1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

2ちゃん情報流出 自業自得なのか…「匿名の暴言」が突きつけた闇

 匿名掲示板「2ちゃんねる」で8月末、提供されていた有料サービス「2ちゃんねるビューア」の会員情報や書き込み履歴などが流出した問題。クレジットカードなどの個人情報のほかにも、匿名のつもりで吐いた暴言の発言者が特定される例が続出し、一部で深刻な人間不信を招いている。流出という事態は、どんな「闇」を照らし出したのか。

 「僕は2ch上において暴言や誹謗(ひぼう)中傷を多数行っておりました」

 ある人気ライトノベル作家は8月27日、公式サイトに謝罪文を掲げた。匿名で同業作家らに対して「虚言癖持ち」「見栄を張るためだけに嘘をつき続ける人間」などの中傷を書き込んでいたことが、流出情報により明らかになったためだ。

 ◆自業自得なのか

 当然ながら、ネットでは猛批判を浴びて炎上。「完全に自業自得。今回みたいな希少すぎる偶然がなければこいつはずっとクズ行為を続けてたんだよ」(2ちゃんねる)と糾弾が続く中で、「太宰治が現代にいたら同じようなことしてたんじゃね」(同)と、やや同情的な意見も。中傷の対象となった作家自身はツイッターで「別に悪く思っていないし、過ぎたことです」と発言し、“大人の対応”を見せている。

 他にも、2ちゃんねるの書き込みをまとめていた人気サイトの管理人は、当の2ちゃんねるで差別語や卑語を並べる「荒らし」行為を常習的に行っていたことが発覚し、サイト閉鎖に追い込まれた。有名企業や官庁、学校などのメールアドレスも多数見つかっており、それらの登録者の発言を割り出そうとする動きも盛んで、騒動は当分の間続きそうだ。

 個人情報のネット流出はもはや珍しくないが、今回の事件が特異なのは、利用者の実名や住所、クレジットカード番号などと、2ちゃんねるの書き込み履歴が照応可能な形で流出したことだ。流出した書き込み履歴は約1カ月分にすぎないが、人によってはカード情報の流出よりも被害が大きいかもしれない。

 流出被害者が善後策を話し合う掲示板では「性癖が個人情報とともに流出した…どうしよう」「社会的に失うものはそれなりにあるよ。この年までいろいろ努力して築いてきたものが。それを自分の不注意と悪意のある人間によってダメにした」「今更後悔してもしきれない、もう二度とネットに変なことは書かない」といった、後悔と怨嗟(えんさ)の声に満ちている。

 ◆同調圧力への反発?

 2ちゃんねるは開設当初から「便所の落書き」とも呼ばれ、あらゆる意見が匿名で自由に投稿できることで人気を集めてきた。最近のツイッターの炎上事件での投稿者批判にみられるように、日本では世間の規範から逸脱した者への社会的制裁は厳しい。日本のネットは国際的に見ても匿名志向が強いとされるが、それは実社会の同調圧力の強さへの反作用とする見方も成り立つだろう。

 「書き込みが結構面白くて、好きだった住人が、別の板の特定のスレでは執拗(しつよう)な荒らしをしていたのは引いたわ…人間の心の闇を垣間見た気がして」(2ちゃんねる)

 今回の流出が突きつけたのは、ネット上に完全な匿名は存在しないという事実の確認はもちろん、人間が匿名を許された場合にどう振る舞うか、それが露見した場合にどんな社会的制裁が降りかかるかという、あまり愉快でない現実だった。(磨)

 【用語解説】2ちゃんねる IT実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏が、平成11年に開設したインターネット掲示板。政治、経済からマイナーな趣味まで、幅広い分野で匿名での自由な書き込みが行われ、短期間で日本最大級の掲示板に成長した。一方で、中傷や犯罪予告などの問題も発生している。西村氏は21年、ブログで2ちゃんねるをシンガポール企業に売却したことを発表した。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「転載禁止」で岐路に立たされたまとめサイト 「はちま」「オレ的」「やらおん」は影響力3分の1に

 5月に2ちゃんねるから名指しで「転載禁止」を宣言された5サイト(「やらおん!」「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@刃」「ニュー速VIPブログ」)のうち、「ハム速」を除く4サイトに、転載禁止以降明らかな衰退傾向が見られることが分かった。ブログ「Life like a clown」の調査によると、ツイート数やはてなブックマーク数は転載禁止前の「3分の1程度にまで落ち込んで」いるとのこと。

 集計にはソーシャルニュースサイト「SoGap」を使った。「SoGap」はTwitterやはてブ、Facebookで話題になった(=リツイートやブクマ、いいね数が一定以上に達した)記事をランキング形式で掲載しているサイトで、ランクインした記事数をカウントすることで、上記5サイトがネット上でどれだけ話題になったかの指標になる。例えば「痛いニュース(ノ∀`)」の場合、4月は111本、7月は107本の記事がランクインしている。

 では、上記5サイトの場合はどうか。「はちま」の場合、転載禁止前の4月は月間で209本の記事がランクインしていたが、7月は76本と約3分の1に。同様に「オレ的」は230本→87本、「やらおん」も167本→40本といずれも大きな落ち込みを見せた。一方、唯一の例外が「ハム速」で、こちらは123本→151本へと逆に増加。「ニュー速VIPブログ」は6月12日以降更新停止となっているため、7月のランクイン数はゼロとなっている。

 「Life like a clown」の記事ではさらに、リツイートやブクマ、いいね数も集計しており、こちらもほぼ同様の傾向。「はちま」「オレ的」「やらおん」が軒並み転載禁止前の3分の1以下にとどまるなか、「ハム速」だけは引き続き増加傾向となっており、サイトごとにはっきりと明暗が分かれた形となった。「ハム速」は転載禁止以降、2ちゃんねるのレスのかわりに、自サイトに投稿されたコメントを編集してまとめるという方針に切り替えており、これが実を結んだものと推測される。

 あくまで「SoGap」にランクインした記事のみが集計対象であり、サイト全体のデータでない点には注意が必要。とは言え少なくとも「はちま」「オレ的」「やらおん」については、ソーシャルメディア上での影響力が転載禁止以降がっくりと落ちていることは間違いないだろう。各サイトともまだまだ対応を模索している段階と思われるが、今後盛り返すことができるのか、それともさらに衰退していくのか、注意深く動向を見守っていきたい。

( http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1208/07/news119.html )

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

livedoor Blogが一部“2ちゃんまとめ”に広告停止、2chの要請で

 掲示板「2ちゃんねる」のスレッドの内容を編集して掲載している、いわゆる“2ちゃんねるまとめブログ”に対して2ちゃんねるは7月19日、該当するブログのサーバーを管理しているNHN JapanとFC2に対して、2ちゃんねるの著作物を転載しているページに広告を掲載しないでほしいと要請した。

 この問題をめぐっては6月4日、「やらおん!」「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@刃」「ニュー速VIPブログ」の5つの2ちゃんねるまとめブログに対して、2ちゃんねるの著作物の利用を禁止する警告文が2ちゃんねるに掲載されていた。

 警告文は、2ちゃんねるのデータ利用に関する案内文のページにある「面倒な事になりそうな会社さんへ」というリンク先のページに掲載されたもの。「第3者に迷惑をかけ謝罪しない人物に2chの著作物を使われることは、不利益が大きい」として5サイトを名指しし、2ちゃんねるの著作物の利用を禁止するとしていた。

 さらに、7月19日にこの警告文を更新。2ちゃんねるまとめブログが「刺激的な内容で広告収入を得ることが生業になっている」として、個人のゲームブログ「絶対SIMPLE主義」でも転載禁止を呼びかけていることを引き合いに出し、2ちゃんねるまとめブログのサーバーを管理しているNHN JapanとFC2に対して、2ちゃんねるの著作物を転載しているページには一切の広告を掲載しない措置を取るように求めた。

 2ちゃんねる掲示板管理者からの要請を受け、livedoor Blogを運営するNHN Japanは19日、同社がサーバーを管理している「ハムスター速報」「はちま起稿」「オレ的ゲーム速報@刃」「ニュー速VIPブログ」の4サイトに対して、2ちゃんねるの著作物を転載しているページの削除あるいは2ちゃんねるの著作物を転載しているページにおける広告の自粛などを勧める対応を順次行なっていくと回答。今後も、著作権者からクレームや対応要請があった場合は、同様の対応を行う方針を示している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

2ちゃんねる発“実況文化”の興隆 「ンゴwwww」「麿」「マモノ」もここから広まった

 7月2日、2ちゃんねる(2ch)の「NHK総合を常に実況するスレ」のスレッド数が7万7777を迎えた。縁起が良いラッキー7ということで、記念に書き込む人が多く見られた。このスレッドは、タイトルの通り「NHK総合の実況」を延々と行うところであり、始まりは2001年10月にさかのぼるなど、2chでも屈指の長寿スレとなっている。

 人気アナウンサー登坂淳一氏の愛称である「麿(まろ)」が広まったのも、このスレによるところが大きい。NHKに限らず、実況板では「今、この瞬間の情報」を共有することができるため、常時多くの人が集まっている。そうすると自然と文化が生まれてくるもので、今回はそのような「2chの実況文化」についてまとめてみた。

●実況板ってなんだ!?

 そもそも、2chにおいて実況する行為は、基本的にはNG。実況を認めてしまうと、あまり内容のない書き込みで埋まってしまい、スレが早く落ちてしまうからだ。実況する際には、専用のスレで行うことがマナーであり、そのために「実況ch」が用意されている。

 2001年に芸能chとして新設された実況chは、次第に整備が進み、現在は主にテレビ局やスポーツ別に30種類以上に分類されている。ここでは思う存分実況することができ、皆でわいわい楽しむ感覚が味わえる。映画「コマンドー」などの一見B級に思われる作品も、実況と共に鑑賞すると、途端に面白くなってくるのだから不思議なものである。

 それでは、実況板ならではの文化を見ていこう。いくつか有名なものをピックアップしてみた。

・マモノ

 「甲子園には魔物が棲む」という格言と、ドラゴンクエストの荒くれが合体して生まれたキャラで、波乱を司る存在。大逆転やエラーが起こるのは「マモノの仕業」であり、選手だけが悪いのではない。そんな実況民の優しさも相まってカタカナ表記となっている。このちょっとかわいらしいAAの種類は非常に豊富で、高校野球をはじめとした多くのスポーツ実況のたびに張られている。

・松木タイピングスレ

 熱血的なサッカー解説に定評のある松木安太郎氏の言葉をタイピングしていくもの。居酒屋で一緒に居合わせているような雰囲気のなか、試合を見ながら氏のアツい言葉を打ち込んでいく。2008年頃から定番のスレとして親しまれている。

・ピンつま

 日曜夕方の名物番組「笑点」の大喜利に出演する三遊亭好楽氏への声援を指す。好楽さんがピンクの着物を着ていることに加え、披露するネタが基本的におもしろくないことから、ピンクつまんね、略して「ピンつま」である。ちなみに、好楽さんに限らず実況板では、大喜利の各メンバーを「色」で呼ぶことが常となっており、こういった作法は、髪色でキャラを判断するような昨今のアニメの鑑賞法にも受け継がれている。

・こなああああああゆきいいいいいい

 レミオロメンの代表曲「粉雪」のサビ部分。目一杯声を張り上げて熱唱する様子に、2005年末から共感する人が急増。一体感を感じられる言葉として人気になった。「ニコニコ動画」の初期から愛されている弾幕(画面を同じコメントで覆い尽くすこと)でもあり、一過性のブームを超えて定着している。

・市況1のスレタイ力

 国内株式市場の実況をする「市況1」では、各企業の情勢を圧縮したタイトルがスレッドにつけられることがままある。悪ノリの要素も多いが、洒落たものも時々あり、住民のセンスがうかがえる。

(例)オリンパス

【7733】オリンパス【前社長が爆弾投下】

【7733】オリンパス【阿鼻叫喚!】

【7733】オリンパス【ホルダーの心が折リンパス】

【7733】オリンパス【1000円の攻防】

【7733】オリンパス【FBI調査】

【7733】オリンパス94【ライブドアと何違う?】

【7733】オリンパス117【スージー様はやりたい放題】(実質118)

【7733】オリンパス134【GSイチぬーけたっ】

【7733】オリンパス143【存続をかけた戦い】

【7733】オリンパス153【上場維持決定】

●実況文化の発展

 かつては2chに集中していた「実況」もネット文化の発達によって、様々な場へと広がっている。次にそちらを確認していこう。

・ニコニコ動画

 ご存知の通り、コメント機能が充実している「ニコニコ動画」では、時間差がありながらも場を共有できる「疑似同期」が可能だ。またニコニコ生放送も実況において圧倒的な力を誇っている。2012年1月に配信された「アイドルマスター」の特別番組では、4時間半の間に200万ものコメントを獲得した。

・アニメ実況のまとめサイト

 2008年に放送されたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」では、2カ月に渡ってほぼ同じ話が繰り返される「エンドレスエイト」が展開された。その際、2chまとめブログが実況板の状況をまとめたことで、一部のネットユーザーの関心は、本編そのものより、むしろ視聴者たちへと移っていた。アニメのキャプチャ画面と共に実況民の反応が見えるようになったことで、新たな楽しみが生まれた。「エンドレスエイト」を1つのきっかけに、以降、アニメの実況は各所でまとめられるようになっている。

・Twitter

 Twitterを筆頭とするソーシャルメディアの登場は、実況文化にとって革新的な出来事といえる。リアルタイムに情報をシェアすることは、今や当たり前のことになっていて、かつてとは比べ物にならない量の情報が発信されている。なかでも日本はちょっと不思議な方向に盛り上がっているのが興味深い。「天空の城のラピュタ」が放送された時に記録した、1秒間あたりに2万5000ツイートはTwitterの歴代記録になっている。

●感動を共有するなんJ

 こうした実況の高まりは広告会社をはじめとする各企業の研究対象にもなっている。人々の生の声を収集し、分析する「ソーシャルリスニング」は、マーケティングに欠かせない存在であり、その解析結果からは、生放送のスポーツ番組とソーシャルメディアの相性が特に良いことも分かってきたという。Twitterなどで繋がりながら視聴するスタイルを指す、「ソーシャルビューイング」という言葉も生まれている。

 このことは、2chにおける「なんでも実況J(ジュピター)」の隆盛と無関係ではないだろう。実況chには、なんでも実況するS/V/J/Uの4種類の板があり、一時期のなんJは、なんUに吸収されかけるなど、過疎板もいいところだった。しかし2009年、野球chに厳しい規制がかかったことから、野球実況を生業とする層がなんJに進出し、今や2chでも有数の勢力となっている。2008年に、当時楽天に所属していたドミンゴ投手が、9回裏2点リードから登板するも、ワンアウトもとれないまま逆転サヨナラ弾を浴びたことから生まれた「ンゴwwww」という用語は、未だに多くの場所で使用されている。

 なんJが人気な理由は、野球というコミュニケーションツールが背景にあり、さらに踏み込むと、スポーツを一緒に見ることによって得られる「感動の共有」が根本にあるのだと考えられる。これはもちろん、実況全般に関わることでもあるが、スポーツにおいてより顕著に見受けられるようだ。TwitterのTPS記録の上位にスポーツ関連が多いことも証左であろう。

 さて、2012年といえば、ロンドンオリンピックが開催される年である。ソーシャルメディアの充実により、かつてない規模で実況が行われることは間違いないだろう。その時、2chの実況板でも新たな文化が生まれるのか――要注目の夏になる。

●著者紹介

高橋史彦。1985年生まれ東京育ち。「ねとぽよ」などで活動する駆け出しライター。カジノ解禁の行方をウォッチしながら、喧嘩商売の連載再開を心待ちにする日々を過ごしている。

(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1207/06/news083.html)

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

2ちゃんねるによるまとめサイトへの規制は法的な根拠があるか

6月4日、国内最大級のインターネット総合掲示板サイト「2ちゃんねる」は、同サイトに投稿されたコメントなどを記事形式に編集して掲載する「2ちゃんねるまとめサイト(以下まとめサイト)」と呼ばれるサイトのうち、一部のサイトに対して2ちゃんねるからの転載を禁止する声明を発表した。

禁止対象として指定された各まとめサイトは2ちゃんねるからの転載を止めることをそれぞれ表明したが、はたして今回の2ちゃんねるの規制は法的な根拠が認められるものなのだろうか。ネットトラブルに詳しい清水陽平弁護士の解説をもとに考察したい。

まず、2ちゃんねるでは投稿された内容に関する著作権は2ちゃんねるに帰属すると表記しているが、この場合すべてのまとめサイトが著作権を侵害していると解釈することも可能になる。まとめサイトが2ちゃんねるの投稿内容を転載することは違法なのだろうか。

清水弁護士によると、
「2ちゃんねるのトップページには、『自由利用マーク』が付されています。自由利用マークというのは、自分の著作物を他人に自由に使ってもらってよいと考える場合に、その意思を表示するためのものです。したがって、2ちゃんねるに書き込まれたものをそのままコピーしたまとめサイトを運営することは、著作権侵害とはなりません。しかし、2ちゃんねるに投稿されたものを改変した場合には、2ちゃんねるに対する著作権侵害となり得ます。」

2ちゃんねるから転載すること自体は違法な行為ではないとすると、まとめサイトの特徴である、一部のコメントを任意に抽出して1つの記事のように再編集することについてはどうなのだろうか。

「再編集することは改変といえるものですから、著作権侵害となる余地はあります。しかし、個々の書き込みについてそれぞれ著作権が生じるということになるため、その点に着目すれば、書き込み自体を改変しなければ著作権侵害とならないということになります。再編集の仕方次第ということになるのではないでしょうか。」

それでは、まとめサイトには2ちゃんねるの規制は不当だとして争う余地はあるのだろうか。

「2ちゃんねる側に著作権があるという立てつけになっており、著作権者の許諾を得て利用できるというのが原則的な形である以上、規制が不当だということは難しいでしょうね。ただ、今回の規制は、書き込みを恣意的に編集したり、書き込みをねつ造しているケースに対処するためのもののようですから、まとめサイトを直ちに違法であるとする規制ではないように思われます。」

現時点で2ちゃんねるとまとめサイトの間で法的な根拠についての争いが起きているわけではなく、清水弁護士のいう通り2ちゃんねるには全てのまとめサイトを否定する意図はなさそうだが、今回の2ちゃんねるの規制には法的な根拠があるといえそうだ。

2ちゃんねるが外部サイトへの規制を実施するのは珍しいが、今回の規制で禁止対象として指定された以外のまとめサイトにとっても、今後の運営には一定の配慮が求められることになった。

(弁護士ドットコム トピックス編集部)

【取材協力弁護士】
清水 陽平 弁護士 (しみず・ようへい)
法律事務所アルシエン 共同代表パートナー
IT法務、特にインターネット上で行われる誹謗中傷の削除、投稿者の特定に注力しており、東京弁護士会の弁護士向け研修講座の講師も担当。
http://www.alcien.jp/index.php

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動