1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ | 

ネット通販で服を購入、50代で30%超に!再起をかける百貨店に求められるものは?

 最近、テレビで洋服通販サイトのCMを頻繁に目にするようになったが、実際にネット通販で服を購入する人が着実に増えており、利用者は中高年にも広まりつつあるようだ。インターネット調査を行うメディアインタラクティブ(東京都渋谷区)が実施した「アパレルの消費行動に関する意識調査 調査レポート」によると、50代でも30%がネット通販を利用していることがわかった。

 調査は、7月5日~7日にかけて、インターネットで実施。調査対象は東京都・大阪府・愛知県・福岡県に住む10~50代の男女500人。

 まず、洋服の購入場所を複数回答で聞いたところ、最も多かったのが「ファッションビル・駅ビル・複合商業施設」で67.4%。次いで多かったのが「インターネット通販(PC)」(51.2%)で、「アウトレット」(40.6%)、「その他の衣料専門店」(36.6%)、「スーパー」(32.2%)、「路面の単独店、ブランド直営の路面店」(27.6%)を上回った。「インターネットオークション」の利用者も11.8%と少なくないが、「モバイル通販」の利用者は2.2%に留まった。

 同社によれば、「(洋服の購入方法がネットへ移行している傾向は)年齢、性別を問わず、ほぼ同じ比率で推移」しているといい、「50代でもネット通販の比率が30%を超えて」いる。インターネット調査であることを割り引いたとしても、相変わらずネット通販が拡大傾向にあることは間違いなさそうだ。

 さらに、インターネット通販を利用する理由で多かったのは、「買いに行くのが面倒だから」(44.6%)と「一人でじっくり選びたいから」(43.2%)。「買いに行くのが面倒」はネガティブな理由による利用だが、「一人でじっくり選べる」というメリットをネット通販に感じている人も少なくない様子だ。実物を手に取ることができないリスクよりも、他の商品と比較できたり、接客に煩わされることがなかったり、というメリットを優先させる人が増えていることがわかる。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |