1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

大阪城復興80年 アンチ徳川、象徴する天守閣

 今年は大阪城天守閣の復興八〇年に当たる。復興当時、この鉄骨鉄筋コンクリート製の天守閣と、陸軍第四師団司令部、紀州御殿などからなる本丸一帯は、「大阪城新公園」と名付けられ、戦後は市民の憩いの場となった。

 この復興天守閣が再建された天主台にはかつて徳川幕府による再築大坂城の天守閣が乗っていたが、寛文五(一六六五)年に落雷で焼失し、以後、天主台だけとなった。その上に、「大坂夏の陣図屏風(びょうぶ)」に描かれた豊臣時代の天守閣が再建されたのであるから、土台は徳川製、天主は豊臣風という「奇妙」な合体が出現したのである。

 この奇妙さは、天主台に合わせて、なぜ徳川時代の天守閣を再建しようとはしなかったのか、という問いを立てれば理解される。徳川の天守閣の存在を消し去ろうとする想(おも)いが、当時の大阪にあったのである。それは同時に徳川の大坂城を忘れることであり、大坂城内に暮らす武士たちを忘れ去ることでもある。

 ■二の丸と本丸は「空白」

 「大坂細見図」「摂州大坂全図」など、江戸時代の大坂で発行された大坂図を眺めていると、大坂城の二の丸と本丸は、「御城」と書かれるだけですべて空白である。まるで構造物など何もなく、誰もいないかのような空白が、大坂城一帯を覆っている。徳川の大坂城を忘れたいという気分を思わせるが、じつは、将軍=公儀の城への配慮が、この空白を生み出している。城内を描いてはいけないのである。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

徳川の罪悪感から生まれた「大阪城の怪談」

 ■お化けは「豊臣」ばかり

 ナニワのシンボル「大阪城」は、言わずとしれた豊臣の城。が、実際には豊臣時代はごく短く、江戸期に再建された徳川の城が300年近く続いた。その時代、城に“勤務”する武士の間で、多くの怪談が語られたことはあまり知られていない。「化物屋敷」「暗闇の間」「禿雪隠(かむろせっちん)」…。雨のそぼふる真夏の一夜、城にまつわる恐怖伝説にふれるイベント「大阪城の怪談」に参加した。(松田則章)

 「この地では、歴史的にみて、ものすごい数の人たちが死んでいるが、お化けは『豊臣』ばかり。まず、この点をおさえてほしい」。イベント案内役の大阪城天守閣研究主幹、北川央(ひろし)さんはまず、参加者にこう語りかけた。

 ■天下普請で造られた

 大阪城は、上町台地と呼ばれる大阪の中心地の北端に築かれた。その歴史は、戦国から安土桃山時代にかけての浄土真宗の拠点「石山本願寺」にさかのぼる。織田信長の本願寺攻め後に焼失し、豊臣秀吉が跡地に大坂城(当時は「大阪」ではなく「大坂」)を築城。大坂夏の陣(1615年)により落城したあと、2代将軍の徳川秀忠の命により、諸国の大名が加わった“天下普請”で徳川大坂城が建てられた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

平清盛 暴君イメージ強いが気遣いでき優しい人と文献に記述

 松山ケンイチ主演でスタートしたNHK大河ドラマ『平清盛』。平安時代、初めて武家として世を治めた平清盛は、これまでにも何度か演じられてきたキャラクターだが、じゃあ、実際はどんな人だったの?と聞かれてもよく分からない。そこで、家族との関係、人柄など、基礎知識を学ぼう。

 最初の妻・明子を亡くした後、貴族の娘・時子をめとった清盛。当時は子孫繁栄のために複数の女性を妾に持ち、正妻をなおざりにする武将も少なくなかったが、清盛は最後まで時子を大事にしたという。今回のドラマの時代考証を務める歴史研究家の本郷和人さんは次のように話す。

「晩年の清盛は出家し、いまの神戸に住んでいたのですが、京都で病気にかかっていた妻の時子が具合を悪くするたびにお見舞いに行っていたといわれています」

 清盛は子供たちにも深い愛情を注いだことで知られる。

「最初の妻との間に2男、後妻の時子との間に3男4女をもうけた清盛は子煩悩な父親だったようです」(本郷さん)

『平家物語』では傲慢な独裁者として描かれている清盛。相手が皇室であろうが貴族であろうが“悪行を起こした者”には容赦なく罰を与え、暴君というイメージがつきまとう。しかし、同じく歴史上の人物でいえば、豊臣秀吉のように部下思いで優しい“上司”という意外な一面も。

「多くの武将は権力行使のために敵はもちろんのこと、自分の兄弟や家来までも殺すことがありましたが、清盛は一切それをしませんでした。また、家来の家族がいるところでは自分より身分の低い家来を立てたり、誰かがギャグですべってもひとり大声で笑うなど、気遣いができる優しい人物だったという文献が残っています」(本郷さん)

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。