1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

軍艦島アーカイブサイトがオープン

長崎県長崎市の沖合に浮かぶ通称「軍艦島」(正式名称は「端島」)の歴史を伝えるサイト「軍艦島アーカイブス」が4月21日にオープンした。

西日本新聞(福岡県福岡市)が開設したこのサイトは、19世紀末から炭鉱開発が始まり、1974年の閉山とともに無人の島となった軍艦島を、古い写真と映像でたどるものだ。南北480m、東西120mという狭い土地に、最盛期には5000人以上が暮らし、当時の東京の9倍の人口密度を誇った軍艦島。この島がいかにして誕生し、そして無人化したのかを、全8話のストーリーで紹介している。

現在(4月22日)、軍艦島ヒストリーは3話まで公開されており、第1話の「軍艦島の出現」では、島の発見から三菱による買収、住環境の整備、さらに「軍艦島」という名前が付けられた経緯などを紹介。元・軍艦島住民から提供された貴重な写真が、多数掲載されている。ツイッターには、

「これは貴重な映像資料だ」
「バ、バトルシップアイランド…」
「写真onlyで説明なしの軍艦島本は見たことあるけど、波長が合わなくて結局買わなかった。それとは形態は違うけれど、写真に文章が自然と入ってくるものが欲しかったんだなぁ。・・・西日本新聞社さんナイスだぜ!」

など、称賛の声が相次いでいる。

軍艦島に関しては、これまでもネットでさまざまな試みが行われてきた。2013年にはGoogleが長崎市の許可を得て、立ち入りが禁じられている地域も含めて島全体を撮影し、それを同社の「ストリートビュー」に掲載した。また昨年11月には、西日本新聞が無人小型飛行機「ドローン」を駆使して撮影した4K画像(フルハイビジョンの4倍の解像度に相当)が、YouTubeで公開され、半年たった現在までに35万回以上も再生されるなど人気を博している。

前述の軍艦島アーカイブスのFacebookページは、すでに2万人以上に「いいね!」を押されている。世界遺産入りを目指す動きもある軍艦島に対し、ネット界からも熱い視線が送られているようだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

1/1000スケールで東京を再現! 森ビルに設置されている“巨大模型”に注目

東京・六本木の森ビル内に設置されている東京都の“巨大都市模型”が、はてなブックマークで注目を集めています。東京都内にあるビルや線路、東京スカイツリーなどを、1/1000スケールで緻密に表現しています。再現度の高さが話題を呼んでいるこの模型について、広報担当者に電話取材しました。
「リアルすぎる東京の巨大模型に注目 」の写真・リンク付きの記事
▽ 2016年オリンピック・パラリンピック招致活動に協力 東京の魅力伝える"巨大都市模型"を提供 | ニュースリリース|プレスルーム|森ビル株式会社 - MORI Building
▽ 森ビル 2016年オリンピック・パラリンピック招致活動に協力 東京の魅力伝える“巨大都市模型”を提供 〜東京都がIOC視察団へのプレゼンテーションに活用〜 (PDF)
森ビルが独自技術で制作した巨大都市模型は、東京の中心部を1/1000スケールで再現しています。2016年のオリンピック・パラリンピック開催都市に立候補した東京都が、2009年に来日した視察団へのプレゼンテーションに活用しました。大きさは17.0メートル×15.3メートルで、制作期間は1年2ヶ月とのこと。再現しているエリアは、渋谷区・新宿区・台東区・墨田区・品川区・港区・千代田区・中央区・江東区・目黒区・大田区・文京区・江戸川区・海の森周辺の約220平方キロメートルです。現在は特定のイベントを除いて非公開となっています。
はてなブックマークでは、2010年に巨大都市模型を見学した人が投稿したブログ記事に注目が集まっています。掲載された写真を見ると、東京ドームや品川駅、レインボーブリッジといった建造物だけでなく、湾岸に設置されているクレーンなども再現しているのが分かります。はてなブックマークのコメント欄には、「想像以上に凄かった。これはみたいな〜」「すごいスケールだ」「もはやアート」といった驚きの声が集まっています。
▽ Fumi's Travelblog: 森ビルのジオラマを見学させて頂きました!
▽ 【画像あり】 森ビルが作っている東京の都市模型(ジオラマ)が凄いと話題に | ニュース2ちゃんねる
はてなブックマークニュース編集部が森ビルに電話取材したところ、巨大都市模型は、毎年夏に小学4〜6年生と保護者を対象に行う「ヒルズ街育(まちいく)プロジェクト」で公開しているそうです。2012年の開催については、森ビルのWebサイトで告知するとしています。模型の制作は現在も続けており、新たな建造物も随時追加していくとのことです。
矢部俊男「TOKYO MODEL--東京の近未来を俯瞰する 」(1/2)
SeaGate Blog: 東京の都市模型
超巨大な鉄道模型ミュージアム、ミニチュアワンダーランドの最新映像が凄い!! | Hiroiro
MORI BUILDING - 森ビル株式会社

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

都会と田舎で生活する「二地域居住」 2030年には1千万人を超える人気

最近注目を集めている生活に「二地域居住」があります。これは、二つの地域に生活拠点を設けるもので、主に都会の住居と農村とを行き来する生活となります。こういった生活スタイルは、2030年には1千万人を超えると国土交通省も予想しています。

同省では、「二地域居住」には4つの意義があるといいます。

1.都市住民は、「こころの時代」の多様なライフスタイルを農山漁村で創造することが可能。
2.都市生活では難しかったプライベートな書斎やアトリエ、音楽演奏室等の所有が実現。
3.農山漁村の側でも、一定規模の消費需要、住宅需要等を創出、地域コミュニティ活動や地域文化活動等の新たな担い手の増加。
4.様々なケア等の生活面や震災等の災害に対するセーフティ・ネット(安全網)の役割。

二地域居住を行うことで、都会での生活で失われつつある"つながり""ゆとり""安心""時間"を、田舎の生活で得ることができるのです。

では、この生活スタイルを考えたとき、実際にどのエリアが人気なのでしょう。面白物件を多数紹介する「東京R不動産」の吉田裕也さんが、書籍『週末は田舎暮らし』のなかで、人気エリアを紹介しています。

関東地域で人気なのは、「房総R不動産」「稲村ヶ崎R不動産」とR不動産でもサイト運営している二つのエリア。

「この二地域は人気のエリアで、サーフィンのメッカでもある神奈川県の稲村ヶ崎は、土地価格的な問題から『移住』となるケースが多い一方、房総は、物件価格が都市部の10分の1から20分の1とかなり安く、坪1~3万円という物件が多い。房総に二地域移住者が増える理由はここにあります」と吉田さんは語ります。

次に関西圏だとどうでしょう。「山と都市と田舎がバランスよく混在していて、異国の人のつくってきた街があり、神戸空港の駐車場は無料、関空までもバスで40分、細かいことですがMKタクシーは迎車料金が無料(笑)で、東京にも海外にもアクセスがいい。小さなエリアごとの特性があってとても面白い土地です」と紹介するように、神戸が人気だそう。賃貸物件も多いようで、風光明媚な山に建つ70平方m程度のマンションの部屋が7-8万円で借りられるのです。

また、九州地方となると、福岡の都市部から50分程で行ける平野、筑後川沿いが特に人気が高いようです。物件の坪単価は1-10万円程度。「県内からの移住者が多くて、東京などに拠点を残して二地域居住をしている人もいます。移住者は年収200-500万円程度の人が多く、コストをかけず豊かな暮らしを送りたいという趣旨で土地を選んでいます。逆に、東京-福岡という遠距離での二地域居住者は年収1,000万円以上の人が主です」と説明します。

以上が国内の注目スポットです。二地域居住にメリットを見いだせそうと感じる人は、早速、土地探しを始めてみませんか?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「それでも○○に住み続ける理由」というブログ記事が流行中 いろんな街自慢をご覧あれ

 はてなブログなどで、「僕がそれでも○○に住み続ける理由」といったタイトルのブログ記事が流行しています。北海道から沖縄まで、地方在住のブロガーたちが街のいいところなどを紹介しており、おいしそうなご飯や美しい景色を知ることができますよ。

【拡大画像や他の画像:街自慢ブログ】

 流行のきっかけになったと思われるのは、「私がそれでも福岡市に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります! 住と食のクオリティが高すぎる。」というブログ記事。福岡市のグルメや交通事情などを紹介し、はてなブックマークを500件以上も集めました。

 ここから、同エントリへの「対抗エントリ!」として、別のブロガーによる「僕がそれでも札幌に住み続ける、その魅力を8つにまとめて語ります! 住と食のクオリティが高すぎるし、そんなに寒くない!」という記事が登場。さらに「僕がそれでも沖縄県に……」「自分がそれでも仙台に……」「僕がそれでも鹿児島に……」などなど、街のアピール記事が続々登場しました。はてな匿名ダイアリーには「それでも京阪神に住み続けるべき、7つの理由(自分は首都圏住みだけど)」という投稿も。

 いろんなエリアにいろんな魅力があることが分かって、読んでいて楽しいですね。さらなる投稿も楽しみです!

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

TSUTAYA図書館、生徒の利用制限 中学校VS市長

 書店やカフェを併設する佐賀県武雄市図書館は「商業施設」に当たるとして、近くの県立武雄青陵中学校(平川年明校長)が登下校時に生徒だけで立ち寄るのを禁止し、帰宅後もカフェは保護者同伴でないと利用してはならないと指導していたことが分かった。市立校ではこうした指導はなく、樋渡啓祐市長が抗議。学校側は10日、保護者に「登下校時であっても生徒だけで図書コーナーを利用することを認めたい」とする文書を配布、指導を撤回した。

 武雄市図書館はレンタル大手のTSUTAYAを展開する企業が運営。蔦屋(つたや)書店やスターバックスコーヒーも入居、年中無休で午後9時まで開館している。

 武雄青陵中は、カフェなどの併設を理由に「校則で商業施設と同じ扱いになる」と判断。6月発行の「生徒指導便り」で、生徒だけでの利用は帰宅後や休日の図書コーナーに限ると通知。下校後に生徒と保護者が待ち合わせに使うのも「何らかのトラブルに巻き込まれるなど、あまり好ましくない」と自粛を求めていた。

 樋渡市長は9日の市議会や自身のブログで「異議あり」などと抗議。学校側が10日に配った文書は「諸般の事情に鑑み、利用を制限すべきではないとの判断に達した」としつつ、夜間やカフェは「保護者の責任のもと」で利用させるよう求めた。文書を見た市長は「迅速な方針転換を歓迎するが、説明は不明確だ」と話した。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動