1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

マントル「のぞき窓」海底で発見、名はゴジラ

 日本の最南端・沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の南東約700キロ・メートルの海底に、地下のマントルが露出した世界最大のドーム状の岩塊が存在することが海上保安庁や海洋研究開発機構などの調査でわかった。

 通常は直接観察できないマントルを見るための「のぞき窓」として、地球内部の仕組みの解明に役立つと期待されるほか、マントルは有用金属や宝石になる鉱物を含むため、新たな海底資源として注目されている。

 岩塊は縦125キロ・メートル、幅55キロ・メートル、高さ(最深部との高低差)約4キロ・メートル。東京都の面積の3倍程度の大きさがある。その巨大さから、まるで海底にいる怪獣のようだとして、海外でも有名な日本の特撮映画から「ゴジラ・メガムリオン(巨大な棒状の岩)」と命名された。

 海底の地殻は通常、溶岩が冷えて固まった玄武岩でできているが、ゴジラはマントルの成分であるかんらん岩などでできていた。約1000万~500万年前の海底の変動で地殻の一部が引きずられるように破れ、内部が露出した場所と考えられている。いわば、「地球の皮がむけた状態」(海上保安庁・小原泰彦上席研究官)。ずれた痕跡とみられる断層も確認した。

 ゴジラの名前は論文にも使用された。これまでに頭、首、尾などと呼ばれる14個の丘が確認されている。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

南極にもダイヤ鉱脈か=手掛かりの火山岩を初発見―採掘はできず・豪州チーム

 ダイヤモンドを含むことが多い「キンバーライト」と呼ばれる火山岩を南極大陸で初めて発見したと、オーストラリア国立大などの研究チームが18日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。
 ダイヤが見つかっても、環境を保護する国際的な取り決めで採掘はできない。しかし、このキンバーライトができた過程を調べると、約1億2000万年前(白亜紀初期)の大陸移動を探る手掛かりになるという。 
 ダイヤは特殊な結晶構造の炭素で、大昔に地下深くのマントルの高温高圧下で形成され、マグマと一緒に地表に急上昇した所で見つかる。この急上昇したマグマが冷えた岩石がキンバーライトだ。
 かつてはインドやブラジルが主なダイヤ産地だった。インドや南米大陸のほか、現在の主要産地であるアフリカとオーストラリアは、白亜紀までは南極大陸とともに広大な「ゴンドワナ大陸」を形成していた。このため、南極大陸にもキンバーライトがあるのではないかと考えられてきた。
 研究チームがキンバーライト岩石を発見したのは南極大陸のプリンスチャールズ山脈北部で、昭和基地から東へ遠く離れた位置にある。この岩石の年代を測定すると約1億2000万年前だった。南極・オーストラリア大陸からインドが分かれて離れ始めた時期に当たり、この大陸移動を引き起こすマントルの流れを探るのに役立つという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「金髪の少女」両親判明=DNA鑑定で確認―ブルガリア

 ギリシャで少数民族ロマの男女が金髪の少女を育てていた問題で、ブルガリア内務省は25日、DNA鑑定の結果、同国中部ニコラエボに住むロマの男女が実の両親と確認されたことを明らかにした。
 同省によると、実母はサシャ・ルセバさんで実父はアタナス・ルセフさん。サシャさんは24日、数年前にギリシャで産んだ女児を生後7カ月ごろ、別の女性に預けたと明かしていた。生活が苦しかったためで、金は受け取っていないと強調している。
 色白で金髪の少女は10月中旬、ギリシャ中部のロマのキャンプで見つかった。育てていた男女の肌や髪の色が少女と異なるため、DNA鑑定を実施したところ、実子ではないと判明。2人はブルガリアのロマ女性から預かったと説明していた。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

氷河で大量の宝石発見=墜落インド機の荷物か―仏

 フランス南東部アルプス山脈の最高峰モンブラン近くの氷河で、宝石の詰まった金属製ケースを登山家が発見した。AFP通信が26日、警察関係者の話として報じた。ルビー、サファイア、エメラルドなど総額13万~24万6000ユーロ(約1700万~3300万円)と推定され、20世紀半ばに付近で墜落したインド旅客機に積まれていたとみられる。
 警察関係者によると、ケースに「インド製」と記された袋も入っていたため、登山家は墜落機の荷物と考え地元警察に届け出た。仏当局がインド側に連絡しているが、持ち主が特定されない場合、フランスの法律に基づき、発見した登山家に引き渡される可能性もあるという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

7月から行方不明の高3女生徒を保護 神社で発見 千葉・茂原

 千葉県茂原市で7月11日から行方が分からなくなっていた県立岬高校園芸科3年の女子生徒(17)について、県警茂原署は26日、同市本納の日枝神社の本殿内に1人でうずくまっている女子生徒を近所の男性(70)が同日午後0時10分ごろに発見したと発表した。女子生徒は保護され、病院に運ばれた。外見上はけがをしている様子はなく、行方不明当時と同じとみられる制服を着ていたという。

 本殿には、4日前の22日には近所の住民らが訪れていたが、女子生徒はいなかったという。女子生徒は自分の名前を名乗っているという。

 女子生徒は7月11日に下校後、午後3時ごろに自宅最寄りのJR外房線本(ほん)納(のう)駅の改札を、制服姿で1人で出る姿が防犯カメラに写っていたのを最後に、行方が分からなくなっていた。

 8月7日には家族の要望を受けて県警が公開捜査に踏み切り、事件に巻き込まれた可能性もあるとして情報提供を呼びかけるとともに、付近の山などを捜索していた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。