1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

手軽にワンランクUPのインテリア術“エアデコ”の極意とは

 ここ数年は香りのハッキリした柔軟剤のブームやアロマ人気など香りを楽しむ人が増え、空気を香りでデコレーションする「エアデコ」が注目されはじめている。そうしたトレンドを背景に大手消費財メーカーP&Gが、2011年10月5~6日香りとインテリアに関する発表会を開催。同社のパヒューマー濱野潤二氏によるワークショップや、モデルの倉本康子さんによる香りとインテリアのコーディネートのデモンストレーションなど、会場は終始“いい香り”に包まれた。

 この発表会に合わせて同社は日本・アメリカ・フランスの20~40代主婦1200人に「香りとインテリア」に関するアンケートを実施。各国の香りに対する意識の違いや共通性について、様々なことが明らかになった。

 まず「自宅の香りつけを日常的に行っていますか?」という質問に対して、「必ず行っている」と「できるだけ行っている」の回答を合わせると、日本は39.2%。アメリカが71.0%、フランスは53.7%と、まだまだ「無臭・消臭」文化の長い日本の実態が明らかになった。

 その一方で「手軽で簡単に香りつけができるならやってみたいですか?」という質問には、日本の主婦の76.1%が「やってみたい」と回答しており、暮らしに香りを取り入れることに意欲的であることがうかがえる。

 今回の調査結果では日本に比べてアメリカ・フランスの主婦は「部屋の香り」をインテリアのひとつと位置付けており、気分や来客のタイプなどTPOに合わせて香りを使いこなしている傾向がみられる。しかし「ファッションやインテリアのトレンドに興味がある」とした回答者のうち、インテリアにおける“香りの重要度”を問う設問では、いずれの国も半数以上が「重視している」という結果で大きな差は見られず、おしゃれに感度の高い主婦は国に関係なく“香りの使いこなし”も上手く対応していることがわかった。

 ファッション・インテリア・香りを語れるスーパーバイザー――今回発表会に登場した倉本康子さんといえば、モデルとして活動する一方、独自のお部屋コーディネートや収納術が支持され、史上初の“インテリアモデル”としても活躍。そのファッションやインテリアのテクニックを紹介した著書『倉本康子のシンプルアレンジ術』も人気を集めている。

 デモンストレーションでは

・テーブルコーディネートで使う花は、あえて造花を使用。好みの香りで、空間を演出。
・等間隔で3つ以上同じ形のものを並べるとリズムができ、センスのよいアレンジになる。
・線対称(左右対称)は視覚的にリラックスを生む。

といった、手軽に取り入れられるアドバイスが紹介された。そんな倉本さんから特別に、香りとインテリアのコツを教えてもらった。

「忙しくて、どうしても片づけきれない時は、目につきやすい場所にトレーを置いて、そのスペースをスタイリングしてみるとか、アクセサリー置き場をアレンジするとか、お気に入りのコーナーを作るだけで“いい空間”ができます。

 狭いお部屋などでは、壁につけるタイプの棚がオススメ。空間を活かしたコーディネートが手軽にできるし、これからイベントシーズンになるので季節に合わせたアレンジをすると楽しいですよ。

 気温が下がってきて甘い香りが気持ち良い季節。スタイリングした場所にエアデコもしてもらいたいですね」(倉本さん)

 部屋が狭くても壁の空間を活かすなら、気軽にアレンジを楽しめそうだ。また香りを使いこなすには、「香りつけをするためのアイテムをすぐ手にとれるところに置くのがポイント」と倉本さんは言う。

「私は各部屋やコーナーに合わせて『ファブリーズ ミストラル』や『ファブリーズ 布用スプレー』を置いているのですが、特にミストラルは色やボトルの形などデザインも良いので、“リゾートコレクション”3種類のボトルをカゴに入れてインテリアとしても使っています。

 いつも香りがある状態だけど、ミストラルやスプレー使いをプラスすることで瞬間的に香りが強まって、それだけ気持ちが高まるから、気づいた時にシューっとできるようにするのがコツです。

 いい香りがすると呼吸が深くなる――ファブリーズのシリーズは消臭と香りつけが一度にできるので、すぐに“深呼吸したくなる香り”になるのがいいですよね」

 部屋の香りをつける際、イヤな匂いを香りでごまかすのではなく、消臭してから香りをつけることで、より長時間楽しめる。『ファブリーズ ミストラル』の場合、独自のメカニズムにより消臭と香りつけが同時にできるため、手軽にエアデコができるのだ。

そして倉本さんお気に入りの使い方やオリジナルのアレンジとしては、「“出る時&帰ってきた時エアデコ”です。

 家を出る時に玄関でシュッと一吹きすると、帰ってきた時に残り香がして気分が良くなります。その気分をもっと良くするために、さらにシュッと。香りで“帰ってきた”という気持ちになるのも嬉しいので、絶対にオススメです。

 オリジナルの使い方としては、難易度が高いのですがミストラルの『ニュージーランド ブリーズ』と『ハワイアン フラワー』を短い時間差で使う、“外国ミックス”というのを楽しんでいます」とのこと。

 倉本さんのインタビュー中、香りに関連して“気持ちが高まる”といったコメントが多く、暮らしの中で香りを楽しむことが、生活を楽しむことと通じている印象を受けた。

 実際に3か国の主婦アンケートでも、香りつけを行っている家庭は全体と比較して、夫婦・親子・両親との関係がいずれも「良好」な家庭が多い結果となっており、“いい香りのするおうち=仲良し家族”という効果もあるようだ。

 そこで香りのプロであるP&Gのパヒューマー濱野潤二氏に、香りのもたらす効果などについてお話を聞いてみた。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

雰囲気一変の“真”の間接照明とは!?

シンプルな一人暮らしの部屋でも、どうせならお洒落に決めたいのがR25世代の男ゴコロ。しかし、家具やインテリアをそろえてもイマイチ雰囲気が出ない…と悩んでいるなら、部屋の「照明」を見直してみた方がよさそうだ。マンションの天井に備え付きの蛍光灯の光は、部屋に陰影をつけられず、お洒落からは遠ざかってしまいがち。できればムーディーな「間接照明」を使って雰囲気をよくしたいものだけど、デザインのいい照明器具は値段が高めで悩ましいところだ。

そこで今回は、一人暮らしの若い世代を中心に個人向けのインテリアスタイリングを提案している「お部屋改造計画」のルームスタイリスト・柳橋浩さんに、手頃な値段で部屋の雰囲気を一変させる「お手軽間接照明テク」を教えてもらった!

「一般的に間接照明というと、スタンドライトやフロアランプといったお洒落な補助照明をイメージしますが、本来の間接照明とはライトの光源が隠れるように設置して、天井や壁、床などに反射させた光を楽しむもの。デザインのいいお洒落な補助照明はどうしても高価になりますが、光源を見せない“真の間接照明”なら、わずかな費用と手間で簡単に部屋を演出できるんですよ」

というわけで、試しにホームセンターなどで入手できる安価なクリップライトを1台用意してみた(筆者は900円で購入)。これを一体どこに設置すればお洒落に見えるの?

「難しく考えず、部屋のなかでアクセントになる家具やインテリアなど、目立たせたい場所に向けてライトを当てればいいんです。ただし、モノそのものにスポットを当てるというより、天井や床、壁に向けて光を漏らすことを意識するのがコツ。例えば、部屋に観葉植物を置いているなら、鉢の裏にクリップライトをはさみ、上に向けて設置してみてください。すごくお洒落に見えますよ」

うーん、本当だろうか? 半信半疑でライトを設置し、夕暮れの部屋のなかでスイッチを入れると…なんとプラントのシルエットが影になって壁に映り、なんだかムーディーな雰囲気に! ライト自体は植物に隠れるので、安っぽい印象もない。

「ほかにも、テレビ台やソファなどの下に蛍光管を置くと、床や壁に反射した光で家具が浮かびあがって幻想的な雰囲気を演出できたりと、アイデア次第でいろいろな場所に間接照明を仕込めます。お気に入りのインテリアに合わせて、好みの照明を選ぶといいですよ」

ちなみに、ランプの色は暖かみのある「白熱色」を選ぶのが定番だが、赤や青のランプなら怪しげなムードを演出できるなど、色によっても作れる雰囲気は異なるんだとか。ちょっとしたDIY感覚で、自由に間接照明を楽しんでみるのも面白いのでは?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。