1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい―メタボが気になる方に朗報!


ダイエットに終わりはありません

 ビールは太るお酒だと思っていませんか。

 太るからとビールを我慢してはいませんか。

 私自身、ビールが大好きでよく飲んでいますが、ビールのせいで太ったことは一度もありません。

 これまで、多くの方のダイエットをお手伝いしてきて、その中で確信したことは、好物を我慢するダイエットは続かないということです。

 また、栄養バランスの悪い偏った食品を摂るダイエットも続きません。つらい思いをして、空腹に耐えるダイエットでは、一時的にやせられても、結局また体重は徐々に、あるいは急激に戻ってしまいます。

 ダイエットの真の目的は、自分が最も快適で健康に過ごせるからだを手に入れ、生涯その状態を維持していくことです。そのため、好物をあきらめたり、家族や友人との食事を楽しめないような、極端な食事法はおすすめできません。

 ダイエットに終わりはありません。やせたら終わりではなく、やせたからだを維持し続けることもまた、ダイエットの一環なのです。

 その期間だけ食事を変えるようなダイエットでは、肥満の原因になった食べ方が改まったわけではないので、元の食事に戻すと、体重も戻ってしまいます。こうした悪循環を繰り返さないためには、心地よく生きるための食事法を身につけることが大切です

 一生続けるのですから、自分の好みや楽しみをあきらめてはいけません。

 たとえば、ビール。ビールは、一緒に食べるおつまみや普段の食事を工夫し、飲み方に気をつければ、決してあなたを肥満させる飲み物ではないのです。

 ビールについての知識を身につけて、大好きなビールを賢く楽しめば良いのです。

 いま、世の中にはさまざまなダイエット情報が溢れています。

 あるダイエット法では良いとされている食品が、他のダイエット法では禁止されていることもしばしばあります。

 こうした矛盾はなぜ起きるのでしょうか。

 すべての食べ物には、良い面、良くない面があります。これらのどこにスポットをあてて考えるかの違いが、さまざまなダイエット法が次々と生まれる原因のひとつとなっています。

 私は、からだに良い食べ物、悪い食べ物、正しい食事、間違った食事と区別する考え方はしていません。どんな食べ物も、食べ方や量によって、毒にも薬にもなるのです。

 そしてまた、どんな食べ物も、生活や人生を彩り、心やからだをつくっていく上で必要だと考えています。人生には、食によってもたらされる文化的、精神的な楽しみが、健康と同じくらい大切です。

 拙著『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』には、食べてはいけない禁止食品は出てきません。

 食べ方、飲み方に気をつければ、どんな食品も楽しむことができます。

 ダイエット中だからといって、味気ない食事で我慢してはいけません。好みに合った、生活に潤いをもたらす食事で、自分にとってベストな体重を維持しましょう。



ビールは太るという常識の間違い

 ビールが他のお酒に比べて太るといわれるのは、糖質が含まれているからです。

 一方、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、糖質を含まないため、ダイエットに良いお酒とされています。糖質を含む、含まないは、お酒のつくり方に起因しています。

 ビールや日本酒、ワインなどの醸造酒は、原料の麦芽や米、ブドウに酵母を加え、発酵させてつくります。この際、原料に含まれる糖分を、酵母が分解することでアルコールが生まれます。太古の昔に生まれたこのお酒が、醸造酒です。

 私たちの祖先は、果実が酵母によって、偶然アルコール発酵したものを見つけ、その美味しさの虜になって、さまざまなお酒を生み出してきました。

 原料に含まれている糖分は、すべてがアルコール発酵に使われるわけではなく、できあがったお酒の中に若干残ります。これを残糖と呼びます。ワインや日本酒など は、この残糖の量によって甘口・辛口といった味のタイプに分けられています。

 これに対して蒸留酒は、アルコール発酵した原料を蒸留して、アルコール分を集めてつくられます。糖質は原料のなかに残るため、蒸留されたアルコール中の糖質は0となります。

 ただし、ビールに含まれる糖質量は、ロング缶1本で、ごはん半杯にも満たない量です。健康な人にとっては、この程度の糖質量は大した問題はありません。おつまみや食事量で充分調整することができるため、ビールを飲みながらダイエットすることは充分に可能なのです。好きなビールを我慢するより、飲み方やおつまみを工夫して、ストレスなくダイエットをしましょう。



1日の糖質量をまず決めよう

 ダイエットや健康、老化防止のために大切なのは、血糖値の上昇をゆるやかにすることです。その血糖値上昇に関わっているのが食品に含まれる糖質です。

 発泡酒や新ジャンルの商品などで、よく「糖質オフ」とうたわれているので、ビール党にとって「糖質」は、聞き慣れた言葉だと思います。

 栄養成分表示には、「炭水化物」と書いてある場合と、「糖質」と書いてある場合があります。「炭水化物」とは、「糖質」と「食物繊維」の合計です。

 炭水化物に含まれる「糖質」は、血糖値を上昇させ、「食物繊維」には血糖値上昇を抑えるという、相反する作用があります。そのため、ここでは血糖値上昇の原因となる「糖質」について取り上げていきます。

スポンサーサイト
ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

肥満率はなんと4割! 神奈川県警でダイエット期間スタート

 体を張って県民の安全を守らなければならない警察職員に健康は不可欠。ところが、昨年度の健康診断で、神奈川県警の警察職員の約4割が肥満だということが分かった。そんな状況から抜け出そうと、県警は新しい本格的なダイエット計画を今月からスタートした。厚生課は「県民を守る前に、まず警察職員自身が健康になることが大事」と、インストラクターを派遣してエアロビクスなどの講習を行っている。

 体重を身長の2乗で割った肥満度(BMI)でみると、昨年度の健康診断で肥満を示す数値25以上の警察職員は約6770人と全体の38・7%を占めた。平成20年度以降、38%前後で推移しており、厚生労働省が示す20~50代の男性の平均約32%、女性の平均約16%を大きく上回っている。

 肥満が多い理由について、厚生課は「警察官は昼夜問わず働くことが多く、生活が不規則になりがち。普段から気を遣わなければ体型維持は難しいのでは」と分析する。

 同課は昨年度までの4年間は、歩数計を配り計画的に歩いてもらう取り組みを実施した。だが、参加者がわずかで効果も表れていなかった。

 そこで、今年度は13日から県警本部や54警察署などにスポーツインストラクターらを派遣し、エアロビクスやストレッチ、ヨガの講習を開始。日常の習慣として取り入れられることに重点を置き、自宅で続けられる食生活改善や呼吸法などの指導を受けている。

 14日には鉄道警察隊の隊員らが肩こりや腰痛に効くストレッチ法や、器具を使わずにできる筋トレ方法などをインストラクターから学んだ。日ごろ運動不足の人もおり、参加者からは「体が硬くなった」「筋力が落ちた」などの声が聞かれたが、健康で強い警察官になるため真剣な表情で講習に取り組んでいた。

 ダイエット期間は11月まで続き、BMIの平均値30以下が目標という。厚生課の石渡義行課長代理は「いざというときに動けなければ意味がない。健康になって治安を守れる警察になる」と意気込んでおり、結果が注目されている。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

牛乳にダイエット効果があると判明

イスラエルの研究者の発表によると、牛乳をよく飲む人は飲まない人に比べて、体重が減る傾向にあることが判明した。研究者は40~65歳の男女約300人を2年間追跡調査した結果、体重の減り方に明らかな差があったと説明している。はたしてその効果はいかなるものなのか?

この研究は、アメリカの『臨床栄養ジャーナル』の最新号に掲載されたもの。研究者は太りすぎと指摘されている40~65歳の男女322人を、2年間にわたって追跡調査し、体重と食生活の関係を分析した。その結果、毎日コップ2杯以上の牛乳を飲んでいる人は平均して5.4キロ体重が減少していた。また、コップに半分の量を飲む人でも、約3.2キロの減量が見られたそうだ。

この結果について栄養学者のダグラス・ハズバンド博士は、「牛乳には空腹感をやわらげる効果がある。おなかのすいた時に1杯の牛乳を飲むことにより、食べすぎを抑制できる。また、間食を控えるのにも役立つだろう」と説明し、「ソーダなど、砂糖を多く含む清涼飲料を遠ざけるのにも役立つ」と付け加えた。このほかにも、牛乳に含まれるタンパク質がエネルギーレベルを向上し、積極的な行動をうながすとも指摘している。

ちなみに9月27日付けの東京新聞インターネット版によれば、健康科学大学学長の折茂学長をはじめとする研究会が、「牛乳はメタボリック症候群に効果がある」との研究結果を発表している。牛乳を多く摂取している人は、摂取しない人に比べてメタボ有病率が低いことが判明したのだ。

この研究が正しければ、牛乳にダイエットに効果があると考えて良さそうだ。ダイエットに挑戦中の人は、運動や食事制限と合わせて牛乳を飲んでみてはいかがだろうか。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

欲求を逆手にとった『チョコレート・ダイエット』で115キロ減量に成功

アメリカの男性が、意外なダイエット方法で115キロの減量に成功し注目を集めている。その方法とは、ダイエットにチョコレートを利用したもの。チョコレートといえばダイエットの敵。普通は絶対に食べてはいけないお菓子のはずだが、男性は「チョコレートを食べたい」という欲求を逆手にとって、16か月で大幅な減量に成功したのだ。

この男性はフロリダ州に住むピーター・アジェロさん。彼はピザやハンバーガー、パンケーキなどの高カロリーな食べ物が大好きだった。高カロリーなものばかり食べていたおかげで体重は増え続け、もっとも重いときで203キロもあったという。

当然身体にも大きな負担がかかっていた。食べることを止められない彼は、ついに脳卒中と糖尿病にかかり、ダイエットせざるを得なくなってしまったのだ。そして、このままではいけないと決心し、ダイエットを始めたという。

しかし彼の友人たちは、「お前はダイエットに絶対失敗する。もしもやせることができたら、1万5,000ドル(約130万円)払ってもいい」と言ってきたという。バカにされたと感じたピーターさんは、「意地でもやせてやる!」と誓い、ダイエットにのぞんだ。

そして最初の1か月で22キロの減量に成功。彼がとったダイエット法はこうだ。ジャンクフードやアルコールなど太りそうな食品を一切やめた。酒もタバコもインスタント食品もすべてやめ、果物を多く摂り、1日に4リットルの水を飲んだ。

しかし、どうしても甘いものが欲しくなることを想定して「チョコレートだけは食べていい」というルールを決めていた。すべての甘いものを絶つのでは長続きしないので、食べていい物をあらかじめ決めておいたという。

涙ぐましい努力の結果、体重は日を追うごとに落ちていった。あせった友人たちは、賭けに負けるわけにはいかないと、毎晩ピザやチキンを彼の家に送り続けたそうだ。しかしピーターさんの決意はまったく揺らがなかった。

そしてついに目標体重に達し、130万円を獲得。彼は「減量は本当に辛かった。でもチョコレートのおかげでその辛さを乗り越えることができたよ」と、ダイエットの日々を振り返っている。

ちなみに彼は、自らの経験を本にして出版する予定とのこと。チョコレートのご褒美でうまく欲求をコントロールしたピーターさん。食欲の秋で体重が気になる人には、彼のダイエット方法を参考にしてみてはどうだろうか? まあ、チョコレートも食べ過ぎると太る原因になるので注意は必要だが……。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

寝る人は痩せる?ダイエットと睡眠時間のうれしい関係

「寝る子は育つ」ということわざは有名だが、「寝る人は痩せる」なんて新しいことわざができるかも? 米シカゴ大学の調査によると、「適切な睡眠時間を確保することにより、脂肪の燃焼を増加させるだけではなく、食欲も抑えられる」という嬉しいことずくめの事実が判明した。寝るだけで痩せるだなんて……果たして本当なのだろうか?



調査対象は、カロリー制限もされている肥満体型の35~49歳の10人。まずは一晩の睡眠時間を8.5時間にして2週間。その後、5.5時間に減らして2週間、体重の変化を調査した。その結果、「睡眠8.5時間」の方は、たった14日の間に10人全員が約3キログラムの減量に成功! ところが睡眠時間を減らした「5.5時間」の14日の間に、彼らの半数以上がリバウンドしたそうな。

食欲を増進させる働きを持つペプチドホルモンに「グレリン」というものがあるが、睡眠8.5時間の期間中はグレリンの数値に変化はなかったのに対し、5.5時間の期間中のグレリンレベルは上昇の傾向にあったという。よって、「十分な睡眠は食欲の増進を抑えられる」というワケだ。
ちなみに実験中の食生活は、運動をしなくても体重をキープし続けられる栄養バランスの良いメニューだったとのこと。1日あたりのカロリーは約1,450。日中はオフィスワークやレジャー活動をするなど、規則正しい生活をしていたそうな。

よく働き、よく眠る。つまり当たり前のことをしていれば、わりとスムーズに痩せられるのかも。ついでに早寝早起きもして、めざせ健康優良人!

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。