1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

なぜ今「ナポリタン」がアツい? “ロメスパ”ブームが家庭にも!?


●ナポリタンブームは“ロメスパ”から

 近ごろ、テレビや雑誌、ネットなどで「ナポリタン」の話題を多く見かけるようになった。聞けば2012年後半あたりから、30~50代の男性を中心にナポリタンブームがじわじわ盛り上がってきたとのこと。

 きっかけは、街中で増えている「ロメスパ」と呼ばれるナポリタン専門店。「ロメ」は路面、「スパ」はスパゲティーを指し、ゆで置きした極太のスパゲティーを、注文に応じて具材と炒めて提供するスタイルが多い。大盛りの上を行く「超大盛り」や、食べても食べてもなくならない重量1kgを超えるサイズがあるのも特徴。「早さ」「ボリューム」「懐かしさ」で男性の圧倒的支持を得ており、「スパゲッティーのパンチョ」「ロメスパバルボア」などが代表。銀座一丁目にある老舗「ジャポネ」はロメスパ愛好家の“聖地”だとか。

 そのブームを後押しするかのように、トマト製品のトップメーカー・カゴメが全国各地のナポリタン人気店を集めたイベント「カゴメ ナポリタンスタジアム」を2013年11月2~4日の3日間、横浜で開催した。

 ブームの秘密を探るべく、早速このイベントに潜入した。
.

●王道から異色まで、全国16店舗のナポリタンが終結!

 ナポリタンスタジアムに出店したのは、日本各地のナポリタン専門店や洋食店だけでなく、弁当店チェーンや中華料理店など“異業種”も含めた16店舗。入場料は無料だが、ナポリタンを食べるには全16店共通の2枚つづりチケット1000円、1皿分チケット550円のいずれかが必要。1人2皿食べることにして、2枚つづりチケット2枚を購入した。
.

●「王道ナポリタン」に人気集中!しかし実食の感想は…?

 同イベントは「全国ふるさとフェア2013」の会場の一角で開催されており、フェア全体が人だかりなのだが、このエリアは特に賑わっていて、あちらこちらに行列の最後尾を示すプラカードを持つ人が立っていた。この光景を目にし、「やはりナポリタンブームは来ているのかも」と思った。

 しかし会場をよく見てみると、長い列ができていたのは、「横濱ナポリタン」を提供する地元の老舗「センターグリル」、「洋食屋のナポリタン チーズソースがけミートボールON」を提供していた「ことこと屋」(愛知県代表)、「黄金比率のハンバーグのせ赤ナポリタン」を提供していた「東京ナポリタン マルハチ」(宮城県代表)などの、正統派ナポリタンの店。どの店にしようか迷っているカップルも「やっぱり王道だよね」と言いつつ、長い行列に並んでいた。ひと皿で満腹になるナポリタンの場合、失敗したくないので個性派の店は敬遠されるのだろう。

 ナポリタン好きの家人は事前にウェブサイトをチェックし、「センターグリル」と「ことこと屋」を狙っていたようだが、行列を見て早々に断念してしまった。そこで次に狙っていた「温玉ナポリタン」(ANY TIME/愛知県代表)と「東京八丁堀ナポリタン」(ZIGEN/東京都代表)をチョイス。どちらも2~3人の列で、さほど待たずに購入できた。筆者は「ちゃポリタン プレミアム」(リンガーハット/長崎代表)と「愛媛のみかんジュースが隠し味」という「愛媛西条ナポリタン」(マルブン 小松本店/愛媛県代表)をチョイスした。

 4皿を2人で分け、4皿を食べ比べて驚いたのは、同じナポリタンなのに味わいに大きな差があるということ。正直、食べる前は「どれも同じような味で区別がつかないかも…」と思っていた。しかし、食べ比べると4皿ともはっきりと違う。ナポリタンは土台となるイメージがしっかりしているからこそ、さまざまな個性を生かせる料理なのだということに気が付いた。せめてひと皿をハーフサイズで2種類食べられるようにすれば、さっきのカップルも正統派以外のナポリタンの新しい味を発見するチャンスが増えたのではないかと思うのだが……。

 この4品から1位を投票するとしたら、和風だしの隠し味でグイグイ箸が進んだ「東京八丁堀ナポリタン」。次点がアルデンテの歯ごたえと複雑な味わいのソースでイタリアンのパスタのようだった「愛媛西条ナポリタン」ということで意見が一致した。

 イベント最終日には公式サイトからの投票とイベントでの投票結果をもとに「ナポリタンスタジアム NO.1ナポリタン」が発表されたが、やはり正統派の「黄金比率のハンバーグのせ赤ナポリタン」(東京ナポリタン マルハチ/宮城県代表)が選ばれた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

超高級「3000円バーガー」売り出した淡路島の“戦略”

 兵庫県・淡路島の大鳴門橋近くの道の駅に、1個3千円の特製高級ハンバーガーがお目見えし、評判となっている。高級バーガーと言えば、マクドナルドが今夏に千円バーガーを限定販売し話題となったが、その3倍の値段。淡路島産黒毛和牛のステーキや全国に知られた特産のタマネギをぜいたくに使った上質の味とボリューム、ここでしか経験できない味がセールスポイントだ。「淡路島に人を呼び込むツールにしたい」と、関係者はハンバーガーでの地域興しを目指している。

 大手チェーンでは1個100円の商品も登場し、一時はデフレを代表する商品とみられていたハンバーガー。そんな中、今年9月から、淡路島南部の神戸淡路鳴門自動車道にある観光施設「道の駅うずしお」(同県南あわじ市福良丙)で、3千円バーガー「前略、道の駅バーガー」の販売が始まった。全国の「ご当地バーガー」が1個500~600円台で高い品でも千円、大手チェーンのマクドナルドの高級バーガーも千円だったことを考えれば、その破格ぶりが目を引く。

 破格の理由は、具材の淡路島産牛肉250グラムを使ったステーキにある。淡路島で生まれ育った黒毛和牛の中でも、肉の柔らかさや脂の香りなどで特に質の高い「淡路ビーフ」を使用。厚さ約1センチで素材のうま味を楽しんでもらうため、塩とコショウだけで味付けした。ほかにもレタスや淡路島特産のタマネギを使用。肉はパンからはみ出す大きさで、ナイフとフォークを使って食べる。肉は柔らかく、味付けをシンプルにした効果で、うまみが口全体に広がっていく。

 「前略-」は同施設内の「淡路島オニオンキッチン」で販売。考案者でレストランシェフの内海信二さん(45)によると、これまでに10人ほどが購入したが、食べた人らは「食べ応えがある」、「おいしい」と話すなど評判は上々という。

 「ハンバーガーをツールに淡路島への観光客を増やしていきたい」。道の駅うずしおを運営する同市出資の第3セクター「うずのくに南あわじ」の企画事業部長、森本祐一さん(52)は、3千円バーガーの狙いをこう説明する。一般客が「買うのをためらってしまうのでは」という懸念もあったが、「実際に食べてもらうことで『淡路ビーフがどれだけおいしいか』ということを分かってもらいたい」という。

 淡路島ではハンバーガーを“武器”にした観光客誘致の動きが盛んになっている。昨年、島内の8観光施設が「淡路島バーガー協議会」を設立。昨年12月と今年3月末、島内で「バーガーフェスタ」を開いたところ、2回のイベントで計約7500人が訪れたほか、協議会の参加メンバーも増えるなど人気は定着している。

 「うずしお」は、その中でもパイオニア的な存在で、一昨年から特産のタマネギをふんだんに使った「あわじ島オニオンビーフバーガー」を販売。鳥取県で開催されるご当地バーガーの祭典「とっとりバーガーフェスタ」にも「オニオン-」を3年連続で出品しており、今年10月13、14日に開催された同フェスタでは「全国ご当地バーガーグランプリ」1位に輝いている。

 商品そのものを売り込むと同時に、観光客らに「何か淡路島で面白いことをやっているぞ」との情報発信を目指している。実際に足を運んでもらうことで肉だけでなく、特産のタマネギをはじめ、島が誇る「食」を堪能してもらい、「また淡路島に来よう」というリピーターの増加を狙っているのだ。

 ハンバーガーをテーマにした地域振興は上昇気流に乗っており、中でも「オニオン-」は「全国トップ」を獲得した効果もあり、売り上げが伸びているという。森本さんは「まずは、県内全体を巻き込んだ『ご当地バーガーフェスタ』を淡路島で開くことも考えている。だが、実現のためには自分たちの取り組みを広く発信しなければ」と力を込める。9月に販売の始まった「前略-」。関係者が「値段以上の味」と自負する逸品が、どれだけ集客効果を発揮するかが注目されている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ラーメン消費量全国1位の県は?

昨年、総務省がまとめた「家計調査 都道府県庁所在地および政令指定都市部ランキング」(二人以上の世帯。平成21~23年分を平均で算出)によると、外食代のうち、「中華そば」に対する支出が一番高かったのは山形市で1万2061円/年と、全国平均5625円の2倍強! 一方、同省調査の「平成21年地域,品目別1世帯当たり1か月間の支出」(二人以上のうち勤労者世帯)によると、山形県の「めん類」に対する支出は1638円と全都道府県中第4位。どうやら、山形県民はめん好き、とりわけラーメン好きであることは間違いない模様。そこで現地の実情を取材すべく、山形県に足を運び調査してみました。

まず驚いたのが、ご当地ラーメン店の種類の多さ! 極細手もみちぢれ麺の「米沢ラーメン」から、辛味噌スープの「赤湯ラーメン」、冷やしラーメンで有名な「山形ラーメン」に、自家製麺率日本一を誇る「酒田ラーメン」など市町村別にご当地ラーメンがあるのではないかと思わせるほどの充実ぶりです。実際、山形県の人口10万人あたりのラーメン店舗数は69.46軒と、全国でも断トツ1位(平成23年iタウンページ掲載店舗数と都道府県別人口で計算)。

さらに取材を進めると、おもしろい事実が分かってきました。山形では客人の接待にはラーメンの出前をとることが多いそうなのです。家族で外食する際もラーメン屋に足を運ぶことが多いようです。しかし、どうして?

新横浜ラーメン博物館の広報担当の中野正博さんによると、山形ラーメンの歴史は深く、1920年代に関東大震災で被災した横浜中華街の中国人たちが山形県各地に移住し、屋台でラーメンを提供したのが始まりだそう。もともと飢饉の際の非常食として蕎麦が食べられてきた山形では、ラーメンも受け入れられやすかった様子。そして戦後、安くてカロリーが高い食として、動物性油脂を使ったラーメンが、ちょっとしたご馳走として広まっていったといいます。今では同業者間で講習会を開き、人気メニューは共有し合ったうえで、切磋琢磨しながらそれぞれの店舗が個性を出すべく努力を重ねているのだとか。質の高いラーメン屋も増えるわけです。

そのおいしさと手頃な価格帯ゆえに、家族での外食にもラーメン屋が選ばれることが多いそうです。確かに、ラーメン屋にしてもそば屋にしても、一人で食べに来ている人は少なかったような…。家族みんなでラーメンをすする光景は、ラーメン好きの著者にとっても憧れる家族の姿でした。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

浜松に「餃子日本一」奪われた宇都宮が剥き出しにする危機感

?栃木県宇都宮市と聞いて誰もが思い浮かべるのが「餃子の街」。しかし昨年、ついに世帯当たり購入額で静岡県浜松市に日本一の座を明け渡した。危機感を募らせた宇都宮市が繰り広げる餃子キャンペーンが凄まじい。面白うてどこか哀しい餃子狂想曲を、食に詳しい編集・ライターの松浦達也が紹介する。

* * *

 「餃子バトル」が思いもよらぬ展開を見せている。ことの経緯はこうだ。2012年1月31日に発表された総務省の家計調査で「2011年の餃子の世帯あたり購入額日本一」で浜松市がトップの座を奪取し、「ギョーザの町」宇都宮は2位に陥落した。このことがよほどショックだったのか、翌2月1日の地元紙「下野新聞」では1面と4面の2面を割いて、「15年間守り続けてきた「日本一」の座から陥落」などと報じ、地元にとっての衝撃の大きさを伺わせた。

 3月の調査でも浜松、京都、熊本に次ぐ4位となり、さらに危機感は高まった。4月には宇都宮市の商工・観光関係者による「宇都宮市餃子消費量日本一奪還推進委員会」が結成された。5月に市内の有力企業、約100社による決起集会が行われ、6月には「1日だけの餃子祭り」と題して、14店舗が出店しての味比べイベントを行った。現在も市内のスーパー10数軒で持ち帰り餃子の販促キャンペーンが行なわれている。

 さらにアツイのがWebでの展開だ。下野新聞社のサイト内に「宇都宮餃子日本一奪還計画~為すべきことは、ただひとつ。食って、食って、食いまくれ!」というWebページが立ち上がった。トップページには毎月の「世帯当たり購入額餃子ランキング」がデカデカと掲げられ、「速報 宇都宮、背水の陣~浜松が独走の勢い」など危機感を煽る見出しが立てられている。

 Webページ上では、ほかにも「永世伝道師」としてタレントの山田邦子が「日本一奪還推進委員」に加わり、応援メッセージを発信。さらに「宮の天狗様」というキャラクターを作り出し、Web上で「デジタル絵本」を展開している。「日本一からの陥落のショックで自慢の鼻がぽっきりと折れ曲がる」「宇都宮は日本一の餃子の街だと口走ると、嘘をついた天狗様の鼻はみるみるうちに長く伸び続けた」など、Webならではの自虐的な展開が満載だ。

 もっとも首位を独走中の浜松もその足元を着々とかためている。月次調査で一時は宇都宮に逆転を許したものの、3月以降は1位の座を譲らず、現時点での年間1位は変わらず。7月14、15、16日の3日間、浜名湖サービスエリア(SA)に、市内の有名餃子店を集めて、「B級グルメ浜松餃子祭り」を開催しており、スタンプを集めるとSA内の飲食店で1500円以下のメニューが無料になるスタンプラリーも実施中だという。

 家計調査は、スーパーやコンビニで焼き上がりの餃子を購入した数字だけが反映されるもので、餃子専門店での持ち帰り餃子や冷凍餃子、家で餃子を作るときのひき肉や野菜などの売上は反映されない。餃子を重要な観光資源だと捉える地元にとっては、死活問題なのだろう。もっとも「観光客」である僕としては、どこが1位だろうと、ウマい餃子を食べさせてくれる店に行くだけの話、なのだけれど。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

レバ刺し禁止カウントダウンで“特需”に沸く焼肉店

昨年4月に起きた「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件によって、約半年後にはユッケの調理基準が厳格化、ほとんどの焼き肉店からユッケが消えてしまった。

そして、次のターゲットとして狙われていたのが、生肉メニューの王様ともいえる牛のレバ刺しだったが、とうとう7月1日から飲食店での販売・提供が全面禁止されることが正式決定してしまった。

今回の禁止措置を、焼き肉店の業界団体である全国焼肉協会はどう受け止めたのか? 「はっきり言って禁止ありきの決定で、それに向けていろいろな理屈をこねたということでしょう」と、全国焼肉協会の担当者は納得いかない様子だ。

「そもそもは消費者庁が言い出しっぺなんです。消費者庁が『食の安全を守る』ということで、ユッケの食中毒問題は違反に対するペナルティが甘すぎるから起きたのであって、もっと厳罰化すべきだと厚労省に対策を取らせたことで今回の決定に至ったのです」(全国焼肉協会・担当者)

今後はレバ刺しを提供すると、悪質な場合は「2年以下の懲役か200万円以下の罰金」が科せられる。レバ刺しを出すのはそんなに重犯罪か、というぐらい厳しい。

「最近の消費者行政は、あまりにもブレが大きすぎます。あれやっちゃダメ、これやっちゃダメと、それこそ食文化はどうなるのか?ということまで考えなくなっている」(全国焼肉協会・担当者)

ただ、もはや何を言っても食品衛生法で決められてしまった以上、手遅れである。今、焼肉店では最後のレバ刺しを求めて“特需”が起こっている。

「いや~、すごいですよ! 予約の段階での“レバ刺しの取り置き”なんて、今までなかったですからね。先ほどのお客さまなんて、3名さまで3人前を注文して、それだけ食べて帰りました(苦笑)」(東京・六本木の高級焼き肉店)

「提供禁止の正式決定以降、ほぼ100パーセントのお客さんがレバ刺しを注文してるよ。だんだんレバ刺しの在庫が減ってきてて、もしかしたら6月末までもたずに売り切れになるかもしれないね」(東京・新宿の焼き肉店)

店にとってはうれしい悲鳴だが、当然、今後を憂(うれ)う声はある。

「ユッケのときもそうだったけど、やっぱりお客さんは減るからね。レバ刺しは人気メニューだし、利益率が高い。あんまりこういうこと言っちゃいけないけど、レバ刺し禁止で、人は死なないけど、焼き肉店は死ぬかもしれないね」(東京・新橋の焼き肉店)

食中毒のリスクに十分配慮しなければならないことは理解できる。だが、いきなり全面禁止は妥当な判断なのだろうか。国民の安全と食文化を巡る議論は、今後も続きそうだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動