1日1日のニュースを心と日記に記録していく
こちらでは、毎日のニュースを編集し、カテゴリ別にまとめております。
どらもんが運営する競艇予想トップターンで、
ニュース道場アクセス訪問者をカウントしています。
競艇予想→競艇予想トップターン   ゲーム攻略→ゲームエキスパ道場
動画攻略→動画ランドマーク   勉強しよう→勉強しまっしょい!
最新のニュース記事一覧
↓他のニュースは↓
人気blogランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 <
 | トップページ |  次のページに移動

世界席巻しそうな「2500円激安スマホ」 日本上陸はあるのか

「スマートフォン(スマホ)=高級品」というイメージを抱いているのは、いまや日本人だけなのかもしれない。スペイン・バルセロナ市内で開催されている携帯電話の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で発表されたのは、激安スマホの数々だ。

 パソコンメーカーの台湾エイサーから発売予定のスマホは99ユーロ(約1万4000円)。Firefox OS(基本ソフト)を開発する米モジラ財団は、自前のOSを初搭載したスマホの試作品を公開したが、その参考価格はなんと25ドル(約2500円)だという。

 3000円を切る超激安スマホが開発できたのはなぜか。モバイル評論家で青森公立大学経営経済学部准教授の木暮祐一氏が解説する。

「世界のスマホ市場の8割を占めるアンドロイドOS搭載の端末は、多機能化や高性能化が進んで製造コストがどんどん高くなっています。そこでモジラは敢えて必要最小限のスペックに抑えて、低価格な端末をつくりやすいOSとして世界に広めようとしているのです」

 格安スマホのターゲットは、これまでスマホの所有どころかインターネット環境も整っていない新興国のユーザーである。木暮氏が続ける。

「すでに世界では10億台以上のスマホが出回っていますが、さらに広めようとするなら、東南アジアやインド、アフリカ、南米などパソコンも使われていないような地域の低所得者に向けた普及拡大が欠かせません。そこで1万円以下のスマホが主流になりつつあるのです」

 低価格を武器に勢力を伸ばしているのは、華為技術(ファーウェイ)やレノボといった中国メーカーである。

 中国ではキャリア(携帯電話会社)大手の中国移動通信集団がアップルのiPhoneを発売するなど高価格帯のスマホは売れているが、廉価版の「5C」でも日本円で7万円以上。中国の大卒初任給より高いことを考えると、格安スマホの需要が高いのも頷ける。

 翻って日本はどうか。さすがにスマホが初任給よりも高いということはないが、最新モデルなら10万円に迫る端末代に加え、月々の電話代や通信費が家計を圧迫している人は多いはず。ならば、日本にも格安スマホの流れはくるのだろうか。

「日本はキャリア主導の販売戦略を取っているので、はじめは端末の価格を高めに設定しても、自社への乗り換えや割引サービスなどで最終的にはゼロ円で配るビジネスモデルが成立している。メーカーからの端末買い取り額をすべてキャリア側で負担してもユーザーの通信費で後からカバーできる仕組みになっている」(通信業界紙記者)

 最新型のスマホも、発売直後に購入しなければ端末価格は安く手に入る――。こんな認識がユーザーの間にも広まっているからこそ、現時点ではわざわざ格安スマホに手を出す必要はないというわけだ。

 だが、ソニーや富士通、シャープなどスマホ事業で生き残る国内メーカーも決して安穏としていられない。

「キャリアの言いなりにつくっておけばいいというメーカーの安易な姿勢が独創性あふれるスマホ製品を失わせたばかりか、高機能な機種以外は作らないというプライドも邪魔して、気がつけば世界で勝負するタイミングを逸しています」(前出・木暮氏)

 すでに日本でも通販サイトや並行輸入で海外の格安スマホが購入できる環境にある。また、自前の基地局を持たずに携帯大手から回線を借りる「MVNO」と呼ばれる通信会社の割安な料金サービスも続々と登場している。

 安いスマホ端末でお金をかけずに使いたい人たちの選択肢が世界中で広がる中、キャリア主導の“殿さま商売”が日本だけ続いていくとは限らない。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「通話料半額」は本当なのか?楽天でんわを使ってわかった注意点

楽天より「通話料が半額になる」という触れ込みの電話サービスがリリースされました。

フュージョン「楽天でんわ」 スマホ通話料30秒10.5円に


楽天子会社の通信会社フュージョン・コミュニケーションズは5日、スマートフォン(高機能携帯電話)の通話料金が現行の半分の30秒で10.5円となる通話サービス「楽天でんわ」を始めたと発表
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131205-00000010-fsi-bus_all
仕組みとしては今までもあった「マイライン」と同じ。しかしそれをスマートフォンアプリから使えるようにした点が新しいと言えるでしょう。インターネット回線ではなく電話回線を利用するため、050plusなどのサービスとは異なり、普段使っている電話番号が相手に通知されるとのことです。


楽天でんわは、フュージョンの電話回線を経由し、携帯事業者の回線に転送することで通話ができる。つまりドコモユーザーはドコモの回線、auユーザーはKDDIの回線で通話ができるので、パケット通信を利用するVoIPアプリよりも通話品質の面で安心できる。もちろん、携帯電話以外の固定電話にもかけられる。  発信時には「0037-68」のプレフィックスが付加されるが、着信先には自分の電話番号のみが表示されるので、「専用アプリを用いること」以外の使い勝手は変わらない。ただし海外への通話と、海外からの通話はできないようになっている。  電話回線はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの5社すべてが対象となり、フュージョンが各キャリアに接続料を支払うことでサービスが成り立っている。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000005-zdn_m-prod
「これは非常に良いサービスなのでは?」と思って早速使ってみたのですが、詳しく見てみると何点か問題があることがわかってきました。

そこで大手メディアが報じていなかった、注意点について書いておきます。

ちなみにこれから解説することは、マイラインの仕組みをご存知の方にとっては今更な話です。「マイラインって何?」という方は、ご覧ください。

◎「半額」となる基準の金額がそもそも高い

ソフトバンクで言うところのホワイトプラン(1分40円程度)などと比較すれば半額になるのですが、ダブルホワイト(月額980円で1分20円程度)などのプランに入っている場合、節約効果はありません。

(実際やるかどうかは別として、ダブルホワイトを解約するなら確かに節約効果はあります)

また、050plusと比較した場合はむしろ割高になってしまいます。(固定電話をかけた場合はもちろん、携帯電話にかけた場合でも)仕組みは全く異なりますが、050plusと比較されることは避けられないでしょう。

050plusは携帯電話にかけた場合1分16.8円、固定電話にかけた場合3分8.4円です。普段の電話番号をそのまま使えるというメリットは大きいかもしれませんが、すでに050plusを利用しており、通話品質に満足している方にとっては、利用価値は低いかもしれません。

◎同キャリア同士の無料通話が適用されない

ソフトバンクならソフトバンク同士、ドコモならドコモ同士、家族同士などで通話した時に一定の条件(料金プランや時間帯など)を満たせば通話無料となりますが、楽天でんわを利用した場合はそれが適用されません。

この部分、マイラインの仕組みを知っていれば周知の事実なのですが、その仕組みをわかっていない方は、注意してもらえればと思います。

相手の携帯電話がドコモか、auか、ソフトバンクかをチェックしてから電話しなければ損してしまうかもしれないので、使いドコロは難しいでしょう。無料通話を使い分けるための機能は用意されていますが、手動での設定が必要です。

◎発想は面白いが…

発想は非常に面白いのですが、あと一歩工夫しなければ業界標準のサービスにのし上がることは難しそうです。

例えば、技術的にできるかどうかは無視して書きますが「相手のキャリアを自動判別して、楽天でんわ(フュージョン)を経由した方が安くなる場合にだけそちらの回線を使う」…というような振り分けがアプリ側でコントロールできるなら、非常に有用なサービスになると思います。

(もちろん、通話料が050plusなどの競合アプリ並みに引き下げられれば尚良しです。)

技術的に難しいことは重々承知していますが、楽天でんわの公式アカウントによると、現在実装検討中のようです。

まずは飛びついて登録してみましたが、個人的な印象として実際に使うかどうかは、今後のサービス改善次第だと思っています。

ただ楽天自身のサービス改善、あるいは競合他社からさらに改善されたサービスがリリースされることも今後期待できるのではないでしょうか。仕組み自体は非常に良いサービスだと思いますので、改善に期待しています。

【補足事項】

何点か補足させていただきます。

◎無料通話リストを作成する機能自体はある

言及していなかったのですが「手動で」無料通話リストを作成する機能はついているため、家族やよく電話する友人など「同キャリア」だと把握している方をそのリストに登録するだけなら、そんなに大変なことではありません。ただ、そのリストはあくまでも手動で作らなくてはいけません。

携帯のメールアドレスを登録している方であればアドレスのドメインを見て判別することは出来るかもしれませんが、仕事の関係で、電話番号しか登録していない方、PCのメールアドレスで普段からやりとりしている場合はそういうわけにも行きません。

アドレス帳に数百~千件と情報が登録している中で、1人1人無料通話リストに登録していくのは、なかなか難しいことであると感じています。

(リストに登録しなくても使い分けられるのは事実ですが、使い分けをすること自体を手間に感じるかどうかはその人次第かと思われます。)

「その手間を惜しむ人は、恩恵を受けられない」と指摘をいただきましたが全くもって仰るとおりであり、自分はその手間をかけたくないと考えていたため、そのような書き方になっています。

◎仕組み・通話品質が全然違う

楽天でんわは、「マイラインの仕組みをアプリ経由で使えるようにした」というものです。

050plusなどのサービスと今回のフュージョンの回線を利用したサービスではそもそもの仕組みが全く異なり、多くの場合において「通話品質」に差があることは事実です。050plusの通話品質に満足できない方にとっては、楽天でんわが有力な選択肢になるかもしれません。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

携帯販売ランキングがiPhone無双 1~10位独占

 調査会社のBCNが全国の量販店のPOSデータを集計した「BCNランキング」で、11月4~10日の携帯電話週間売れ筋ランキングの1~10位を全てを新型iPhoneが独占する“iPhone無双”状態になっている。

 1位はNTTドコモのiPhone 5s(32Gバイト版)、2位はソフトバンクモバイルのiPhone 5c(16Gバイト版)、3位はソフトバンクモバイルのiPhone 5s(64Gバイト版)……といった調子で、上位10位をすべてiPhone 5s/5cが独占。11~16位にもiPhoneが4機種入っている。10月21~27日週はドコモが発売した「Xperia Z1」が1位に入って気を吐いたが、ドコモの参入もあってiPhoneの勢いが止まらない状況だ。

 記者も、10月上旬に量販店で予約したドコモのiPhone 5s(32Gバイト版)を11月初旬に受け取ったばかり。発売から1カ月経って端末の調達が進んだのか、発売当初以上に販売に勢いがついているようだ。

 米Wall Street Journalは最近、「Appleは日本という思わぬ金脈を掘り当てた」と報道。Appleがブランド化し、縮小市場と思われている日本で売り上げを伸ばしている現状をリポートしている。

●ねっと部

ハードでソフトなITニュースの合間にネット上の面白いモノ・コトをお伝えする部活動。正式には「ITmedia学園ニュース科インターネット部」、略して「ねっと部」(たぶん)。部長はめがね(予定)。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

「070」番号、携帯で利用スタート 11月1日から

 携帯電話各社は、「070」で始まる携帯電話番号の利用を11月1日にスタートする。

 「070」番号はPHSで使われてきたが、従来の「080」「090」番号が来年初頭にも不足する見通しになっているため、携帯電話向けに解禁する。

 携帯電話には「070-1~4」「070-7~9」で始まる電話番号が割り当てられる。PHSには「070-5」「070-6」で始まる番号が継続して割り当てられる。現在使っている携帯電話番号、PHSの電話番号は継続して利用できる。

 携帯電話-PHS間の番号ポータビリティ(MNP)導入も検討されており、その場合は番号で携帯とPHSを区別できなくなる。ウィルコムは、着信先がウィルコム端末かどうかを呼び出し音で判別できる「ウィルコム呼び出し音」サービスを7月から順次導入している。

 携帯電話で使用されている「090」「080」番号は1億8000万の番号を割り当て可能だが、2012年3月末時点で1億6070万が割り当て済み。この時点で1930万が残っていたが、年間約700万のペースで割り当てが進んでいるため、14年初頭には電話番号の枯渇が見込まれていた。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動

アプリで朝まで無料通話、メールは「使わない」――女子高生が語る、今どきの“スマホ事情”

 「プリクラ帳は作らなくなりました」「デコメも使わなくなりました」――。

 友達と撮ったプリクラを交換し合い、絵文字たっぷりのメールを延々と交わす――そんな“女子高生像”はもう古いのかもしれない。サイバーエージェントが自社サービスユーザーを対象に行った座談会と調査から、今どきの女子高生のスマートフォン事情が見えてきた。

 調査は、利用者の95%が女性で13~19歳が過半数を占めるという“ホムペ”(個人サイト)作成アプリ「Candy」上で実施。また7月にはCandyユーザーの女子高生を対象に、座談会形式のヒアリングを開催。アドレス交換の方法やスマートフォン上でのお金の使い方など、5人の現役女子高生の口から率直なスマートフォン事情が語られた。

●スマホにしてから「メールを使わなくなった」

 座談会に集まったのは、都内の高校3年のありてぃさん(iPhoneユーザー)、高校2年でカナダ留学中のまつもとさん(iPhoneユーザー)、インターナショナルハイスクール2年のわこさん(Samsung「GALAXY」ユーザー)、静岡県内の高校2年のゆうさん(NECカシオ「Medias」ユーザー)、ゆうさんの同級生のみちさん(iPhoneユーザー)の5人。全員がスマートフォンユーザーだ。

 スマートフォン歴は「2年前から」が1人(まつもとさん)、「去年から」が3人(ありてぃさん、わこさん、ゆうさん)、「今年から」が1人(みちさん)。使い始めた理由は「普通のケータイより使いやすいから」「みんなが替えていたから」などで、「友達の半分くらいがスマートフォンを使っている」と全員が口をそろえた。

 スマートフォンにしてよかった点は「SkypeやFacebookが簡単に使える」(まつもとさん)、「(ストレージの)容量が大きい」(ゆうさん)、「mixiの『イイネ!』が押しやすい」「動画の画質がいい」(みちさん)など。SNSや動画共有サイトにアクセスしたり、写真を撮って保存したりと、使い方は多様だ。

 一方、スマートフォンならではのデメリットを感じることもあるという。多く挙げられたのは「メールが使いづらい」ということ。iPhoneユーザーのみちさんは「メール送信を中止できないから、よく間違えて送ってしまいます」と不満をもらす。

 同じくiPhoneユーザーのまつもとさんは、スマートフォンに替えてから「チャットは使うけど、メールを使わなくなりました」という。GALAXYユーザーのわこさんも「昔は1日100通くらいメールしていましたが、今はメールの数が減りました」といい、「ガラケーのころの方がいっぱいメールしていました」と振り返る。

 “メール離れ”に伴い、デコレーション素材などもあまり利用しなくなったという。「デコメは使わなくなりました。メールでもネットでも」(全員)

●メッセージアプリはLINEを“標準装備”、複数アプリの使い分けも

 メールの代替手段として女子高生に広がっているのは、「LINE」(NHN Japan)を始めとするメッセージアプリだ。

 座談会メンバーも、5人全員がLINEを“標準装備”。中でもわこさんやみちさんは、複数のメッセージアプリをインストールして使い分けているという。「機種によって使えないアプリもあるから、Viber、Skype、カカオトークを相手によって使い分けます。アプリを使って友達と夜から朝までしゃべったり……」(わこさん)

 とはいえ調査結果をみると、メールを支持するユーザーも依然として多いようだ。「友達とのメインの連絡手段」は「メール」(54%)がトップで、2位の「LINE」が39%。一方、3位の「電話」はわずか3%だった。

●アドレス交換は意外と“アナログ”

 かつて携帯電話同士のアドレス交換手段といえば「赤外線通信」が主流だったが、今ではiPhoneをはじめ、赤外線通信機能を持たないスマートフォンも多い。今どきの女子高生は、どのように電話番号やアドレスを交換しているのだろうか。

 「わたしはアドレスを書いた紙をコピーして友達に渡す。アナログです」とみちさん。他にも「QRコードのアプリを使って」(わこさん)や「mixiやTwitter経由で」(ゆうさん)といった声が上がった。

 調査でも、友達とのアドレス交換手段は「紙に書いて渡す」(30%)や「(相手のアドレスを)直打ち」(16%)といった“アナログ”な方法が目立った。とはいえトップは「赤外線通信」(44%)で、このほか「QRコード読み取り」が5%、「Bump(データ共有アプリ)」が3%、「LINEのふるふる(連絡先交換機能)」が2%だった。

●「プリクラ帳は作らなくなった」

 プリクラを張り付ける「プリクラ帳」は、今ではスマートフォンに役割を取って代わられつつあるのかもしれない。

 「プリクラ帳は作らなくなりました」とまつもとさん。わこさんも「(プリクラ帳を)いちいち作るのは面倒くさい。プリクラを撮ったら、画像をデータでスマートフォンに送ってそのままです」と話す。

 一方、スマートフォンのカメラをプリクラ機の代わりにしている場合もあるようだ。「スマートフォンに替えてから写真をいっぱい撮るようになりました」とわこさん。撮影した写真は画像編集アプリで加工し、メールで友達に送ったりするという。

●ソーシャルゲームは「オタクっぽい」「彼氏がはまってたら嫌」

 「Mobage」や「GREE」などソーシャルゲーム業界の成長が続いているが、女子高生の間での利用状況はどうだろうか。意外なことに、5人の中にこうしたソーシャルゲームのユーザーはいないという。「オタク系の男子がやってる。みんなで戦ってます」(全員)

 ソーシャルゲームで遊ぶのは「オタクっぽい」のだろうか。「自分の彼氏がはまってたら嫌ですね」とありてぃさん。ゆうさん、みちさんは「サッカーとかスポーツ系のゲームなら許せる」と話す。「スポーツ系のゲームならいいけど、RPGは嫌ですね」(みちさん)

 だが、ソーシャルゲーム以外のゲームなら遊ぶという女子も多いようだ。調査では、スマートフォンでゲームを「毎日する」が36%、「たまにする」が31%という結果に。まつもとさんは「太鼓の達人」アプリにはまっているといい、有料版にグレードアップしたこともあるという。

●スマホ上で「お金使ったことない」が7割

 有料アプリの購入など、スマートフォン上で有料サービスを利用するという女子はどの程度いるのだろうか。調査では「スマートフォン上でお金を使ったことはない」が69%という結果だった。

 「ある」の内訳をみると「アプリを購入する際」(16%)がトップで、以下「複数あり」(8%)、「ゲーム内アイテム購入で」(3%)、「LINEスタンプの購入で」(2%)、「デコメ素材などの購入で」(2%)と続いた。座談会メンバーのみちさんは、スマートフォン上で音楽をダウンロード購入することもあるという。

ニュース人気ブログ ニュースFC2ブログ ニュースブログ村
 | トップページ |  次のページに移動