1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

【体操】朝日生命を優勝に導いたウズベキスタン出身の美魔女

38歳が優勝の立役者

先ごろ千葉・幕張メッセで行われた体操の全日本団体選手権で、女子の朝日生命が優勝を飾った。

予選では日体大などの後塵を拝して4位にとどまっていたが、予選の得点を持ち越さない決勝では、出場した3選手(美濃部ゆう、野田咲くら、オクサナ・チュソビチナ)が全4種目でいずれもミスのない演技を披露。予選1位の日体大が平均台で落下や転倒などの大過失を連発したのを横目に着実に点を稼ぎ、見事に頂点に立った。

92年バルセロナ五輪から12年ロンドン五輪まで6大会連続出場

今回の朝日生命の優勝で、関係者や体操ファンを驚かせたのがウズベキスタン出身のチュソビチナ選手だ。

本名は、オクサナ・アレクサンドロブナ・チュソビチナ。1975年6月19日に旧ソ連のウズベキスタンで生まれた38歳の超ベテランが体操を始めたのは、7歳のときだった。

抜群の脚力と体操センスを持つ少女の名は旧ソ連体操界で瞬く間に広がり、90年にソ連ナショナルチーム入り。16歳で出た91年世界選手権で団体金メダルを獲得すると、ソ連が崩壊した後は独立国家共同体(EUN)のメンバーとして92年バルセロナ五輪に出場し、ここでも団体金メダルを獲得した。

バルセロナ五輪の後は出身地であるウズベキスタン国籍で活動を続け、96年アトランタ五輪に出場。その後は、同郷のレスリング選手との結婚、アキレス腱断裂、長男出産と激動の日々を乗り越えながら、00年シドニー五輪に出場した。

長男が白血病に…治療費を体操で稼ぐ

最大の試練が訪れたのは02年。99年11月に出産した一粒種の長男アリーシャ君が急性リンパ性白血病を発症したのだ。チュソビチナは自身の練習拠点としていたドイツで息子の治療をすることを決意し、治療費を稼ぐために賞金大会にも出ながら04年アテネ五輪出場。06年にはドイツ国籍を取得し、08年北京五輪にはドイツ代表として出場した。

09年に再びアキレス腱を断裂したがまたしても乗り越え、10年以降は指導者と競技者の2足のわらじを履いて現役を続行。12年ロンドン五輪には再びドイツ代表として出場し、女子体操選手として初の五輪6大会出場を果たしている。

チュソビチナのすごいところは抜群の脚力を存分に生かした跳馬で、今も世界トップクラスに君臨していることだ。33歳で出た北京五輪では、種目別跳馬の銀メダルを手にし、ロンドン五輪では37歳で同5位入賞を果たしている。

そんなチュソビチナに再び転機が訪れたのはロンドン五輪後の12年12月。愛知県豊田市で行われた豊田国際体操競技会に出場した際、元日本女子チーム強化部長の塚原千恵子氏に「朝日生命の小さい子を見て欲しい」と声を掛けられたのだ。

16年リオデジャネイロ五輪出場を目指すことを決意していたチュソビチナにとって、「朝日生命の一員として日本の試合にも出て欲しい」という要請を受けたのは願ってもないことだった。13年からは家族のいるウズベキスタンを拠点にしつつ、スケジュールを調整しながら来日し、子どもたちの指導をしながら練習している。

幸いなことに、愛息のアリーシャくんの病状は回復したそうだ。今ではウズベキスタンの学校に普通に通い、ボウリング競技に打ち込む毎日。「息子は11月18日に14歳になります。今は健康。病気は大丈夫になりました」と話す表情は母親そのものだ。

跳馬は今も世界トップレベル

「日本で仕事ができて、試合にも出られて塚原千恵子さんに感謝している。年齢は38歳だけど、心はまだ18歳」と言うチュソビチナは、「日本でも20歳を超えて体操を続ける選手が増えればいいと思います。私は練習が好き。体操を愛しているから続けています。続ける秘訣は練習、練習、さらに練習。自分がやっていることを愛すること、心を捧げることです」と言葉に力を込める。

チュソビチナは38歳になった今でも、4種目とも一定レベル以上の演技構成をこなしている。技の難度を表すD得点は、段違い平行棒が5.7、平均台が5.9、ゆかが5.6。これら3種目は世界トップレベルとまではいかないが、全日本団体決勝で圧巻の技を見せた跳馬では「来年の世界選手権に向けて新たな技に挑戦しているので、それを見てください」とまだまだ上を目指している。

「私は精神的に折れることを感じたことがありませんが、もっと重要なのは周囲にそう見られないことです」という言葉からは、これぞプロフェッショナルという姿勢が浮かび上がる。

北京五輪、ロンドン五輪を経験した美濃部ゆうは「チュソビチナさんのような選手が海を渡って来てくれているからには、私たちも全力でやらなければいけないと思う」と、メンタル面での好影響を口にする。また、不慣れな器具でもすぐに合わせられる能力の高さや、アップなしでも技に入れる姿にも刺激を受けているという。

村上茉愛を高く評価

「チュソビチナ」と言えば、10月にベルギーで行われた世界選手権の種目別ゆかで4位入賞を果たした村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)が演技に取り入れているH難度の技(後方伸身2回宙返り1回ひねり=伸身ムーンサルト)の名でもある。

言わずともがな、これはチュソビチナが世界で初めて成功させた技。世界選手権で村上の演技を見たというチュソビチナは、「表現力も豊かでとても良い演技だったので、本来であるなら十分3位以内に入れたと思う。私が審判なら、2位か3位にしたと思いますよ」と日本の新鋭を高く評価した。

「目標は16年リオデジャネイロ五輪。20年東京五輪? それはまた様子を見てから考えましょう」

155センチメートル、43キロの小柄な美魔女は、含みのある笑みを浮かべた。世界をまたにかけて闘う女性アスリートはいつまでも輝き続ける。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

石川遼が強くなったワケ。「もう、あのときの精神状態ではやれない」

米ツアーの2013-2014年シーズン開幕第2戦、シュライナーズホスピタル・オープンで石川遼が2位になった。2位といえば、2012年のプエルトリコ・オープンに並ぶ米ツアー自己最高順位。

だが、ホールアウトした石川を取り巻く囲み取材を始めようとしたとき、ちょっぴり不思議で不安な錯覚に陥った。

「上がりが情けない。悔しい」を、まずテレビ用のインタビューで繰り返した石川。「普通よりちょといいぐらいの調子だった」なんて言葉も聞こえてきた。

その言葉を聞き、その表情を眺めていたら、なんだか石川の最終ラウンドは、2位になったとはいえ、本人的にはまるで満足も納得もいかないものだったのか?まったくうれしくないのか?そんな気にさえなってきた。

この際、そのまんま尋ねてしまえ。そう腹を決めて切り出した。「悔しさの方が強い?」

すると、石川は答えた。

「いや、でも、今日この(優勝争いの)状況で(目標に掲げていた1日)4アンダーをクリアできたので、それに対しては一定の評価や点数を自分にあげてもいいのかな」

それを聞いて、こちらも安堵。ああ良かった。うれしいんだな。喜んではいるのだな。

そう再確認したくなるほど、石川は2位になっても、平常心の平常顔だったのだ。

【両サイドOBを知らなかった!?】

米ツアーの正式メンバーとして初参戦した昨季は、シーズン序盤に予選落ちが続き、調子が上がらないままシーズンエンドに向かい、シード落ちの危機に瀕して下部ツアーのファイナル4戦へ。

その初戦は予選落ちしたものの、残る3戦はすべてトップ10入りを果たし、敗者復活の形で今季の米ツアー出場権を得た石川。

そんな紆余曲折を経て臨んだ今季、開幕2戦で続けざまに優勝の二文字を意識しながらのプレーになり、今週は自己ベストタイの2位。

昨季と今季。何がそんなに違うのか?

「体の状態がすごく違う」。昨季は腰痛悪化で練習が思うようにできず、練習不足が予選落ちへ、成績低迷へ、自信喪失へ。そんな負の連鎖に陥っていった。だが、「今は体がすごくいい」。その差は大きい。

「スイングが、クラブの軌道が、安定してきた。プレーンに沿ってクラブが上がって降りてくる」。だからラウンド中、ちょっとぐらいフェアウエイを外しても、ちょっとぐらいピンチに陥っても、「どんな状況でもショットがぶれない。プレッシャーやゲームの悪い流れがショットに出ない。無心で打てる」。その差も大きい。

だが、今の石川が、昨季のみならず昔と比べて一番違うところは、メンタル面だ。

2位になった石川が、こう言った。

「2009年に(日本で)賞金王になったとき、日本で3、4勝していたとき。今はもうあのときの精神状態ではやれない」

あのときの精神状態とは、どんな精神状態か?

「知らないことが多すぎた。成功体験、失敗体験、どちらの絶対値も少なかった。両サイドにOBがあってもドライバーで打ち終わるまで(OBがあることを)知らなかった……みたいな感じだった。高校2、3年だったから、そういう感じでやっていて、日本でたまたまうまくいった。あれから時間が経って、いろいろ苦しい時期があって、今はメンタル的にリカバリーできているのかな」


【テンションは必要以上に上げない】

「初優勝目指して勇んで米ツアーに来たけど……」と肩を落とし、シードも落ちかけ、なんとか下部ツアー・ファイナルを経て這い上がってきた石川は、今では人生でも試合でも、両サイドにOBがあり、池もあり、バンカーもあり、崖もあることを知っている。

だから、舞い上がりすぎず、落ち込みすぎず、平常心を保ちつつ、中庸を心がけ、チャンスを待ち、いざチャンス到来とあらば、そこだけは攻める。そんなゴルファーとしての賢さを身に付けた。

その賢さが最終ラウンドのプレーぶりにはっきりと表れていた。

「9番はイーグルを取りに行った。10番は(攻めずに)待った」

9番(パー5)は2オンしてイーグルパットは外したが、確実にバーディー獲得。10番は「誘ってくるピン位置。でも外すとボギーになるピン位置。だから待って、そこからパットが決まってくれれば……」という作戦で、安全に広い側へ乗せ、6メートルを沈めて、ここでもバーディー。

そんな攻守のバランスを優勝争いの緊張感やプレッシャーの下でも取れるようになった。

スコアを着々と伸ばし、目標にしていた通算16アンダーに達した10番以降、どんどん攻めるぞ、首位に迫るぞとテンションは上がりがちだが、ここでも石川は「テンションは必要以上に上げなかった。上げるとアイアンがどこまでも飛んじゃう。アドレナリンが出てくると、距離感を出すのが難しい。そこは抑えて、冷静に、冷静にと気をつけました」

攻めない攻め、攻めすぎない攻めが、最も強力な攻めになることがある。ことゴルフにおいては――。

そして、もう昔の「あのときの精神状態ではやれない」。

石川遼は、そのぐらい変わった。だからこそ今の彼は強くなった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

厳しい「勝負の世界のおきて」

 ロンドン五輪期間中、テレビ局の仕事で現地のリポーターを務めてきた。日本代表が史上最多38個のメダル(金7、銀14、銅17)を獲得した今大会。私も数多くのメダリスト誕生の瞬間に立ち会えた。

 ■愛ちゃんとの思い出

 印象深かった選手の一人に、卓球女子団体で銀メダルを獲得した福原愛選手がいる。

 初めて会ったのは、愛ちゃんがまだ中学生のころ。もちろん、3歳から卓球を始めた天才少女ぶりは有名で、面識がないときから知っていた。私の出身県である青森県の青森山田中学に進学した彼女を訪ね、テレビの仕事だったこともあって、卓球の対戦もやらしてもらった。

 あのときのスマッシュがどれほど真剣だったのかは、わからないが、自分の体に直撃したピンポン球のスピードと威力に生まれて初めてピンポン球を怖いと思わされたのを覚えている。


 その日の夜、愛ちゃんの身内と夜に焼き肉に行く機会があった。「愛ちゃん、うまいですね」などと話をすると、その方は「身長が伸びると、卓球台と体との位置関係が変わり、微妙に感覚がかわったりするんですよ。そこをどう克服していけるかなんです」というふうに話していた。卓球をお遊び程度にしか思っていなかったが、そこまで神経を研ぎ澄ませる競技なんだと感心させられた。

 それでも、卓球といえば中国が強いというのはわかっていたので、「愛ちゃんが五輪で活躍するのは無理なんじゃないか」と失礼ながら思ってしまったのも事実だった。

 その後も時々、愛ちゃんと一緒に仕事をする機会があった。地元・青森の農産物のPRイベントで一緒になったときのこと。私が「それはゴボウです」と回答することが事前の打ち合わせで決まっていたのだが、舞台に上がったときに忘れて黙っていると、愛ちゃんが小声で「舞の海さん、ゴボウだよ、ゴボウ」とささやいてくれ、助けてもらったこともある。


 ■悔しさをバネに

 私は4年前の北京五輪もテレビの仕事で現地からリポートしたのだが、愛ちゃんが韓国と日本勢初のメダルをかけた団体の3位決定戦で敗れたシーンも見た。悔し涙を流す愛ちゃんに、私も仕事だったので感想を聞いたのだが、とても落ち込んでいた。底抜けに明るい笑顔の愛ちゃんはそこにいなかった。

 愛ちゃんの関係者は「中国や韓国は練習量が違うんですよ。例えば、韓国の選手は本当にぶっ倒れるまで球を打ち続ける。日本は、愛はまだ甘いかもしれない」と話していた。

 今回の五輪を前に知ったのだが、愛ちゃんは韓国に負けたときの写真を練習場に貼って、悔しさをバネに4年間打ち込んできたそうだ。

 昨年12月、テレビ番組の収録で愛ちゃんと会う機会があった。このとき、東京・杉並区の神社に一緒に必勝祈願に出向いた。会うまでは、北京五輪で落ち込んでいた愛ちゃんのイメージがあったので、楽しく話せるか不安だったのだが、久しぶりに会った23歳の愛ちゃんはどこかたくましく、大人になったように見えた。

 神社で引いたおみくじに、愛ちゃんは喜んでいた。「スポーツの分野でも成就できる」という内容のことが書かれていたからだ。3歳上で、重量挙げ女子48キロ級で銀メダルを獲得した三宅宏実選手と仲がいいらしく、一緒に食事にいったりしているという話も楽しそうにしていた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

苦悩の4年去来=献身の妻「言葉にできない」―ボクシング・村田〔五輪・ボクシング〕

 「この日をずっと待っていたので最高に幸せ」。ボクシングで48年ぶりの金メダルを日本にもたらしたミドル級の村田諒太選手(26)=東洋大職=。五輪への挑戦を支えた妻佳子さん(30)は、優勝が決まった瞬間、村田選手が味わった苦悩の日々が脳裏をよぎったという。
 激しく打ち合った選手2人は、試合が終わるとリング上でガッツポーズ。ざわめく会場に勝者の名が告げられ、大歓声に包まれた。
 「この4年間いろんな苦労があったので、一気に思い出がよみがえって…」。目を真っ赤にした佳子さんは、レフェリーに手を挙げられる村田選手を、観客席から見詰めた。
 北京五輪を目指したが「世界の壁」を痛感し、一度引退していた。「抜け殻のようで、心ここにあらずという感じだった」。ボクシングを心から愛していたのだと知らされた。
 その後復帰を果たしたが、体力的にも精神的にも追い込まれた時期を間近で見てきた。「脳の検査を受けた方がいいよ」。体を気遣って口に出た言葉だったが、「自分の体のことは分かってる」と怒られた。並々ならぬ覚悟が伝わった。
 出会った時から、五輪への夢を語っていた。まっすぐな性格に引かれ、いつしか「2人の夢」に。落ち込んだ時は、持ち前の明るさで村田選手を元気づけた。
 自宅の冷蔵庫には佳子さんの書いた張り紙がある。「オリンピックで金メダルを取れました。ありがとうございました。村田諒太」。目標に向けて突き進んでほしいと思い、あえて過去形にした。
 「努力は夢をかなえさせるんですね」。悲願の金メダルで輝く夫の顔には、激戦を物語るあざが残る。「これからは何も考えずに、ただふざけ合いたい」

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

【体操】大舞台を前にしても田中理恵が自然体でいられるワケ

 4月の日本選手権個人総合で初めて頂点に立った田中理恵は、5月のNHK杯でも安定した演技を披露。高い実施点(演技のできばえを評価するEスコア)を出して、個人総合初優勝を飾った。この2大会で争われた五輪代表選考は、ダントツの首位。文句なしで、初の五輪切符を手にした。

 23歳で初めて日本代表入りした田中は、現在25歳。10代半ばでピークを迎える選手が多い女子体操選手としては、異例の遅咲きである。今回のロンドン五輪女子代表メンバーの中ではもちろん最年長。日本女王でもあり、本番では日本女子チーム主将の重責を担うことになった。

 大役を任されて挑む、初めての大舞台。開幕を目前にして、田中の緊張感は増していると思われた。だが、公開練習に臨んだ彼女からはピリピリしたムードは一切感じられなかった。いつもと変わらぬ落ち着いた表情を見せていた。

「五輪のプレッシャーは、できるだけ考えないようにしています。普段の生活や気持ちも変えずに、ユニバーシアードや世界選手権と同じだと思って、いつもどおりの自分でいられるように心がけているんです。以前は練習で調子が悪いと、家に帰ってからもへこんでいたんですけど、今は練習が終わったら、体操のことは一切考えないようにしているんです。去年の冬からそうやって、イライラしないで平常心を保つことを心がけています。だからここ半年間は、一度もイライラしたことがないんですよ」

 そう考えるようになったのは、ある本を読んで知った“引き寄せの法則”がきっかけだった。「自分が今まで歩んできた人生は、自分が引き寄せたもの」といった話を教訓にして、できることなら、良いことを引き寄せるような行動をしようと常に気を配っているという。

「あと、コーチの瀬尾京子さんから『五輪に行くためには、実力や努力も必要だけど、運をどれだけ引き寄せられるかも大事だ』と言われてきた影響もあります。それで、運を引き寄せなければいけないな、と思ったんです」

 そしてもうひとつ、田中が大事にしているのは、メンタル面でのオンとオフの切り換え。ただそれは、少し意識することで自然とできているという。というのも、そうした要素は子どもの頃から養われてきたからだ。

 兄の和仁と弟の佑典もロンドン五輪代表になっている田中家は、まさに体操一家。父・章二さんは、和歌山の『オレンジ体操クラブ』の代表を務め、和歌山北高の体操部監督でもある。しかし、そんな父親が「家にいる時は体操の話はしない」というルールを定め、本当に家では誰もが体操以外の話題しか話さなかったという。

 そういう下地があって、神経質になりやすいこの時期でも、プライベートな時間で周囲の期待に過度に反応したり、重圧に悩まされたり、ということは少ないようだ。その分、体操への集中力もうまく維持できているのだろう。

「また、父はそのときどきで、すごく心に突き刺さるような言葉をかけてくれるんです。2010年の世界選手権でエレガンス賞を受賞したあと、たくさんのメディアに取り上げてもらったんですけど、その際に(世間では)自分が思っている以上に、自分のことを知ってくれている人がいると感じて、それにどう対処していいのかわからなくて、(気持ちが)しんどくなってしまったんです。でも、そのときに父が『自分を作らなくていいから、いつもどおりの生活をして、理恵のままでメディアに接すればいいから』と言ってくれて、すごく(気持ちが)楽になったんです」

 さらに母親も、大会前で緊張しているときには、「失敗してもいいじゃない。あんたが納得する演技をすれば、みんなが喜んでくれると思うよ」などと声をかけてくれ、それが田中にとっては救いになっているという。

「今は、いとこの女の子と電話で話しているときが、いちばん楽ですね。私が『つらい』と言えば、『辞めたらいいやん』とか軽く言ってくるし、『みんなが応援しているから、私は応援せんで』なんて、あまのじゃくみたいなことを言ってきて、そういう反応を聞くと、逆に私もすっきりするんですよ(笑)」

 そんなふうにして、これまでいろいろな人に支えられて競技を続けてきたという田中。この年齢までやり続けている理由としては、こんな思いを明かしてくれた。

「自分ががんばることで、大学生になってもがんばる人が増えてきていると思うので、そういう意味でも、まだまだ自分が結果を出して、引っ張っていかなければいけないと実感しています。その結果、若くして消えてしまう選手が減って、長く続けることで花を咲かせられる選手がどんどん多くなってくれればいいな、と思います」

 ゆえに、20代を迎えるとベテランと言われる女子体操界にあっても、田中からは衰えを感じない。本人も「体力的にも、自分が想像していたよりはしんどくない」と言う。10代の選手たちとの練習では、「みんなについていけないのでは……」といった不安も感じたらしいが、「実際にやってみるとそうでもなかった」と言って、屈託のない笑顔を見せる。

「(大学院生として所属する)日体大は、年齢に関係なく、誰に対しても特別扱いをしない所なので、その環境に救われていますね。(25歳でも)気持ちは、大学4年生で止まっているので、『しんどい』なんて言っていられないですよ。まだ体力もついてきていると思いますから(笑)」

 ロンドン五輪最大の目標は、団体での8位以内入賞だ。昨年の世界選手権で7位だったことを思えば、十分に実現可能だろう。むしろ、その世界選手権の予選で5位通過を果たしていることを考えれば、それ以上の結果が期待される。

「個人としては、それぞれの演技での技の姿勢や表現力を見てもらいたいけれど、一番はノーミスの演技が目標です。そうすれば、個人総合にも出られるだろうし(団体演技における上位24名。各国2名)、日本チームの結果もついてくると思います」

 年を重ねるごとに進化してきた田中。これまでの日本女子選手とは違う、若さだけでは表現しきれない、円熟した動きと体操競技本来の“美”を追求した演技で、見る者を魅了してほしい。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動