1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

各国とも景気刺激策手詰まりで歯止めかからぬ世界同時株安

 世界の金融・株式市場の動揺が止まらない。投資家がリスク資産からいっせいに資金を引き始めた。

 引き金は米国だった。7月22日以降、ニューヨークダウは下落を始めた。8月2日に債務上限引き上げ法が成立しても下げ止まらず、8月5日には、史上初の米国債格下げが拍車をかけた。7月22日から8月5日までのダウの下落率は9.8%。欧州、新興国、資源国、そして日本の株価も、ほぼこれに歩調を合わせた。為替・商品市場においても、安全資産とみなされている円やスイスフラン、金にマネーが集中した。

 週明けの8~9日、世界のあらゆる市場はパニックに陥った。ダウの5.5%をはじめ、世界の株式は軒並み前日比2~5%急落。ブラジルに至っては前日比8.1%もの下落に見舞われた。7月22日からの同国の下落率は19.3%に及ぶ。むろん日本も例外ではなく、8日の日経平均株価は2.2%下落し、9日には9000円を割り込んだ。4日の日本の介入でいったん1ドル=80円台をつけた円の対ドルレートも、9日には戦後最高値に迫る76円台をつけた。

 市場関係者は、9日のFOMC(連邦公開市場委員会)声明発表を、固唾を飲んで待った。

 FRB(連邦制度準備理事会)が打ち出した対策は、「超低金利政策を少なくとも2013年半ばまで継続する」というものだった。各国の株価は、これを受けていったんは大幅に反発するも、翌日には再び急反落した。超低金利政策の継続だけでは、混乱の引き金を引いた米国の景気減速を発端とする世界経済の失速懸念を払拭するにいたらなかったからである。

 8月初め、ISM製造業指数、個人消費支出など、同国経済の失速を示唆する指標が相次いだ。年後半には上向くとみていた投資家は、あてがはずれリスク資産からの逃避を始めた。米国債格下げは財政支出による景気刺激が難しいことを決定付け、失速懸念をさらに膨らませている。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

節電影響で薄着女性増えると脱毛器メーカーの株が上がる法則

 投資情報サイト「東京IPO」の編集長を務めるフィナンテック取締役の西堀敬氏が、これから「上がる株」として注目しているのは「ヤーマン」(東証2部・6630)だという。

 * * *
 脱毛器、美顔器、化粧品、空気清浄器などの開発、製造、販売を手掛けるヤーマンは、2011年4月期において4期連続増収増益、過去最高益の更新を達成。2012年4月期も2桁増収増益を見込み、業績はまさに拡大基調にある。にもかかわらず、前期実績PBR(株価純資産倍率)は1倍割れ、今期予想PER(株価収益率)は5倍程度と割安感が顕著だ。

 同社が主戦場としている美容家電関連(脱毛器と美顔器)市場は、前年比で15%程度の伸びとなっている。中でも、同社は高い独自技術を背景に販売拡大を続け、「モバイル美顔器」でのシェアは約4割、「脱毛器」ではシェア6~7割を占めるに至っている。特に今夏は節電の影響で女性も薄着になる機会が増えるため、脱毛器のニーズはさらに高まるとみられる。今後も、市場拡大のメリットをマーケットリーダーとして享受していくだろう。

 TV通販も『プラチナゲルマローラー』の大ヒットなどで堅調。売れ筋の商品カテゴリーも年々増えている。非常に業績安定感が強いビジネスモデルといえ、ディフェンシブ性の高い内需株として見直される可能性が高いと見る。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。