1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

離婚経験女性の47%が再婚希望 老後の不安や経済的安定が理由

 いまや離婚件数は、年間25万3000組(2009年)。そして結婚する夫婦の4組に1組が、夫か妻のどちらか、またはどちらも再婚という「再婚時代」になっている。ごく当たり前になってきた再婚。とはいえ、再婚する理由は人それぞれだ。

 本誌では20~60才までのシングルマザー100人に「再婚に関するアンケート」を実施した。その結果、再婚したいと思っている人は、47%。その理由は、「老後の不安」(72.3%)、「経済的な安定が欲しい」(55.3%)、「好きな相手がいる」(36.2%)、「子供に父親が必要」(12.8%)、「世間体(結婚しているほうが納得される)」(6.4%)の順だった(複数回答)。

 その他にも、「ひとりでは寂しい」「精神的な安定」「良いパートナーがいればする」「老後の話し相手がほしい」という40代の意見も目立った。

 一方、再婚したくない人は53%。その理由は、「結婚生活はもうこりごり」(49.1%)、「子供との関係が気になる」(43.4%)、「自由な恋愛を楽しみたい」(28.3%)だった。

「再婚したい」も「再婚したくない」も拮抗した数字だが、それぞれに複雑な思いがあるようだ。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ | 

32才女性 5才年下夫より“何かと便利だから”と母選び離婚

 女同士だからわかり合える、でも女同士だから嫌な部分も見えてしまう…。母と息子、父と息子や娘という関係ではわからない、“母と娘”には特別な愛憎が潜んでいる。さまざまな関係性を持ついまどきの母と娘の間柄について、いくつかのケースから検証した。

 こんなケースがある。カズコさん(32才)は、2年前に妊娠し、5才年下の男性と結婚した。20代の夫は経済的に不安定、しかも仕事の都合で帰宅はいつも深夜だったため、カズコさんは結婚当初から、夫とともに自分の実家で暮らすことにした。

「うちは60才の母親と3つ上の姉、父親の4人家族。母親も働いているので、姉が家事全般を引き受けているんです。私も娘を出産後は仕事復帰したいと思っていたので、実家なら好都合。母も姉もいるから、私が仕事でも子供の面倒は見てくれるし、面倒な家事もしなくて済みます」

 出産後しばらくは、母親に育児を教えてもらいながらカズコさんも子育てに集中し、半年後に仕事に復帰してからは、母、姉、カズコさんの3人が協力して育児を行っていた。

 そして、同居から10か月――カズコさんは離婚を決めた。

「私の実家だから彼も居づらかったのでしょうね。だけど、私にとっては30年以上も一緒に暮らしてきた実家だし、夫と暮らすよりもベテラン主婦である母親が側にいるほうが何かと好都合なので、後悔はありません」(カズコさん)

 娘がすべての判断を母親に委ねたり、夫よりも母親を“好都合”と選ぶことは、はたから見ると「いきすぎなのでは?」と思えなくもない。

「母と娘がお互いに頼り、頼られる関係は、当事者同士が生きづらさを感じていないなら、一概に悪いとはいえません。ただし、母親が愛情のように見せながら娘を支配し、娘が悩んでしまうケースもあります」

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |