局手術をすることになるのではないか」との意見が大勢を占めている。

 それでも同紙は「当然、厳しいリハビリが伴うが、この治療法が成功すれば、6週間で復帰でき、仮にヤンキースがプレーオフに進出すれば、田中が投げることができる。田中自身の血が田中を救うことになるのだ」と報じている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ダルビッシュ 解説者の勉強不足を嘆く「わかる人にはわかる」

 米オールスター戦での登板を終えたレンジャーズのダルビッシュ有投手が16日(日本時間17日)、ツイッターで野球解説者の不勉強を嘆いた。

 きっかけはツイッターに「ダルさん!テイクバックなんですが、少し上原さんを参考にされていますか?解説の方が言ってましたが」という投稿が寄せられたことから。

 ダルビッシュはこれに対して「違いますね。上原さんとはタイプが違いますし」と即座に否定した。

 さらにその解説が話題となって「これだけ情報が溢れている時代ですからね。勉強不足はわかる人にはわかります。そして勉強不足な人が多い」と、事実誤認をベースとした解説や評論が多いことを嘆いた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

手術無用!田中「“お通夜ムード”やめましょうよ」

右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト入りしているヤンキース・田中将大投手(25)が、離脱後初めてヤンキー・スタジアムに現れ、練習を行った。患部にサポーターを着けたエースは日米両メディアに対応。全治まで最低6週間と診断された時の心境などを語るとともに、故障につながった投球フォームの修正に乗り出すことを明かした。既に気持ちの切り替えはできている様子で、悲壮感のない、普段通りの元気な姿を見せた。

 田中はこの日、レッズ戦の試合前にヤンキー・スタジアムで練習。トレーニングルームでエアロバイクをこぐなどして汗を流した。

 楽しみにしていたオールスター出場を回避して治療に専念。14日(同15日)に自身の血小板を患部に打つPRP注射を行った。「1年間ローテを守る」という目標も実現不可能になり、さぞ落ち込んでいると思われたが、離脱後初めて報道陣の前に現れたのはいつもの田中だった。

 練習後に右腕にサポーターを着けた格好で日米両報道陣に対応したエースは、囲み取材冒頭の“お通夜ムード”を感じ取るや「やめましょうよ、この雰囲気」と苦笑い。その顔に悲壮感など全くなかった。

 田中によると、実際に右肘の痛みを感じたのは8日(同9日)のインディアンス戦の登板後で「(痛みの度合いは)経験がないわけではなかったですね」と、それほど深刻には受け止めていなかった。その後、シアトルでチームドクターに右肘靱帯の部分断裂と診断されたことについては、「『あ、そうか』という感じですね」と振り返ったが、当初は簡単に割り切れない気持ちもあったという。「自分自身もキャンプの時から『ローテ守って1年間投げ抜きたい』とずっと言ってきてましたから。チームがこういう状況の中、離脱してしまって申し訳ない。ふがいない気持ちは持ちました」

 だが、これまで太ももの肉離れ、右大胸筋部分断裂、腰痛など数々の大きなケガを経験している右腕はすぐに気持ちを切り替えた。「そんな姿をいつまでも見せてもいられない。こうなったことはしょうがない。そこにしっかり向き合って治していかないと、とは思っています」。この日、明るく振る舞えたのも過去の経験が大きい。

 田中の表情とは裏腹に米国では復帰に関して“手術ありき”の見方をされている。エースの右肘は現状でトミー・ジョン手術と呼ばれる靱帯修復手術の必要はないという診断をされている。だが、過去に治療とリハビリだけでカムバックした例が少ないことから否定的な意見が多い。ヤ軍・キャッシュマンGMも「6週間で痛みが引かなければその(手術)選択肢もある」と話している。

 そんな声が飛び交うが、現時点でエースの頭に「手術」の文字はない。「診てくれた先生がそう言ってくれたので。僕はドクターではないし。そういう言葉を信じて僕はプログラムに沿ってやっていくしかないと思います」。人生で初めて右肘にメスを入れる可能性があることは認識しているが、自身では徐々に患部の痛みが引いている実感もある。また、再発防止のために投球フォームの改良に着手することも明かした。今は早期復帰のイメージしかない。

 今後はチームの遠征には同行せず、ニューヨークでトレーニングを続行。注射を打った右肘はしばらくは安静にし、痛みが引き次第、ドクターの再検査を受けてリハビリを続ける。その後、投球許可が下りればキャッチボールから再開する予定だ。

「自分のできることを今やっていって、またあのマウンドへ戻れるようにリハビリ、治療をやっていくだけですね」と力強く話した田中。我慢の日々は続くが、エースは至って前向きだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。