1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

観光名所、パンフと実物が大違い 金箔はがれ落ちた紫式部像

 福井県越前市の観光スポット紫式部公園の紫式部像は、長年の風雨で金箔(きんぱく)がはがれ、すっかり輝きを失っている。市の観光パンフレットなどには金色像の写真が使われているが、現状とのギャップは大きい。地元を中心に修復を求める声が高まっている。

 紫式部像は旧武生市が市制35周年記念事業の一つとして1986年、同公園とともに整備した。越前で若き日を過ごした紫式部をしのぶもので、高さ約3メートル(台座部分を含めると約5メートル)のブロンズ像。全身に金箔が貼られている。文化勲章を受章した広島県出身の彫刻家、故圓鍔(えんつば)勝三氏が制作した。

 建立時は光り輝いていたが、今では金箔がはがれ落ち黒っぽい地肌が目立つ。正面から見ると、特に顔など胸より上の部分は金色の部分がわずかに残っている程度で、かつての“威光”は見る影もない。

 市観光ガイドマップの表紙や市観光協会ホームページには、金色に輝く像の写真が掲載されているが、現在の姿とは大違い。市の観光関係者からは、実際に訪れてみると落胆する「『がっかり名所』になりかねない」との声も聞かれる。

 地元の南地区自治振興会の福住明典会長(64)は副会長だった2年前、奈良俊幸市長や市幹部らが参加した同地区の地域ミーティングで「紫式部像は市の財産」として改善を求めた。今月22日に開かれた定例市会一般質問でも、中西眞三議員が「紫式部像は悲惨なおぞましい姿になっている。どうするのか」と今後の方針をただした。

 市はこれまで、作品の芸術性を考慮すべきという観点から大がかりなメンテナンスを行ってこなかった。しかし、改善を求める声が高まっていることを受け、修復に向け慎重に検討を進めていく考え。今後、圓鍔氏の遺族と相談したり、技術的な聞き取りなどを行うが、早くても来年度以降の着手となる見込みだ。

 地元の福住会長は「越前市にいた人物の中で、紫式部は最も知られた存在。紫式部公園には県外からよく観光バスが来るが恥ずかしい。地元はみんな、何とかしてほしいと思っている」とし、早期の修復を求めている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<街ぶら>職員が「セレッソTシャツ」でお仕事 ── 大阪の区役所・香川、柿谷のユニホーム展示も

 「地元の誇り、セレッソを応援や~」──。地元のサッカーJ2「セレッソ大阪」を応援しようと、同チームの本拠地であるヤンマースタジアム長居も近い大阪市東住吉区役所職員が13日まで、チームのTシャツを着用して窓口業務などを行っており、区民らの間で話題となっている。また、同チームに所属していた香川真司、柿谷曜一朗両選手のユニホームやスパイクを展示。地元区役所としても、セレッソのJ1復帰を街全体で応援したいという心意気が垣間見える。

【拡大写真入りの記事】セレッソ大阪のTシャツを着た職員らが窓口対応は珍しい光景。区役所の地図も

<街ぶら>職員が「セレッソTシャツ」でお仕事 ── 大阪の区役所・香川、柿谷のユニホーム展示も
[写真]区役所の窓口対応職員はみんなセレッソ大阪のTシャツを着て対応=13日午前10時ごろ、大阪市東住吉区で
香川・柿谷が実際に使用したユニホーム展示
 このユニホーム着用は、15日午後5時から、同区のヤンマースタジアム長居で行われるセレッソ大阪対大宮アルディージャの試合で、同区に在住、在勤、在学者がカテゴリー5自由席に優待価格で入場できる「東住吉区民優待デー」の実施に合わせ行われるもの。

 また、それに合わせ正面玄関では、かつて同チームに所属していた香川真司(ドイツ・ドルトムント)、柿谷曜一朗(スイス・バーゼル)両選手が実際に使っていたユニホームやスパイクを展示。これは、セレッソ大阪から特別に借りたものだという。

<街ぶら>職員が「セレッソTシャツ」でお仕事 ── 大阪の区役所・香川、柿谷のユニホーム展示も
[写真]区役所の窓乳幼児健診準備もセレッソTシャツを着て作業する職員ら=13日午前10時ごろ、大阪市東住吉区で
15日ホーム開幕戦「東住吉区民デー」応援のため着用
 「区民デーを応援するために、職員は『セレッソTシャツ』を着て応援してるんです」と語るのは、同区役所政策推進課長代理の天満正一さん。自らもピンク色のTシャツを着用して、市民らの応対にあたる。これはセレッソ大阪から借りているものだという。だが「さすがに外出の時は、脱いでます」と天満さんは笑みを浮かべる。

 13日午前に同区役所を訪ねると、窓口の職員らがセレッソTシャツを着て対応。乳幼児健診の準備にあたっていた、保健福祉課健康づくりの職員らも、Tシャツを着ながら作業を行う。「これを着ていると、子どもさんらは『あっ、セレッソや』と喜んでくれるんです」と同課職員。中には、区民優待デーの試合前に、キックオフ前のフラッグベアラーとして参加予定の職員もおり「街ぐるみでセレッソを応援します」と話していた。


案内担当者・Tシャツ見せ「セレ女」使用です
 また、同区のキャラクター「なっぴー」の着ぐるみも、セレッソ使用となっており、香川選手のユニホーム横に一緒に展示されている。それを見守る案内担当の職員はTシャツを見せ「私も『セレ女』使用です」とうれしそうにTシャツを見せる。

 訪れた多くの区民もこのシャツに反応を見せており「セレッソは区民の誇りですから。J1に上がってもらえるよう頑張って応援します」と意気込んで話していた。

 展示は13日まで、同区役所正面玄関で。詳しい問い合わせは、同区役所(06・4399・9683)まで。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.62216222999999&lon=135.52660055&z=14

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

松島法相、過去に「恥ずかしくないのか。議員宿舎は必要ない」とつぶやき

 東京都墨田区に住みながら東京都港区の衆院赤坂議員宿舎に入居したことが問題になっている松島みどり法相が、過去にツイッターで赤坂宿舎について「必要ない」とつぶやいていたことが9日、分かった。自らの発信がブーメランとなりそうだ。

 松島氏は平成24年4月、「赤坂議員宿舎(3LDK80平方メートル)、家賃が8000円下がって8万4291円とは呆れる。相場の5分の1か。『消費増税の前に身を切る改革』と言っているのに、与野党とも恥ずかしくないのか。23区内居住者は入れない規則なので私は無縁だったが、これほど職住接近で広い『社宅』は必要ない」とつぶやいていた。

 松島氏は9日の衆院本会議後、衆院議院運営委員会の高木毅庶務小委員長から注意を受けた。ブーメランといえば民主党の十八番だったはずだが…。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

拳銃か1発発砲 河川敷に男居座り 磐田

 7日午後4時35分ごろ、磐田市豊岡の天竜川河川敷で、静岡県警の捜査員が「相談がある」と連絡してきた男(45)の求めに応じて本人に接触した際、男は自殺をほのめかしながら拳銃のような物で地面に向けて1発発砲した。男はそのまま河川敷に居座っている。県警は男を包囲し、投降するよう説得を続けている。けが人はいない。周辺住民の安全を確保するため、近くの公民館に避難所を開設し、約50世帯に避難を呼び掛けた。
 捜査関係者によると、男は同日午後、県西部の署に連絡をして面識のある捜査員を呼び出したという。複数の捜査員が待ち合わせ場所の河川敷で男と接触を試みたところ、男が発砲した。自動式拳銃とみられる。
 警察官が男を取り囲んでいる現場はJR磐田駅から南西に約6キロ、天竜川にかかる掛塚橋の北側。周囲に民家などはないという。付近の道路は通行止めになっている。県警は機動隊の銃器対策部隊などを投入し、不測の事態に備えている。

◇地元住民ら公民館避難
 「拳銃を持った男が居座り、説得に応じない。民家に逃げ込む恐れがある」―。
 磐田市豊岡地区の白山神社で7日夜、秋の祭典に向け、にぎやかにおはやしの練習に励んでいた地元住民に、警察官が早めの帰宅を促した。小中学生を含む約40人が慌ただしく帰り支度を始めるころには、すでに近くの西堀公会堂に警察車両が集結し、辺りは物々しい雰囲気に包まれた。堤防道路も掛塚橋から北へ約2・5キロにわたって封鎖された。
 おはやしの練習に参加していた住民によると、警察官が帰宅要請に訪れたのは練習終盤の午後8時すぎ。同時に、公会堂周辺数十軒の住民には約1・2キロ離れた竜洋公民館への避難を促したという。
 避難対象地域からわずかに外れた自営業男性(43)は「家中の鍵を閉めた。静かな田舎で夢にも思わない出来事」と驚き、「息子がまだ高校から帰ってきていないので迎えに行こうと思う」と足早に車に乗り込んだ。
 避難先の竜洋公民館には午後8時半すぎ、座布団や着替えなどを抱えた住民が次々に姿を見せた。両親と避難してきた男性会社員(47)は「拳銃を持った男がいると聞いただけ。状況も何が何だか分からず着の身着のまま逃げて来た」と困惑気味に語った。別の無職男性(76)は「警官が家に来て早く避難するよう言われた。よりによってこんな寒い日。支度をして急いで出て来たが、とても怖かった」と話した。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

だんじり衝突、屋根崩落…女性死亡・14人けが

 5日午後4時30分頃、兵庫県三田市天神の三田天満神社で、境内でひかれていただんじり(高さ3・4メートル、幅2・1メートル、長さ3・7メートル、重さ1・3トン)が、参拝者が手を清める手水舎に衝突。

 近くにいた見物客が崩れた手水舎の屋根(幅5・3メートル、奥行き3・7メートル)の下敷きになるなどし、同市内の無職奥田真理子さん(47)が死亡。女児(5)が足の骨を折るなど、14人がけがを負った。県警三田署が関係者から事情を聞いている。

 同署などによると、この日は秋祭りの本宮で、だんじり8台が市内を回った後、午後4時頃に宮入りし、舞台の周りを3周することになっていた。そのうち1台が境内に入った後、速度を上げたところ、手水舎にぶつかったらしい。

 事故を起こしただんじりは33人がひき、事故当時、境内には見物客ら約400人がいたという。

 居合わせた同市内の会社員男性(39)は、「多くの人が下敷きになり、うめき声を上げていた。周りにいた40人ほどで屋根を持ち上げて助け出したが、ぐったりと動かない人もいた。楽しい祭りがこんなことになるなんて」と話していた。

 現場はJR福知山線三田駅の西約1・2キロの住宅地。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動