1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

「美人すぎる市議」、八戸でまた誕生 元グラドル29歳の久保百恵さん

 「美人すぎる市議」として話題になった藤川優里さん(35)を生んだ青森県八戸市で、新たな美人市議が誕生しました。元グラビアアイドルの久保百恵さん(29)。今回の市議選に無所属の新人として立候補し、当選を果たしました。

花嫁衣装、着物姿、キャミソールで生足・・・元グラビアアイドルのビジュアルをいかす久保百恵さん

新人ながら3位に食い込む
 26日に行われた八戸市議選は定数32に対し、43人が立候補する激戦に。藤川さんは4584票を得て3期連続でトップ当選しましたが、久保さんも3116票を獲得。堂々の3位で当選しました。

グラドル時代はDVDも
 久保さんは地元の県立八戸南高校を卒業後、森田健作さんや時東ぁみさん、スギちゃんらが籍を置く大手芸能事務所「サンミュージックプロダクション」に所属。同事務所によると、「百瀬実咲」の芸名でグラビアアイドルとして活躍し、映画やドラマ、DVDなどに出演しました。2009年には芸能活動の拠点を八戸に移し、モデルなどをしていました。青森の県産米をPRする「ミス・クリーンライス」に選ばれたこともあります。

公式サイトはビジュアル重視
 久保さんの公式サイトでは、八戸市の情報公開の推進や災害対策の強化、地元産業の振興などが掲げられている一方、花嫁衣装や着物、両肩を露出したキャミソール姿など、ビジュアルを生かした写真を前面に押し出していました。

メディアは八戸市議会に再び注目
 久保さんの後援会事務所によると、「当選後はずっと、応援してくれた皆さんへのごあいさつ回りが続いています」とのこと。八戸市では、ほかにも女性が当選しましたが、藤川さんと久保さんという30代と20代の「ツートップ」が目立つことは間違いなさそう。テレビやネットなどメディアへの露出が増えれば、市のPR強化につながりそうです。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

グラビア初挑戦の浅田舞が私生活を告白「妹と合コンなんて、飲みにだって行けません!」

今夏、ダイビングスーツを腰までまくった黒ビキニ姿の写真で世間を驚かせた浅田舞。明日発売となる『週刊プレイボーイ』50号(12月1日発売)のグラビアでは、健康的に鍛えられた小麦色の“美BODY”を披露している。

【写真】浅田舞の初挑戦グラビア!

週プレ本誌では“ダイバー”として活動する彼女も完全撮り下ろし! 意外すぎる私生活について語ってもらった。

―グラビア初挑戦、お疲れさまでした!

舞 お話をもらったときは、やっていいのかな、やったらどんな反応をされるのかな、本当に自分はできるのかなって不安な気持ちもありました。

去年までは妹が競技に出場しているなかで、姉の私が水着になるのも申し訳ないと思って、お話があってもお断りしていたんです。

―今シーズン、妹の真央さんは完全休養中ですよね。

舞 それに、もう26歳なんです、私。大人になって、なかなか新しいことにチャレンジする機会も少なくなってきたし、26歳の今の自分を残したいな、今だからこそやらなきゃいけないんじゃないかなと思ったんです。

――撮影中は本当に楽しそうで、スタッフもついつい笑顔になってしまいました!

舞 笑顔ってどうすればいいんだろうって、最初は緊張しました。だって、CMでも風邪を引いた人の役しかやってないですから(笑)。どんどん撮影が楽しくなってきて、終わるのが寂しかったです。初めて、ちゃんと自分自身を撮ってもらえているっていう感覚があったんです。本当にやって良かったって思ってます!

――今回のグラビアはどんな人に見てもらいたいですか?

舞 友達とか家族じゃなくて、競技やテレビでの私しか知らない人に見てもらいたいですね。写真だから言葉はないんですけど、でも言葉がないからこそ、自分自身をすごく出せたかなと思います。見てくれる人が「浅田舞ってこういう一面もあるんだ!」って思ってくれたら嬉しいです。

―ダイビングのお仕事もされているんですよね?

舞 ライセンスを持っているので、最近では海にまつわるお仕事も多いです。12月11日には「エコプロダクツ2014」で、サンゴやコンブの保全活動についてトークショーをするんです。これからは環境問題に関わるお仕事もしていきたいです。

―ダイビングといえば、8月にビキニ&ダイビングスーツ姿の写真が話題になりましたね。

舞 あの写真は完全非公開のインスタグラムから流出したんです(笑)。たぶん、誰かが公開にしちゃったんだと思います……。プライベートの写真だけど一応サングラスかけてるし、誰だかわかんないよな?と思っていたらすぐにバレましたね。

―そんな裏事情が! 普段の舞さんはどんな人なんですか?

舞 「お行儀がいいお姉ちゃん」と思われがちですが、そんなことありません! 普段はまったく出歩かないですね。お酒もまったく飲めないんです。

週刊誌には「妹と合コンに行く」とか書かれましたけど、飲みにも行けないんですよ、みんなのペースについていけないので……。家でひとり鍋することが多いです(笑)。休みの日はお昼に起きて、そのままベッドでお菓子を食べながらずっとマンガを読んでいるのが至福のひと時です!

*発売中の『週刊プレイボーイ』50号で、インタビューの全文をお読みいただけます。

(撮影/熊谷 貫 衣装協力/GULL)

★浅田舞さんの初挑戦グラビアは、発売中の『週刊プレイボーイ』50号に掲載!
【http://www.grajapa.shueisha.co.jp/item/detail/weeklyplayboy/ef8f55da1cb490179e13b425e2a7e35c】

★12月の週プレnetにて120点超の未公開カット&イメージ映像を配信!
12月1日から31日まで。
週プレnetでは、浅田舞さんのお宝画像&動画をボリューム満点で配信。今すぐチェック!
【http://shupure-net.shueisha.co.jp】

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

つちやかおり48歳 25年ぶりのセクシーグラビアを撮り下ろし

 1980年代にアイドルとして活躍したつちやかおり(48)。1991年に俳優・布川敏和と結婚、現在は1男2女の母である。今年から20年ぶりに芸能活動を再開し、今回『週刊ポスト』誌上で25年ぶりのグラビア撮影に挑戦した。撮り下ろしグラビアとともに、彼女からのメッセージを紹介しよう。
 * * *
 みなさん、こんにちは。つちやかおりです。
 
 時が経つのは早いもので、私は今年48歳になりました。27歳で結婚して子供は3人。家事に追われ、やっと育児も一段落してきた今年から、20年ぶりに芸能活動を始めています。今回渡辺さんに撮っていただいたグラビアも、25年ぶりのものとなります。
 
 結婚してからは仕事にも興味がありませんでしたし、キレイでいたいという意識がなくなっていたこともありました。でも、50代を前にして、頑張っている同世代の人の姿を見て思ったんです。このまま疲れ果てた50代になるか、それともまだまだキレイで輝いている自分でいられるか、その分かれ道なんだなって。
 
 今回は、等身大のつちやかおりを撮ってほしいという想いで臨みました。若い人たちはこのグラビアを見て、「そんな年になって恥ずかしくないの」と思うかもしれません。でも、同じような心境の分かれ道を迎えている同年代の人たちに、少しでも「頑張っているな」「まだまだ素敵だな」って思われたら嬉しいです。
 これが今の等身大のつちやかおりです。これから、もっともっと素敵な女性になりたい、そんな想いを込めた自分への宣戦布告を見てください。
【プロフィール】
つちや・かおり:1964年8月26日生まれ。1979年、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)に出演し、1982年には歌手としてデビュー。グラビアでも人気を博し、1988年には渡辺達生氏撮影による写真集『あなたしだい』を発売する。1991年には、高校時代から交際していた俳優の布川敏和と結婚。現在、1男2女の母で長男は俳優の布川隼汰(20)、長女はモデルの布川桃花(18)。公式ブログはhttp://ameblo.jp/kaori-tsuchiya/で公開中。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

ロッチ・コカドケンタロウ グラドル岸明日香とお泊りデート

 お笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウ(35才)とグラビアアイドル・岸明日香(23才)のお泊まりデートをキャッチした。

 4月中旬のとある夜のこと。都内の自宅マンションから現れたコカドは、大きなマスクで顔を隠し、なぜか妙にソワソワ。そして彼の後には、同じく白いマスクで顔を隠した美女の姿があった。

 膝上20cmはあろうかというミニスカートに、ニット越しでもわかる大きなバスト。B90(Gカップ)W58H90の抜群のスタイルで、人気のグラビアアイドル・岸明日香だ。

 ふたりは体を寄せ合いながら、大通りでタクシーを止め、夜の街へ。2時間ほどのデートを楽しむと、再びコカドのマンションへと戻り、そのままお泊まり。女性セブンはそんなふたりの姿を何度も目撃している。

 出会いは今年2月。ロッチがレギュラーを務めるラジオ番組に岸がゲストとして出演したのがきっかけだった。たった一度きりの共演で、交際にまで発展させるなんて、コカドの“肉食”ぶりもなかなかのもの。

 一方、相方の中岡創一(36才)の意外なツーショットも目撃。4月下旬、東京ミッドタウン内にある、大人気の自然食店『茅乃舎』に、先輩芸人のキングオブコメディ・高橋健一(43才)といた。

「中岡さんたちは男2人で、人気商品のだし汁などを手に取って、使用方法や味について女性店員さんを質問攻めにしていましたよ(苦笑)」(目撃した人)

 ちなみにコカドと岸が出会った番組には、もちろん中岡も出演していた。それって、中岡はいい感じのダシに使われたってこと!?

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

苦境“グラドル”再生への秘策とは

80年代から90年代にかけて、隆盛を極めたグラビアアイドルも、近年はすっかりと影を落としている。週刊誌や実話誌、漫画雑誌のグラビアページの多くは、アイドルや若手女優たちが席巻して、活躍の場を失っているのが現状だ。

■“グラビア界の救世主”として期待された壇蜜だが…

 逆風の最中にも、“グラビア界の救世主”として期待された壇蜜をはじめ、吉木りさ、手島優、佐々木心音など、グラビアをキッカケにブレークするタレントも登場してはいるが、風向きを変えるまでには至っておらず、主戦場をバラエティー番組や映画、ドラマ、CMなどに移行している。

 その背景には前述した理由のほか、インターネット、携帯電話、スマートフォンの普及による紙媒体の衰退といった数々の要因が挙げられるが、芸能評論家の三杉武はこう補足する。

■グラビアを本業にするのは収入的にも難しい時代

 「インターネットを通じて、手軽にセクシーな画像や動画が見られるようになった昨今は、そもそもの需要自体が減っていますし、主戦場としてきた紙媒体を経営する出版社もネットの割を食い、懐事情は総じて厳しい。誌面のための純粋な撮り下ろしは、莫大な経費がかかるので、写真集やDVDの宣伝も兼ねて誌面に出演してもらう、いわゆる“パブリシティー案件”が増えています。こういったケースでは、ギャラはほとんど期待できず、グラビアの仕事を本業にするのは収入的にも難しい時代です。長期にわたってグラビアを中心に活動するタレントが減り、アイドルや女優、さらには美女アスリート、料理研究家、フリーアナウンサーなどの、“スポット参戦”が目立つのには、こういった背景もあると思います」

 今や絶滅の危機さえ叫ばれているグラビアアイドルだが、そんな中で“グラドル再生”に向けた動きも出て来ている。

 以前からTwitter上に、毎日のように自画撮りのセクシー画像を、アップしていた現役グラビアアイドルの倉持由香は、「グラビア界全体を盛り上げて、またグラビアにグラドルがちゃんと載れる時代を復活させたい」との思いから、今年1月に「#グラドル自画撮り部」をスタート。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動