1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

心臓マッサージだけで回復裏付け 人工呼吸なくてもOK

 人工呼吸をせず、心臓マッサージ(胸骨圧迫)だけを行う心肺蘇生法の普及が、心停止した人の社会復帰数の増加に大きく貢献しているという調査結果を、京都大環境安全保健機構の石見拓教授や川村孝教授のグループが11日に発表した。日本は胸骨圧迫だけの蘇生法を学会レベルで唯一推奨している国で、その正しさを裏付けたという。
 心肺蘇生の在り方をめぐっては、人工呼吸と胸骨圧迫を併用した方法が長年標準とされてきた。一方、胸骨圧迫だけでも救命率は変わらないとする研究報告があり、日本では近年、市民による心肺蘇生の実施率の向上を目指し、人工呼吸を省く方法が多く取り入れられている。
 グループは、2005年から12年までに国内で心停止によって救急搬送された患者約81万6千人について、市民による蘇生の有無や種別、社会復帰の状況などを調べた。胸骨圧迫だけの蘇生を受けた人の割合は05年の17・4%から12年には39・3%に増加。胸骨圧迫だけで社会復帰できた人も、人口1千万人当たりの換算で05年の0・6人から28・3人に増えていた。
 石見教授は「胸骨圧迫だけの蘇生は、人工呼吸を伴う場合に比べて簡単。多くの人を対象にした講習が実施しやすく、蘇生の普及に有効だ」と説明。その上で「人工呼吸は子どもの心停止に有効とのデータもあり、学校の先生らにはオプションの講習として実施するのが望ましい」と話している。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

医療アプリで進化するモバイルヘルス分野

スマートフォン(多機能携帯電話)によって、電子メールやビデオゲーム、写真の共有が指先の動き一つでできるようになった──だが、その同じスマートフォンを特製のケースに接続すれば、手のインパルス(電気信号)から心電図を作成し医師に送信することさえ可能だ。

「スマートソックス」で赤ちゃんの健康状態をチェック

 米ノースカロライナ(North Carolina)州に暮らすE・B・フォックスさん(57)は、昨年10月から不整脈を記録するためにAliveCor社の心拍数モニターとアプリを使い始めた。もし何か問題があると感じたら、すぐに医師に電子メールで記録を送り、診断してもらうことができる。「少なくとも1回の診療分は節約できたね」とフォックスさんは語る。

■目標は医療コストの削減

 心拍数モニターは、急成長するモバイルヘルス業界の進化を示すほんの一例だ。医師や開発者らがモバイルアプリと携帯機器によって目指すのは、医療費の削減だ。

 従来、病院や保険などの医療業界は、患者数や治療件数など「量」にこだわってきた。だが医療制度が変化する中、業界は医療の「質」の定量化を目指している。そこで、患者が30日以内に病院を再訪したかどうかといった要素が注目され始めた。今後は保険金の支払いにも影響を及ぼすかもしれない。

 中心となる考えは、患者自身がモバイルアプリなどのツールを使って自分の健康を記録することで、診療の必要回数を減らすことができ、1回の診療をより効果的にすることができるというもの。

 米カリフォルニア(California)州のスクリップス・トランスレーショナル科学研究所(Scripps Translational Science Institute、STSI)では現在、医療費とモバイル医療機器との関連性についての研究を実施中だ。特に慢性疾患のある患者を対象に研究している。

 患者にiPhoneと一緒に、血圧計や心拍数モニター、血糖値メーターなどを提供し、高血圧や不整脈、糖尿病の記録を半年にわたって取ってもらうという研究だ。患者自身が症状を監視することで、必要のない病院訪問や、救急治療を受ける回数などを減らすことができるかどうかを調べる。

■変わらない問題「医師の指示に従わない患者」

 研究はまだ途上だが、研究主任のシナモン・ブロス(Cinnamon Bloss)氏はすでに古典的な問題に直面している。スマートフォンのおかげでいくら容易になっても、患者が医師の指示に従わないことだ。「患者の抱える疾患に合わせた無料の携帯電話とモニター機器を提供しているのだが、多くの人は面倒がってしまう」という。

 アプリの評価サイト「iMedicalApps.com」の創設者、イルティファト・フセイン(Iltifat Husain)氏も、患者が治療計画に従わないことが健康面にも金銭面にも大きな影響を及ぼしていると指摘する。「医師の指示に従わない患者のせいで、医療保険制度に巨額の費用がかかっている。こういう事例は毎日のように見かける」とフセイン氏は語った。

■アプリの向上

 一方でフセイン氏はモバイルアプリ自体の改善は急速に進んでいると指摘する。「この1、2年で、医療アプリの品質は急速に向上している」

 これには昨年9月に米食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)がガイドラインを発表したことも大きく影響している。フセイン氏によれば、このガイドラインにより、いかがわしいアプリのリリースが減った。「初めは西部劇のような世界だった。今は町に保安官がやってきた、といったところだ」とフセイン氏は語った。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

うつ病、交流サイトで病状改善 患者同士で励まし合い 復職支援アプリも登場

 うつ病の患者を支援するインターネット上のサービスが相次いで登場している。患者同士が対話する場を作るなど、ネットの特性を生かして症状の改善や再発防止につなげている。休職者が早く仕事に戻れるよう、入力した生活の記録を産業医に送信するアプリも登場。自宅にいながら利用できる手軽さもあってユーザーが増えている。

 千葉県に住むうつ病の女性(28)は毎日、自宅のパソコンからインターネットサイト「U2plus」の交流サイト(SNS)「FunCan」にアクセスする。「きょうはヨガに取り組みました」。日記のように書き込むと、他のユーザーから「いいね」「すごい」などの反応がある。長く仕事を休んでいるが「孤独を感じない」と話す。

 昨年7月に発病し、食欲不振と不眠、薬の副作用などで10キロ痩せた。付き添いがないと外出ができない時期もあった。サイトの利用を始めたのは今年2月。SNSに書き込むため、自宅でヨガや家事に取り組むようになったといい、「抗うつ剤の量が減ったうえ、外出もできるようになった」と笑顔を見せる。

 このサイトはユーツープラス(東京・港)が今年1月、小堀修・千葉大特任講師の協力を得て立ち上げた。うつ症状の回復や予防などが目的で、現在の登録者は約2千人。欧米で普及する治療方法の一つで、日常の考え方や行動を見つめ直すことで自分の感情をコントロールする「認知行動療法」に基づくプログラムを提供している。

楽しいことを探す

 「FunCan」は自分の行動を記録し、ユーザー同士が共有することで、自分ができること、楽しいことを探せるようになるのが目的。ほかに、つらい気分のときに文章をまとめることで別の考え方を探す「コラム」などのプログラムがある。月額970円の有料会員になれば月2回、臨床心理士ら専門家のアドバイスも受けられる。

 同社の東藤泰宏社長はIT企業に勤務当時、うつ病に苦しみ、休職した経験がある。「認知行動療法は自宅にいてもできる。休職期間の短縮や再発の防止に役立てたい」と話す。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

妊婦血液で胎児のダウン症診断…国内5施設で

 妊婦の血液で、胎児がダウン症かどうかがほぼ確実にわかる新型の出生前診断を、国立成育医療研究センター(東京)など5施設が、9月にも導入することがわかった。

 妊婦の腹部に針を刺して羊水を採取する従来の検査に比べ格段に安全で簡単にできる一方、異常が見つかれば人工妊娠中絶にもつながることから、新たな論議を呼びそうだ。

 導入を予定しているのは、同センターと昭和大(東京)、慈恵医大(同)、東大、横浜市大。染色体異常の確率が高まる35歳以上の妊婦などが対象で、日本人でのデータ収集などを目的とした臨床研究として行う。保険はきかず、費用は約20万円前後の見通しだ。

 検査は、米国の検査会社「シーケノム」社が確立したもので、米国では昨年秋から実施。妊婦の血液にわずかに含まれる胎児のDNAを調べる。23対(46本)ある染色体のうち、21番染色体が通常より1本多いダウン症が99%以上の精度でわかるほか、重い障害を伴う別の2種類の染色体の数の異常も同様にわかる。羊水検査に比べ5週以上早い、妊娠初期(10週前後)に行うことができる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

男性用ピルの候補物質発見=投与中だけ精子形成抑止―マウスで確認・米研究所など

 男性用の経口避妊薬(ピル)の有望な候補物質を発見し、雄マウスに投与している期間だけ精子の数を大幅に減少させ、運動能力も失わせることを実験で確認したと、米ダナ・ファーバーがん研究所やベイラー医科大などの研究チームが17日付の米科学誌セルに発表した。
 男性用ピルの開発研究は近年、性腺刺激ホルモンの生成を抑えて精子形成を止める方法が中心だったが、全身のホルモンバランスへの影響が懸念され、臨床応用が進んでいない。これに対し、今回有望とされた低分子化合物「JQ1」は、精巣で精子形成に不可欠な役割を果たすたんぱく質「BRDT」に結合し、邪魔する働きがある。
 雄マウスの実験では、JQ1を毎日腹腔(ふくこう)内に投与しても性腺刺激ホルモンや男性ホルモン(テストステロン)の血中濃度に影響はほぼなかった。投与をやめると、1カ月半後までに精子の数や運動能力が回復。雌と交尾して妊娠させることができ、誕生した子に異常は見られなかった。
 BRDTはヒトの精巣にもあり、同研究所のジェームズ・ブラッドナー博士は「JQ1は男性用避妊薬の一番の候補物質だ」として、実用化を目指している。JQ1の適切な投与量を調べる実験もラットで行っている。 

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動