1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

<慢性疲労症候群>患者脳内に炎症 理研チーム確認

原因不明の疲労が続く「慢性疲労症候群」の患者は脳内で広い範囲の炎症を起こしていると、大阪市立大や理化学研究所などの研究チームが4日、発表した。PET(陽電子放射断層撮影)で確認したという。慢性疲労症候群は従来の検査では異常を見つけられず、新たな診断法や治療法の開発に役立つ可能性がある。先月24日付で米科学誌「ジャーナル・オブ・ニュークリア・メディスン」電子版に掲載された。

 チームによると、慢性疲労症候群は原因不明の極度の疲労が長期間続き、正常な生活が送れなくなる。患者は国内に約30万人いるとみられるが、治療法は確立していない。客観的な指標がないため疲労感、集中力低下など患者の訴えを基に診断し、病気が見過ごされることも少なくない。

 大阪市立大疲労クリニカルセンターの中富康仁医師らは、炎症を起こすと増えるたんぱく質を目印に、脳内の炎症部分をPETで観察することに成功した。患者9人(平均38.4歳)と健康な人10人(同39.1歳)を調べると、患者は健康な人に比べ、痛みに関係する脳の部分の炎症の程度が重かった。認知機能低下や抑うつと関係する脳の各部位に炎症があると、その症状が重い傾向であることも分かった。

 チームは今後、PETを使った診断法や治療法の開発を進める。中富医師は「患者は『怠けているだけ』などの偏見に悩むことが多い。今回、健康な人との違いがあると客観的に示せた。病気への理解が広がってほしい」と話している。【斎藤広子】

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

脚の不快感で眠れない むずむず脚症候群の症状

まだ、あまり馴染みがない名前かもしれませんが、実はひそかに患者さんが増えている不眠症に、「むずむず脚症候群」というものがあります。

 これは夕方から夜、特に布団に入って眠りかけたときに、脚がむずむずして眠れないというのが特徴です。もし、あなたがベッドパートナーから、「眠っているときによく脚を動かしている」と言われているなら、この病気の可能性があります。

 次のような症状があると、むずむず脚症候群と診断されますので、下記をチェックしてみましょう。

□異常感覚のために、脚を動かしたいという欲求が強い

 主にふくらはぎや足の甲、足の裏に、痛みや不快感を感じます。異常感覚は人によって、虫が這う感じやむずむず感、かゆい、火照るなどと表現されます。

□睡眠中に落ち着きなく、脚を動かす

 脚の不快で耐え難い異常な感覚は、脚を動かしたり、床にこすりつけたり、あるいは冷やすと楽になります。そのため睡眠中に、無意識に脚を動かしてしまいます。

□異常感覚は安静にしているとひどくなり、脚を動かすと軽くなる

 睡眠中以外にも、異常感覚は襲ってきます。目覚めている時でも、横になったり座るなどして脚を動かさないでいると、不快な感じが起り、脚を動かすとその感覚は消えます。

□症状は必ず、夕方から夜にひどくなる。

 むずむず感のために寝つきが悪く、熟睡もできずに夜中によく目が覚めて、その後は眠れなくなってしまいます。真夜中~早朝になるとやっと、異常感覚が軽くなったり消えてくれます。

 不眠よりも、日中の眠気が強いことが目立つ人もいます。また、むずむず脚症候群の患者さんの大半は、睡眠中に片方あるいは両方の足関節を周期的に曲げたり伸ばしたりする 周期性四肢運動障害 を合併しています。さらに、貧血や腎不全、心不全、関節リウマチ、パーキンソン病の人も、むずむず脚症候群を起こしやすいことが知られています。

 脚の異常感覚が夜にだけある場合を軽症、夕方から症状が出れば中等症、昼間から症状があれば重症と考えられています。重症例では、長期にわたる不眠の結果うつ状態となり、自殺を図ることがあるので、注意が必要です。

 睡眠障害の専門医以外にはあまり知られていない病気なので、睡眠薬を飲んでもよくならない不眠が長く続くようなら、一度、専門医療機関を受診することをお勧めします。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

<若年性認知症>世界から名詞が剥がれていく…56歳が手記

世界から名詞がどんどん剥がれていく--。関西地方に住む若年性認知症の会社員の男性(56)が、記憶を失い始めた自身の姿を克明につづった手記を毎日新聞に寄せた。症状が進む自らの感覚を冷静に見つめ、忘れることの痛みや苦しみを率直に描いている。男性は「認知症になるとつらい気持ちも分からなくなると思われがちだが、記憶を失いもがき苦しんでいることを理解してほしい」と訴えている。【山崎友記子】

 ◇忘却、もがく日々…スマホにメモ、記憶再現

 <世の中は名詞で埋まります。「認知症」と突然、医師から告げられて、後から私は認知症になりました。(中略)ただの記憶の忘却がその瞬間に「認知症」という重い病の雨になって降り注いできました>

 認知症と診断されたのは昨年5月。物忘れがひどくなったのを機に脳神経外科を受診すると、いくつかのテストの後に、医師から認知症と告げられた。

 <「薬を出します」と雷鳴が鳴り響き、踏切が突然、閉まり特急電車が走る。なのに私は何も動けない、不安ばかりが洪水となって流れこむ、それは認知症だから>

 認知症は高齢者がなるものと思っていた。すぐに徘徊(はいかい)や妄想が始まる、というイメージしか持てなかった。ショックで三日三晩泣き続けた。妻(47)は「治らない認知症はがんよりひどい」と嘆き、人には認知症のことを言わないよう男性に口止めした。

 言葉を失ったら、何も書けなくなるのではないか。今のうちに体験や思いを書き残したい。若い時から読書家だった男性はパソコンに向かい、告知から2、3カ月の間に、いくつも文章をつづった。

 <名前をよく忘れるので何とか思い出すと、その度に(スマートフォンの)アイフォーンにメモをしては覚えます。この効果は抜群で、一回忘れた十数名の名前や場所名が今は再現されます。それはうれしいです。

 でもそれ以上に、世界から名詞がどんどん剥がれていく。コーヒーカップが消えたりする魔法にもよく感染します。何でもない日常生活が、いつも冷や冷やしてかなり疲れます>

 男性はその後、若年性認知症に理解のある専門医らに出会い、精神的に落ち着いた。文章が書けたことも自信につながり、現在も短時間ながら仕事を続けている。一方、テレビのリモコンや時計の場所が分からなくなって悩むこともある。

 「複雑化してスピードを求められる社会は、認知症の人には生きにくい。忘れたり、道に迷ったりすることを責めたりしない、寛容な社会になってほしい」と男性は語った。

 男性は、毎日新聞が1日から連載した「認知症新時代」を読んで手記を寄せた。まとめるために過去の文章を振り返ったが、告知1カ月後の昨年6月には、最後をこう締めくくっていた。

 <世界は鬼ごっこをして私の前からよく消えますが、でもやれることを全てやりたいと思います。応援をお願いします>

 ◇男性が毎日新聞に寄せた文章の抜粋◇

 忘れるということは、ただ単に忘れるということではなく、大きく穴を開けた傷に塩をすりつけるほどの痛みがあります。

 いつも会っている人の名前が驟雨(しゅうう)の如く流れ消え去る。それは大事な世界を落としたことになり、自分自身が崖に滑落したような大きな痛みと悔しさにあふれる。

 (中略)

 あなたがあなたであるということは、記憶の森に住んでいるからである。私はどんどん砂漠が広がり始めて自分すらも見失うのである。

 ひとつの名詞の大切さを今は思う。世界は名詞から創造されており、私はそこから剥がされようとしているのだ。それは恐怖なのである。認知症とは世界への大きな恐怖を伴っている。

 あなたが認知症の患者を見る。しかし認知症者にはあなたを区別ができない。名前がないからである。記憶も未来もまた忘却によって喪失してしまう。

 多分これから私は名前のない砂漠のような世界に暮らすのではないかと思う。いつか愛する妻も忘れるのだろうか。それだけはやめてほしい。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

“死の病”から“慢性疾患”へ……HIV・エイズの今

「抗HIV薬」はこの15年で大きく進歩し、1日1回1錠の服用で十分な効果が得られるようになった。平均余命も大きく延びている。国立国際医療研究センター 臨床研究センター長の満屋裕明(みつや・ひろあき)さんに、HIV・エイズの最新情報をうかがった。



*  *  *



HIVとエイズ



「HIV(※1)」とは、体内の免疫細胞(CD4陽性細胞)を破壊してしまうウイルスの名前です。



HIVに感染してから数年間は、特に自覚症状のない期間(無症候期 ※2)が続きます。しかし、治療を受けずにいると、体内でHIVが増え続け、免疫細胞は徐々に減少して免疫の働きが低下していきます。そして、数年後には、健康なときには感染しにくいような弱い細菌やウイルスにも感染するようになり、さまざまな感染症や悪性の病気が起こるようになります。これが「エイズ(※3)」の発症です。



以前はエイズの発症を防いだり、病気の進行を食い止めることが難しかったため、エイズといえば“死の病”と捉えられがちでした。しかし、この15年ほどで治療が飛躍的に進歩し、エイズは一生つきあっていく“慢性疾患”と考えられるようになってきています。



実際に、HIV感染者の平均余命は、この10年間で約16年も延び、20歳時で約46年になっています。ただし、これは適切な治療を受けた場合のことで、全く治療を受けなければ、余命は感染後数年から長くても10年に満たないと考えられます。



患者の動向



世界的に見ると、HIVに感染する人やエイズを発症する人は、減少する傾向にあります。



しかし、日本では、HIV感染者、エイズ発症者数は共に増加傾向にあると報告されており、両者を併せると、累積数は2万人を超えています。



※1 ヒト免疫不全ウイルス。HIVは、英語の「Human Immunodeficiency Virus」の略。

※2 無症候期でも、ほかの人に感染させるおそれがある。

※3 後天性免疫不全症候群。エイズ(AIDS)は、英語の「Acquired Immunodeficiency Syndrome」の略。



■『NHKきょうの健康』2013年12月号より

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

実は身近な「統合失調症」、どんな病気?

脳の働きの一部に異常が起きる病気「統合失調症」は本人の自覚がないままに進行する。重症化を防ぐためには、家族や周囲の人が早く異変に気付くことが大切だ。産業医科大学 教授の中村 純(なかむら・じゅん)さんに統合失調症を引き起こす原因についてうかがった。



* * *


■統合失調症とは


「統合失調症」は、脳の働きの一部に異常が起きる病気です。およそ120人に1人の割合で発症するといわれており、それほど珍しい病気ではありません。



◆原因



人間の脳には、目や耳からさまざまな情報を受け取り、それらの情報を処理して、実行器官に指示を出すという働きがあります。こうした情報のやりとりを行うのが、さまざまな「神経伝達物質」です。しかし、統合失調症では、この神経伝達物質が脳の中で過剰に分泌されたり、反対に減少したりすることで、目や耳からの情報を正しく処理できなくなり、脳に混乱が生じます。



病気の根本的な原因は、まだよくわかっていません。しかし、発症には、「生物学的要因」と「心理・社会的要因」の両方が絡み合って関わっていると考えられています。



◎生物学的要因――遺伝的な要因を含め、個人の性質などから、“病気の起こりやすさ”があると考えられます。



◎心理・社会的要因――代表的なものに、対人関係があげられます。また、進学、就職、結婚、出産などの生活の大きな変化がストレスとなり、発症の要因になるケースもあります。



これらの2つは、それぞれが単独で発症に関わるのではなく、絡み合って発症する可能性が高いと考えられています。ほとんどの患者さんが、15~35歳という若い年代に発症するのが特徴の一つです。



■『NHKきょうの健康』2013年12月号より

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動