1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

メンズエッグ休刊 「渋谷発・ギャル男」終焉の理由〈週刊朝日〉

「ギャル男(お)」という若者文化が危機にひんしている。ギャルのような服を着た男性を、こう呼んできた。

「日焼けサロンで黒く焦がした肌に、長く伸ばしたメッシュ入りの金髪。そして派手なアクセサリーで飾り立てた若者男子の総称ですよね」(スタイリスト)

 その文化を牽引(けんいん)してきた男性ファッション誌「メンズエッグ」(大洋図書)が、10月12日発売の11月号を最後に無期限の休刊となった。

「14年の歴史に幕を下ろす事実上の廃刊です。原因は出版不況だけではなく、ギャル男ブームが終わったのが大きい」(出版関係者)

 芸能界に多くの人材を送り出してきたギャル男の世界。11月2日発売の『渋谷(ヒロム)と呼ばれた男~ギャル男の終焉~』(鉄人社)の著者で、元「メンズエッグ」カリスマモデルの植竹拓(ヒロム)さんは、こう振り返る。

「1990年代後半に火がつき、最盛期は2005、06年ごろでした。今の若者は『ギャル男』という言葉自体、ほとんど使いません。とはいえ、ギャル男にあたる若者が消えた訳ではない。男性のファッションが多様化、細分化したことで、『ギャル男』という言葉ではひとくくりにできなくなったのが現実だと思います」

 渋谷という街の求心力が低下したこともブームが衰退した原因ではないかと、植竹さんは分析する。

「ブログやSNSなどが普及するにつれ、若者は街に出かけなくても自己主張できるようになった。渋谷という街に出なくても、仲間がつくれるようになった」

 渋谷区内で飲食店を営む男性は、別の角度から「渋谷」を語る。

「渋谷では、地元商店主が中心となったSCGPという自警団が組織され、05年ごろから路上でたむろする若者を排除するようになりました。街が清潔になった一方、居場所を求める若者は追いやられてしまった」

 そんな若者が、ネットの世界に足場を移したのか。最後に、植竹さんはこう総括する。

「ギャル男は男性による渋谷発信の若者文化としては、過去最大規模だったと思います。『なんでもあり』という折衷主義的なファッションスタイルは、日本のオリジナルです。元祖ギャル男代表として、その精神は継承していきたい」

 時代の鏡として浮上し、消えたギャル男。そのハートよ、永遠なれ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「授かり婚」推奨のan・anにネットで疑問の声 プロポーズから出産まで一気に叶えられる?

 子供ができてから結婚する「できちゃった結婚(デキ婚)」が珍しくない今日このごろ、呼び方も「おめでた婚」「授かり婚」に替わりイメージの悪さが薄まりつつある。

 そんな中、「プロポーズから出産まで一気に叶える!授かり婚はこんなにスバラシイ!」という大胆な見出しが女性誌に登場した。インターネット上では「さすがに推奨するのはどうなのか」と物議を醸している。

■「アラサーには特にオススメ」と授かり婚推奨

 授かり婚の記事が掲載されているのは、「男が結婚を決める理由」をテーマにした「an・an」最新号(2013年9月25日発売)。今、結婚したい男性が増えているとして、さまざまなデータとともに男心を知るヒントを紹介している。

 中でも注目を集めているのが、冒頭でも紹介した「授かり婚」特集だ。誌面ではメリットとして(1)結婚の覚悟が即できる(2)結婚と出産、Wのオメデタ(3)すぐに家族の絆が生まれる(4)周囲に祝福してもらいやすい(5)出産までの時間がスピーディー、の5点を掲げる。高齢出産の身体的負担を考えると、タイムロスが少ない授かり婚はアラサー(30歳前後)女子にとって大きなメリットになるとも指摘する。「基礎体温をつける」「半同棲して避妊は気にしない」など成功のコツも伝授した。

 厚生労働省の調査によると、嫡出第1子出生のうち、結婚期間が妊娠期間より短い出生(=授かり婚)の占める割合は25.3%(平成21年)。第1子を出産する人の約4人に1人が授かり婚での出産ということになる。最近では「授かり婚」のカップルに特化した結婚情報サービスまで登場し、an・anのいうとおり「授かり婚」が定着してきていることは確かだ。

 しかし、いくら市民権を得ているとはいえ、積極的に推進することに対しては違和感を持つ人も少なくない。発売後、インターネット上では「なんかもう世の中こんなことになってんの?と思い、驚愕」「…喧嘩売ってるんですかね」「危機管理能力がこれから先さらに求められるようになりそうですね。男性のみなさん頑張ってください」「でき婚と授かりは計画性があるかないかで違うとかいいながら彼氏が決断してくれないなら授かりを狙いましょう的な推奨文で心底気持ち悪いと思った」といったコメントがいくつもあがった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<なかよし>異例の部数4割増 「マンガ家セット」問い合わせ殺到で

 マンガの描き方を学べる「進化形まんが家究極セット」を付録した少女マンガ誌「なかよし」(講談社)9月号(3日発売)が、通常の4割増の部数で出荷したことが3日、分かった。同誌3月号で、同様の付録「なかよしマンガ家セット」を付け2月に発売したところ、わずか1週間で完売状態となり、「購入できない」との問い合わせが殺到したための措置だという。関係者は「今回は読者が『買えない』と悲しまないようにしたかった」と、異例の部数増の理由を明かしている。

【写真特集】超本格的!マンガ家セットの中身
.

 「進化形まんが家究極セット」が付いた同誌9月号(特別定価580円)は、前号よりも6万部増で出荷。日本雑誌協会によると同誌の発行部数(2013年1~3月)は1号につき約14万5000部で、6万部増は通常の約4割増となる。
.

 「進化形まんが家究極セット」は、初音ミクの髪色のミントグリーンを含む特製カラー筆ペンが3本付き、マンガの描き方ブック、下描き専用の水色鉛筆、人気連載陣がプロデュースした特別なスクリーントーン、なぞるだけでプロのような絵が描ける「なぞるだけプロ原稿」、トレーシングペーパーなどが封入されている。また連動企画として、初音ミクの描き方などをプロが細かくレクチャーする動画を動画サイトで公開している。
.

 「なかよし」は1955年に創刊。刊行中のマンガ誌としては日本で最も古く、「キャンディ・キャンディ」や「美少女戦士セーラームーン」など多くのヒット作を生み出してきた。マンガ誌は1990年代後半をピークに部数が下がり続け、各社とも部数を増やすためにさまざまな企画に取り組んでいる。最近では「週刊少年サンデー」(小学館)が1号限りながら17年ぶりに価格を200円に下げて実売を3割増やしたことが話題になった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

AKBこじはる、“エロティシズム”全開 『anan』SEX特集に「私でいいのか・・・」

 人気アイドルグループ・AKB48の小嶋陽菜(24)が、ファッション誌『anan』(マガジンハウス)の恒例企画「SEX特集」の表紙とグラビアを飾ることが6日、わかった。これまで女優の米倉涼子や山下智久、向井理、米メジャーリーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手など、さまざまな顔ぶれが登場してきた年に1度の同企画。「私でいいのか最後まで不安だった」という小嶋だが、ベッドの上に横たわり、汗ばんだ色っぽい視線で見上げる姿など、まるで情事の後を思わせるかのような“大人の色気”をかもしだしている。

 昨年4月に発売された同誌で大胆なランジェリー姿を披露し話題となった小嶋は、今回はさらにセクシーなカットに挑戦。シーツをまとっただけのショットから、下着姿での大人っぽい表情まで、1000カット以上もの中から厳選した12カットを披露する。大胆に、そして繊細に変わる表情を切り取り、これまでの“こじはる”から一皮むけた大人の女性の“エロティシズム”を映しだす。

 不安げな言葉とは裏腹に、撮影ではカメラマンからのさまざま指示に的確に反応していった小嶋。5時間以上にもおよぶ撮影にスタッフは疲労困憊だったが、小嶋は「あっという間に終わっちゃった感じです」と、最後まで爽やかな笑顔をのぞかせていたという。

 本人もお気に入りというカットが表紙になっている『anan』は8月10日発売。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

オヤジ版ジャンプ!? 『漫画ゴラク』に超メジャー作家が集結

 『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)といえば、昔ながらのラーメン屋や喫茶店、銭湯の脱衣所の片隅などに、だらしなく積まれ、世のお父さんやおじいちゃんに読まれている「オヤジ雑誌」として認識している人も多いのではないだろうか。

 しかし、そんな「オヤジ雑誌」に今、変化が起きている。

 『キャプテン翼』(集英社)の高橋陽一、『魁!! 男塾』(集英社)の宮下あきら、『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』(日本文芸社)のにわのまこと、『銀牙-流れ星 銀-』(集英社)の高橋よしひろ……。そう、かつてあの『週刊少年ジャンプ』で脚光を浴びた作家たちが多数、連載陣として名を連ねているのだ。

『週刊少年ジャンプ』だけではない。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で『グラップラー刃牙』(秋田書店)を連載していた板垣恵介。『週刊ヤングジャンプ』で『CUFFS ~傷だらけの地図~』(集英社)などの重厚なアクションマンガを描き人気を博した東條 仁や、『週刊ヤングサンデー』(小学館)の『桜通信』(小学館)などで世の男性の股間を幾度も刺激してきた遊人。さらには、『沈黙の艦隊』(講談社)『ジパング』(講談社)のかわぐちかいじまでが連載作家の仲間入りを果たしている。

 大ベテランも黙ってはいない。『マジンガーZ』(講談社)の作者で知られるあの永井豪は自伝マンガ『激マン!』を連載中だ。

 とにかく看板こそ『漫画ゴラク』のままだが、ラインナップは超メジャーマンガ誌そのもの。その様はまるで、オヤジの枯れた世界に突如、いくつものきら星が現れ、まぶしい光を放ち始めたかのようだ。

 しかも、彼らはそこで「過去の栄光」を焼き直ししているわけではない。過去の連載作品を引き継いだものはさらにその深みを増し、新たに描き上げられたものは大人のテイストにあふれた作品となっている。例えば、高橋陽一は『誇り~プライド』という作品でスーパースターでなくJ2に落ちた選手を描き、永井豪は『激マン!』で自身の代表作『デビルマン』の舞台裏や裏話を暴露し続けている。これだけの大御所たちに、『漫画ゴラク』にあわせた作品を描かせるあたりは、「オヤジ雑誌」の第1人者としての地位を築いてきた力の成せる技といっていいだろう。

 いや、もう『漫画ゴラク』のことを「オヤジ雑誌」と呼んではいけないのかもしれない。年輪を重ねた男の深みと、少年誌で培われたダイナミックなエンタテインメント感覚のコラボレーション。『漫画ゴラク』は今、マンガ雑誌の世界にまったく新しいジャンルを切り拓きつつあるのだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動