1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

星野リゾート急成長の死角 「おもてなし」維持には人材確保が課題


 星野リゾート(長野県軽井沢町)の拡大が止まらない。経営不振に陥った旅館を次々と傘下に収め、「おもてなし」を尽くした高級リゾートとしてよみがえらせる手法などにより、国内で34カ所の施設を運営するに至った。今後も国内外で積極展開する計画だ。7月には自社物件を組み込んだ不動産投資信託を東京証券取引所に上場。「日本の観光をやばくする」と鼻息が荒い星野佳路社長だが、一方で急速な成長の盲点も指摘され始めた。
.

 「スタッフがきちんと動いていて、料理も温泉も楽しめた」。米カンザス州から初来日し、星野リゾートの温泉旅館「界 熱海」(静岡県熱海市)に泊まった退役軍人のリチャード・センフテンさん(68)と妻のペニーさん(60)は話す。
.

 「界 熱海」は約160年の歴史を持つ老舗旅館を改装、昨年9月にオープンした。外国人観光客の誘致に力を入れており、地元の熱海芸妓(げいこ)の舞を紹介するほか、Wi-Fi(ワイファイ)を無料で全室に設置し、洋食にも対応。並行して英語サイトでの情報発信を行い、10月には国際学術団体の招聘(しょうへい)に成功した。いまや宿泊客の1割が外国人だ。
.

 唐沢武彦支配人は「日本人のお客さまは週末や夏休みなどに集中する。海外のお客さまで他の期間を稼働させ、将来は比率を半々にしたい」と話す。「界」は星野リゾートが老舗旅館を改装する形で事業を拡大し、全国10カ所で展開。現在も新規の案件が進行中という。
.

 一方、高価格帯の「星のや」は、星野社長が傾きかけた家業の温泉旅館を再建した「星のや軽井沢」を2005年に開業したのが始まり。「日本旅館の趣と世界基準のサービスの提供」をテーマに軽井沢、京都、竹富島(沖縄県)の3カ所で展開。14年にインドネシア・バリ島、15年には富士山の麓、16年には東京・大手町に進出する。
.

 「日本の観光産業に、国内外の投資家が投資できる環境を作りたい」(星野社長)として、7月に上場した不動産投信は「界」と「星のや」にファミリー型リゾート施設「リゾナーレ」から6物件を組み込んだ「日本初の旅館ファンド」だ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

萌える人急増中! 魅惑の工場夜景スポットに行ってみた

 一時のブームではなく、定着した感のある工場夜景鑑賞。神奈川県川崎市、北海道室蘭市、三重県四日市市、福岡県北九州市、兵庫県姫路市、山口県周南市など、工場夜景ツアーを行う地域は増加しているが、なかでも“工場萌え”ブームの原点ともいえるのが、京浜工業地帯の一画を占める川崎市の沿岸部。路線バスも通るなど、アクセスの良さが魅力だ。今回は、日経トレンディ4月号「新・東京(得)ランキング」の誌面には載せきれなかった工場の凄い景色(凄景)をまとめてご紹介する。

まずは「日本触媒前」からスタート

 工場を間近で見たいなら、千鳥町の「日本触媒前」がベスト。歩道から工場までの距離が非常に近く、配管や構造材が緻密に組み合された姿は、“THE 工場”といえる景観。昼と夜で雰囲気が大きく変わるので、繰り返し鑑賞に行きたい。すぐそばにバス停があり、アクセスも抜群だ。

じっくり見るなら「東公園」がベスト

 一方、遠景で見るなら、「東扇島東公園」が最適。運河を挟んで工場群を見渡せる。さまざまな工場が林立する光景は圧巻。浮島にある複雑な構造をした石油プラントもじっくり観賞できる。水面に輝くフレアスタックの炎が見どころの一つだ。トイレやベンチがあり、じっくり楽しめる。

 また、一風変わった楽しみ方として、高速道路の上から見る手もある。工場群のすぐ近くを首都高速神奈川6号川崎線が通っており、そこからなら工場を見下ろせる。工場夜景バスツアーのなかにはこのルートを通過してくれるものもあるので、チェックしておきたい。今回掲載している写真は、首都高速道路(首都高)が試験的に行った高速道路やトンネルを見学するためのバスツアー「スカイバスで行く首都高スペシャルトンネルバスツアー&首都高社員ここだけのトンネル話パーティー」に参加した時のもの。

 最後に、工場鑑賞の際には注意点がある。昼夜を問わずトラックなどが行き来するため、安全面には注意が必要だ。初心者は、バスや船を使ったツアーに参加するのが無難だろう。川崎市が企画・協力するツアーには、公認ガイドが同乗。解説を聞けるのに加え、バスツアーでは普段は関係者以外立ち入り禁止のスポットに入れるなど特典もあるので活用したい。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

手ぶらで快適! 女子的管理釣り場入門

 釣りタレントのふくだあかりさんと管理釣り場にやってきた
 釣りをはじめてみたいけれど、なにをどうしたらいいのかまったくわからないという女性へ向けてはじまった当コーナーに、女性目線のアドバイザーとして登場いただいたのが、ふくだあかりさん。釣りをこよなく愛するあまり、普通のOLから釣りタレントに転身してしまった人なのである。

 そのふくださんが釣り初心者女性にオススメするのは、管理釣り場からの釣り入門。管理釣り場というのは平たくいうと釣り堀のことなのだが、最近の管理釣り場はみんなが思っている以上に魅力的なフィールドらしいということで、前から釣りを一度やってみたかったという会社員の永井さん(30歳)を生徒に迎えて、ふくだ流釣り教室を開いていただいた。

 はじめての釣りというと、どんな格好でいけばいいのかというのが悩みどころだが、この日は雨の心配もなかったので、永井さんはロックフェスなどにいくときの服を流用してきたそうだ。釣り用とタウン用を分けて考えていないというふくださんは、さらにカジュアルな格好である。

 ふくださんからのアドバイスは、「どのアウトドアスポーツでも同じだけれど、日焼けや虫さされを防ぐために、なるべく肌を露出させないこと!あとは動きやすい服なら大丈夫!」とのこと。足場のいい管理釣り場なら、釣りだからといって、あまり難しく考える必要はないようだ。

釣り以外も楽しめる管理釣り場
 ふくださんが釣り教室の場所に選んだのは、山梨県にあるFISH・ON! 鹿留(ししどめ)。ここは自然がいっぱいで雰囲気最高の管理釣り場で、ホテルやレストラン、さらにはキャンプ場やテニスコートなども併設されている人気スポット。釣りだけでなく、いろいろなレジャーとの組み合わせが可能なのだ。

 ここでのメインターゲットとなるニジマスやヤマメなどの魚は、水温が高いと活性が下がって釣りづらくなるということで、今日は全員早起きをして朝六時集合。

 魚も人間も元気な涼しい時間に釣りを楽しんで、お昼に釣った魚の塩焼きを食べましょうという、「釣り+アウトドア料理」の欲張りプランなのである。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |