1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

掃除後に知っておきたい! 片付いたキレイな部屋を保つコツ

年末の大掃除などで片付けたはずの部屋、すでに散らかっていませんか?時間をかけてしっかり掃除した部屋は、なるべくそのままの状態を保っておきたいですよね。そこで今日は、キレイな部屋を保つためのコツや整頓術を紹介します。

「片付いた部屋を保つコツとは 」の写真・リンク付きの記事

■ キレイな部屋を保つコツは?

▽ 【2ch】ニュー速クオリティ:いつも部屋をキレイにするための掃除・整理整頓のマイルール

上記のエントリーによれば、片付いたキレイな部屋を保つコツとして次のようなことが挙げられています。

絶対に床に物を置かない
寝る前にリビングの片付けをする
毎食ごとに食器をすぐ洗う
お風呂は毎日風呂上がりに洗う
明日着る服を決めて寝る
帰宅後は毎回必ずカバンの整理をする
くつを買うとき、箱はもらわない
一度立ったついでに何かひとつ片付ける
1年間使わなかった物は捨てる
定期的に人を呼ぶ

不要なものはできるだけ部屋に置かない、使ったものはすぐに片付ける、何かのついでに掃除をする、といった方法が紹介されていました。「1つ買ったら1つ捨てる」「寝る前、出かける前に5分だけ片付ける」など、自分の中にルールを設けているという人も多いようです。また、部屋のどの場所が散らかりやすいかを把握し、その場所に片付け用のボックスやかごを置くようにするといったアドバイスもありました。

■ なるべくキレイな状態を保つための掃除テク

▽ 毎日のチョコチョコ掃除を語るスレ

キレイな部屋を保つには、毎日ちょっとずつ掃除することがポイント。普段どのような掃除をしているかを語るエントリーでは、次のような掃除方法が寄せられていました。

冷蔵庫の上にラップを貼り付けると、ホコリ掃除が楽に
毎日お風呂上りに冷水をかけ、タオルで水気をふきとると、お風呂がピカピカ
キッチンクリーナーを必ず1日1枚使う
シンクの横に使い古しの歯ブラシ置き、気がついたときに蛇口の根元などをこする
調理時に汁や物が飛んで汚れた時はすぐに拭く

まとまった掃除の時間が持てないという人でも、毎日のちょっとした空き時間にさっと掃除をするだけで、キレイな部屋を保つことができます。掃除グッズは「クイックルワイパー」や歯ブラシのほか、赤ちゃんのおしりふきなども紹介されていました。

▽ ホコリがないキレイな家を保つ、8つのTIPS : ライフハッカー[日本版]
▽ FPN-机の上を散らかさないようにするための10のコツ

どうしても発生してしまうホコリについては、「クローゼットの中を綺麗に保つ」「シーツや枕を毎週洗う」「捨ててもいい端切れなどを使って、ホコリをとる」といった心がけで掃除が楽になるとのこと。また仕事などで使う机の上をキレイにするコツには「使わないペンは机の上から追放する」「デスクで物を食べない」などの方法がリストアップされています。

■ ものが散らからない整理整頓術

<片付いた部屋がまた散らかる3つの原因とは?>

▽ 片付けてもリバウンドしない整理収納のコツ [収納] All About

せっかく整理整頓をした後でも、出し入れを続けていくうちに散らかしてしまうというケースが多いのではないでしょうか。そんな“リバウンド”の原因には、「物を詰め込みすぎる」「手の届かない場所に必需品をしまってしまう」「出し入れが面倒なしまい方をしてしまう」の3つが挙げられています。隙間があるとついものを置きたくなるかもしれませんが、空いたスペースはそのままにしておきましょう。1日に何度も使うものや毎日必要なものは、すぐ手に取りやすい場所に置いておきます。よく使うものは、特に出し入れしやすい場所に収納しておくとよいでしょう。

<本・雑誌にCD・DVD、散らかりやすいものを片付けるコツ>

下記のエントリーでは、本や雑誌、CDやDVDなどの“部屋が散らかる原因”になりやすいものの上手な整頓術を紹介しています。最近部屋が散らかり気味だという人は、これらのエントリーを参考にキレイな部屋を目指してみてはいかがでしょうか?

▽ 収納のコツから本棚の作り方まで!「本・雑誌」の整理術 - はてなブックマークニュース
▽ どんどん増え続ける「CD・DVD」をスッキリ整理する方法 - はてなブックマークニュース
▽ 手紙、ハガキ、DMに明細書 たまった「郵便物」を整理するコツ - はてなブックマークニュース
▽ 大学生の部屋を散らからせない方法 - Cheshire Life

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

一度やれば半年は持つ「ベランダ」お手軽掃除!

毎日仕事で忙しいR25世代にとって、部屋の掃除は面倒なもの。ましてや部屋の中と外の中間である「ベランダ」に至っては、入居時から手付かずのまま放置している人も多いはずだ。長期間風雨にさらされたベランダは砂にまみれ、手すりに触れるだけで手がザラザラと黒く汚れてしまう不快な空間になっている。これを爽やかスペースに復活させるには、一体どうすればいいの?

そこで今回は、「お掃除家庭教師」として一般家庭向けの掃除術をレクチャーしているRaw Blissの狩野純一さんに、一度やればしばらく放置してもOKな「ベランダの掃除テク」を教えてもらった。

「ベランダが汚れる一番の原因は、砂ぼこりと排ガス。特に大通りに面した部屋では、排ガスが黒いススになって溜まりがちなんです。これを掃除するには、豪快に『水とデッキブラシ』でゴシゴシ洗うのが最善ですね。まず壁の上側からホースで水をジャブジャブかけ、ブラシで擦ります。すると汚れが床に落ちるので、最後に床面をブラッシング。晴れた日ならすぐに乾燥するので、これだけで引っ越し初日のようなベランダが復活しますよ」

なるほど、始めちゃえば簡単そうですな。でもベランダに水道の蛇口がない場合は?

「ジョウロを使うという手もありますが、できれば庭掃除などで使う『リール式のホース』を用意してキッチンなどの蛇口につなぎ、直接ベランダで水を出せるようにするのがベストですね。ちなみに、ベランダに置いてあるエアコンの室外機は防水がしっかりしているので、これも水をかけて豪快に洗ってOKです」

ただ、筆者の自宅のベランダは捨てそびれた燃えるゴミや、使わなくなった家具なんかを置いておく「私設ゴミ置き場」状態になっているんだけど…。これはどうしたもの?

「それはマズいです、すぐに処分してください。そもそも賃貸住宅のベランダは室内とは違って“共用部分”にあたり、イザというときの避難経路でもあるんです。そのため、ゴミや不用品などで通路を塞いでしまうのは危険なんです。そういった意味でも、ベランダは常にキレイにしておいた方がいいんですよ」

…し、知らなかった、早く粗大ゴミに出さなくちゃ。ちなみにベランダが一番汚れるのは大雨と強風の日。それでも一度掃除すれば、半年くらいはスッキリ感が持つんだとか。よく晴れた休日に、船乗り気分でデッキブラシを振るってみるのもいいのでは?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

年末の大掃除グッズ、今年の売れ筋は“エコ系”!

今年もいよいよ大掃除の季節。大掃除とは、1年の汚れを落とし、気持ち良く新年を迎えるための昔からの習慣だ。そんな年末の大掃除グッズに関して、通販サイト「Amazon.co.jp」は売れ筋ランキングを発表。今年は“洗剤や水を使わない”エコ掃除グッズが人気のようだ。

昨年は、モップ付きのスリッパやフローリング用のワックスシートなど、「手軽さ」や「手肌への優しさ」が感じられるものが大掃除グッズの人気ランキングを占めていたが、今季「Amazon.co.jp」から発表された売れ筋ランキングでは、“洗剤や水を使わない”エコ系の掃除グッズが今年の人気だということが判明。1位はモップや雑巾代わりとして、冷たい水に触れずに使える手袋「あっちこっち おそうじ手袋」(780円・テイジン)、2位は洗剤不要のマイクロファイバー雑巾「レック 激落ちクロス マイクロファイバー10枚入り」(1138円・レック)、3位は水に濡らしてこするだけで、網戸の汚れが取れるという「柄つきあみ戸びっクリーン」(798円・セイエイ)となり、トップ3は「洗剤なし商品」の独占状態だった。

また、5位の取っ手付きお風呂スポンジ「ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー」(山崎産業)や、“コロコロ”でお馴染みとなっている6・7位の「コロコロ フロアクリン ジョイントシャフト(C2490)」「コロコロ フロアクリン ジョイントシャフト(C2490)スペアテープ3巻入り」(ニトムズ)など、ベスト10入りした内の9つは「エコ」につながる商品という結果に。トップ3の「洗剤なし商品」に加え、「水なし」で使える商品も5商品ランクインした。

今年は震災の影響もあり、節電・省エネに対する意識も高まったが、年々エコバッグやLED電球の使用率が高まるなど、世間のエコ活動への関心は拡大している。今回の売れ筋ランキングでも、“エコ系人気”が裏付けられたが、ただ環境に優しいだけでなく、人にも優しく、掃除グッズの便利さが進化しているのもポイント。是非、年末の大掃除でいろんなグッズを試してみては?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

部屋の隅々に溜まる“ホコリ”を5分で一掃する方法!

一人暮らしで仕事に明け暮れるごく普通のR25世代にとって、すぐに溜まる「部屋のホコリ」はうっとうしいもの。気が向いたら掃除機で床のホコリを吸うくらいはするけれど、たまに家具の上やテレビの裏側のような狭いスペースを覗いてみると、ホコリが積もりきって大変なことになっていたりする。でも、狭すぎて掃除機では上手く吸い取れないし、一体どうすればいいのやら?

そこで今回は、「お掃除家庭教師」として一般家庭向けの掃除術をレクチャーしているRaw Blissの狩野純一さんに、もっとも手間いらずな「部屋の隅々のホコリ」の一掃テクを伝授してもらうことに!

「ホコリは部屋中のあらゆる場所に溜まるので、掃除機ではカバーできない範囲も多いんです。天井のランプシェードや壁収納の上などはもちろん、モノがたくさん置いてある棚や、テレビなどの家電の裏側も掃除機の使いにくいスペース。こういった場所を掃除するには、『ハタキ』を使うのがベストです。一口にハタキといっても様々な種類がありますが、もっとも手軽なのがホコリを吸着する『化繊ハタキ』を使う方法ですね」

ハタキといえば、パタパタ叩いてホコリを落とすイメージがあるけど、化繊ハタキならではの正しい使い方ってあるの?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

一度やれば半年は持つ「ベランダ」お手軽掃除!

毎日仕事で忙しいR25世代にとって、部屋の掃除は面倒なもの。ましてや部屋の中と外の中間である「ベランダ」に至っては、入居時から手付かずのまま放置している人も多いはずだ。長期間風雨にさらされたベランダは砂にまみれ、手すりに触れるだけで手がザラザラと黒く汚れてしまう不快な空間になっている。これを爽やかスペースに復活させるには、一体どうすればいいの?

そこで今回は、「お掃除家庭教師」として一般家庭向けの掃除術をレクチャーしているRaw Blissの狩野純一さんに、一度やればしばらく放置してもOKな「ベランダの掃除テク」を教えてもらった。

「ベランダが汚れる一番の原因は、砂ぼこりと排ガス。特に大通りに面した部屋では、排ガスが黒いススになって溜まりがちなんです。これを掃除するには、豪快に『水とデッキブラシ』でゴシゴシ洗うのが最善ですね。まず壁の上側からホースで水をジャブジャブかけ、ブラシで擦ります。すると汚れが床に落ちるので、最後に床面をブラッシング。晴れた日ならすぐに乾燥するので、これだけで引っ越し初日のようなベランダが復活しますよ」

なるほど、始めちゃえば簡単そうですな。でもベランダに水道の蛇口がない場合は?

「ジョウロを使うという手もありますが、できれば庭掃除などで使う『リール式のホース』を用意してキッチンなどの蛇口につなぎ、直接ベランダで水を出せるようにするのがベストですね。ちなみに、ベランダに置いてあるエアコンの室外機は防水がしっかりしているので、これも水をかけて豪快に洗ってOKです」

ただ、筆者の自宅のベランダは捨てそびれた燃えるゴミや、使わなくなった家具なんかを置いておく「私設ゴミ置き場」状態になっているんだけど…。これはどうしたもの?

「それはマズいです、すぐに処分してください。そもそも賃貸住宅のベランダは室内とは違って“共用部分”にあたり、イザというときの避難経路でもあるんです。そのため、ゴミや不用品などで通路を塞いでしまうのは危険なんです。そういった意味でも、ベランダは常にキレイにしておいた方がいいんですよ」

…し、知らなかった、早く粗大ゴミに出さなくちゃ。ちなみにベランダが一番汚れるのは大雨と強風の日。それでも一度掃除すれば、半年くらいはスッキリ感が持つんだとか。よく晴れた休日に、船乗り気分でデッキブラシを振るってみるのもいいのでは?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。