1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

井岡「2ポイント勝ったかなと思った」

<プロボクシング:IBF世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇7日◇大阪・ボディメーカーコロシアム

【写真】12回、アムナト(右)の右を顔面に受ける井岡

 同級8位井岡一翔(25=井岡)の3階級制覇はならなかった。アマチュア時代に敗れている王者アムナト・ルエンロン(34=タイ)に1-2の判定で敗れたことについて「終わった時は2ポイント、勝ったかなと思った」と話した。

 立ち上がりの2ラウンド(R)こそ、アムナトの強引な左フック、左アッパーが目立ったことを「様子見のつもりもあって、強引にいかなかった」と説明。逆に3R以降は積極的に距離を詰め、左ジャブとボディーなど手数で上回った。接近戦をいやがるアムナトから10Rにはホールディングの反則で減点1も奪っていた。

 ところが、ジャッジ3人のうち、1人は114-113で自分の勝ちとしたが、残り2人は負け。特に1人は108-119と減点がなければ、フルマークの完敗の採点をつけていた。

 「階級差の怖さも感じなかった。途中から相手は疲れていたと思う。相手のパンチはブロックしていたけど、それを相手のポイントに取られたのだと思う。全力を出し切ったけれど、判定が割れる試合をものにできずに歯がゆいです」

 夢は終わったわけではない。「まだこんなとこで終わるわけじゃない。3階級制覇の厳しさは分かった。でも必ずその日が来ると思うので…」。試合後と思えないきれいな顔で、恨み言もほとんど口にせず、再出発に目を向けていた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

旅客船沈没:秋山成勲が5000万ウォン寄付

 総合格闘技選手の秋山成勲(韓国名・秋成勲〈チュ・ソンフン〉)が、旅客船「セウォル号」沈没事故の被害者たちのため、5000万ウォン(約500万円)を寄付した。

 京畿道安山市庁の関係者が25日語ったところによると、秋山成勲が妻でモデルのSHIHO、娘の紗蘭(サラン)ちゃんら家族を代表し、安山市庁に5000万ウォンを寄付したという。寄付金はセウォル号沈没事故で被害に遭った家族のうち、生活保護受給者たちのため使われる予定。

 なおSHIHOは17日、自身のブログで「同じ子供を持つ親として、胸が張り裂けるような気持ちでいっぱいです。亡くなられた方々のご冥福と、一刻も早い救出、乗客の安否をお祈り致します」と哀悼の意を表している。

 YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表は5億ウォン(約5000万円)、俳優キム・スヒョンは3億ウォン(約3000万円)、ハ・ジウォンやソン・スンホンらはそれぞれ1億ウォン(約1000万円)を寄付するとともに、犠牲者に哀悼の意を表した。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

TKO負けの長谷川、去就表明は5月に…入院は取りやめ

 ボクシングの元世界2階級王者・長谷川穂積(33)=真正=が7回TKO負けしたIBF世界スーパーバンタム級王座戦から一夜明けた24日、神戸市内の所属ジムにあいさつに訪れた。

【写真】TKO負けしリングから引き上げる長谷川穂積…右眼窩底骨折、鼻骨骨折していた

 右眼窩(がんか)底、鼻骨の骨折に加え、前夜は左目上を5針縫い、痛々しい顔。現役引退は確実な状況ながら、まずは治療を優先。山下会長は「腫れが引かないことには」と話し、引退表明、会見は5月になる見込みだ。長谷川は「また改めて会見します。よろしくお願いします」とだけ話した。所属ジムは当初、入院と発表したが、本人の意向で取りやめたという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

大阪プロレスが事実上の“解散”へ…所属選手ゼロに

 「大阪」(1日、ナスキーホール梅田)

 経営状態が悪化している大阪プロレスが、事実上の“解散”となることが1日、分かった。この日の試合終了後、ブラックバファロー副社長がリングに上がり、今後の体制について「所属選手を一人も抱えない、全選手がフリーな団体として、阪上(雄司)代表が運営・経営をしていく団体となります」と発表した。当面は大阪プロの看板は残るものの所属選手はゼロ、レフェリーやリングアナらも解雇となり、団体は形骸化することになる。

【写真】大阪プロレス、4月いっぱいで本拠地撤退を発表…最悪、消滅も

 現体制での活動は本拠地会場・ナスキーホール閉鎖予定日の4月20日までで、旗揚げ15周年記念大会(4月29日・IMPホール)には現所属選手はほとんど参戦せず、新体制での興業となるという。しかし5月以降の興行日程は発表されておらず、先行きは不透明なままだ。旗揚げメンバーでもあるバファローは「阪上会長をはじめ、選手、関係者、スタッフ、そしてファンの皆さんに支えられた15年でした」と声を詰まらせた。

 この日、団体の未来を担うはずの阪上雄司・代表取締役会長は、会場に姿を見せることはなかった。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

北村晴男弁護士が亀田ジム側見解を説明

 国際ボクシング連盟(IBF)のスーパーフライ級王者の亀田大毅(亀田)が2団体王座統一戦で判定負けしながらIBF王座を保持したままとなっている問題について、亀田ジム代理人の北村・加藤・佐野法律事務所の北村晴男弁護士らが19日、現状報告のファクスをマスコミ各社に送付した。

【写真】北村弁護士娘がセクシーグラビアに挑戦!父は「羞恥心で死にそう」

 それによると、亀田ジム側は17日、ジムが認識する事実を書面でJBCに提出した上で、JBCの事情聴取に応じた。

 その結果、北村弁護士らは「重要な事実認識の齟齬は『試合前日に行われたルールミーティングの中で、“亀田大毅が試合に敗れた場合のIBF王座の扱い”についてどのような説明がなされたか』にあることが明らかとなりました」とした。

 ルールミーティングでのIBFからの説明について、ジム側は「IBFから両陣営に対し、IBFルールブック(英語版)が亀田陣営とソリス側に配布され、同ルールに従って試合が行われることが確認された」。それによって勝敗にかかわらず亀田の防衛が確認され、さらには口頭でもジムのアドバイザーがIBFスーパーバイザーのタッカー氏に同様の確認を行ったという。

 一方のJBC側は通訳を介してタッカー氏から「大毅選手が敗れた場合にIBFの王座が空位になるとの説明を受けた」としており、北村弁護士らは「『試合前日に行われたルールミーティングの中で、“亀田大毅が試合に敗れた場合のIBF王座の扱い”についてどのような説明がなされたか』について、当ジム又はJBC担当者のいずれかが、何らかの意図をもって事実に反する主張をしているものと考える外ありません」と結論付け、ジム、JBC双方で真実を究明すべく調査を進めていることを明らかにした。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動